クリスマスの飾りを手作りするのに画用紙でオーナメントや帽子を作ってみる!

xmas present otokonoko
クリスマスの飾りを、ペーパークラフトで作って飾ってあるのを見ると、思わずマネをしたくなりますね。

シンプルで可愛い飾りもいっぱいあります。

ちょっといつもとは違った、画用紙を利用して作る手作りクリスマスオーナメントや帽子のご紹介をしたいと思います。

スポンサードリンク


クリスマスの飾りを手作りするのに画用紙を使って作ってみる

画用紙を使ってツリーを作ってみましょう。

左右対照に切ったツリーを2枚用意します。

お互い上からと下からそれぞれ切り込みを入れます。

切り込み部分を差し込んで十字に立つようにします。

木の根元になる部分は、立たせたいので少し広がって終わるようになっていると良いでしょう。

紙は同じ色で作っても良いですし微妙に色の違うグラデーションでも可愛いですね。

赤と緑で作って星や丸を小さく切り抜いたものを貼ってもかわいらしいツリーになります。

小さければ、シールをぺたぺた貼ってもオーナメントの代わりになって良いですね。

また、タコ紐に引っかけて作るガーランドを作ってみましょう。

画用紙を半分に折り曲げて2枚の型が切れるようにします。

折り曲げた部分を切り残しますのでギリギリに形を取りましょう。

折り曲げた一部をくっつけたまま形に添って切ります。

同じ形が一部くっついて2枚出来たと思います。

紐に等間隔になるように引っかけて、そこにボンドを付けて固定します。

ツリー、星、スティック、靴下など幾つかのモチーフを交互にぶら下げたりすればとても楽しいクリスマスガーランドが出来ます。

クリスマスのオーナメントも画用紙で作る

画用紙であれば、オーナメントは基本切って穴を開けて紐で引っかけるところを付ける事で出来上がります。

なかなかどんな形に切ると綺麗になるのか分からない時は以外に使えるのがクッキーの型

星やツリーの形、鹿はトナカイに見立てたりして使えますよ。

画用紙にクッキーの型を置いて、ペンなどでなぞります。

何枚か一緒に切れば、楽ですね。

子供さんと一緒に作るのであればクリスマスのシールやマスキングテープをぺたぺた貼るのでも良いでしょう。

パンチで穴を開けたり、紐を通したり子供さんでもお手伝いが出来ますね。

紐もモールなどにすれば、更に簡単。

少し大人っぽくするのであれば、白一色で切り絵のスノーフレークも良いでしょう。

アクセントにシルバーやゴールドのスプレーを吹きかけるとオシャレな感じですね。

1つスノーフレークの作り方をご紹介します。

適当でも何とかいけそうな感じがします(笑)

1.好きな大きさの紙四角い紙を用意し、△方向に半分に折ります

2.続けて4回折って行きます

3.重なっている所から飛び出た部分を切り落とします(点線部分)


4.写真のように切り取り線を引いていきます

5.カットしたら変な形になりました

6.変な形を開いてみると、綺麗なスノーフレークの完成です

適当に作っていませんが、適当にやってみたらどうなるのでしょうね。

皆さんは、写真のように写してもらえれば、大体同じものが出来上がりますよ。

スポンサードリンク


クリスマスに画用紙で帽子の作り方は?

画用紙で作るクリスマスの帽子は、基本くるっと丸めて留めるだけ。

それにきれいな包装紙など巻いてみたり、カットした星やイメージの物を張り付けたり、てっぺんに星やボンボン飾りを付けたら作れます。

色や素材選びで色々な変化を付けられます。

子供向けのカラーにしてみたり、シックな感じにしてみたり、色々作ってみてくださいね。

・画用紙の色をそのまま使うのであれば、直接半円を描くように鉛筆などで線を引きます。

・大体135度くらいのところで円を終わらせますが、のりしろ分を忘れないように切っていきます。

・糊やテープで固定します。

・色紙を貼る場合は、もう一度くるっと巻いて、不要部分を切り取り貼り合わせます。

・ボンボンや星、またはあごの部分のゴムやひもなどを付ければ完成です。

材料:画用紙(ベースとなる厚紙)、糊、テープ、飾り用の素材(必要に応じて)応用として、帽子ではなくてツリーにしてしまう事も!

まとめ

画用紙でクリスマスの飾りを作るのは色や素材をちょっと変えるだけで色々なイメージの物を作れそうです。

紙ですので材料費も知れていますし色々試してみるのも良いですね。

それに、嵩張らないので取って置くにも楽ですしまた次の年には新しく違うイメージに変えることも簡単。

小さいクリスマスコーナーにはもってこいかも知れません。是非作ってみてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA