クリスマスカードを手作りで子供向けにメッセージや文例はどんなのがある?

xmas card
クリスマスにサプライズを兼ねて、両親からもしくはサンタクロースからのクリスマスカードを子供に贈るという方もたくさんいることでしょう。

子供が喜ぶ手作りクリスマスカードの作り方をご紹介します。

スポンサードリンク


クリスマスカードを手作りで子供向けに作りたい

デパートや文房具店にはオシャレなクリスマスカードがたくさん販売されていますね。

手作りするなら、一番簡単なクリスマスカードはハサミ一つで作れる飛び出すクリスマスツリーのカードです。

1、 下書きをします。

このとき、写真のようにツリーのギザギザの一番下の傘の一部は最後まで書かないようにします。
200-1

2、 ハサミで切ります。

下書きで残した傘の一部分を切ってしまうと、紙と紙が離れてしまうので、切らないようにします。

3、切った部分を山折にします。

こうすると、カードを開いたときにツリーの部分が立体的に飛び出すようになります。
200-2

4、 簡単に色を付けて完成!

あとはお好みの絵柄とメッセージを書いて完成です。
200-3

お星さまの柄は100均で売っている星形に型抜きが出来る道具でメモ用紙に穴をあけ、上から適当にステンシルしました。
200-4

後ろに赤い台紙を貼って隙間から色をチラ見せしてもカワイイですね。

とても手先が不器用な私でもできたので、簡単なことは間違いなしです!

絵柄をつけるときに少し余白を残してメッセージを書き込む場所を残しておきましょう。

クリスマスカードの子供向けにメッセージを付けるとしたら?

「来年もがんばろーっと!」と思えるような文面の内容がいいですね。

幼稚園ならひらがなで、小学校ならその年習った漢字を使って書き、その年の総復習をしたいものです。

大好きなサンタさんや両親からの励ましをもらえば勉強に遊びにスポーツにやる気が出てくるかもしれません。

スポンサードリンク


クリスマスカードの子供向けの文例はどんなのがある?

・サンタさんから幼稚園児向け

「○○ちゃんいいこにしていたから、プレゼントをあげるね。たいせつにしてね。」

「○○ちゃんいつもげんきにあそんでいますね。おともだちや○○(兄弟)となかよくすごしてね。」

今年も元気に頑張ったことを両親やサンタさんから褒めてもらう文面だと「来年もがんばろー!」と思ってくれそうです。

・両親から幼稚園児向け

「よいこにしていたからサンタさんはきっときてくれるよ!いつもえがおでいてくれてありがとう」

「メリークリスマス!たのしいクリスマスにしようね」

・サンタさんから小学校低学年向け

「お勉強やスポーツをがんばっているみたいだね。来年も元気にがんばろう!メリークリスマス!」

・両親から小学校低学年向け

「今年もたくさん頑張ったね。お父さんとお母さんからのちょっとしたごほうびです。大切に使ってね。」

好奇心旺盛な子は「サンタさんからは外国に住んでるのになんで英語じゃなくて日本語なの~?」という疑問を抱くこともあるかもしれません。

おそらく子供が英文を見ても意味が分からないような気もしますが、そういうところにも細心の注意を払いたいものです。

簡単な英語のクリスマスのお祝いメッセージの例文はこちらです。

・Merry Christmas!(クリスマスおめでとう!)

・With best wishes for Merry Christmas!(楽しいクリスマスになりますように!)

・I wish you a Christmasand happy new year!(素敵なクリスマスと新年を迎えられますように!)

子供たちの夢を壊さないように手紙を書くのも、大事なことですね。

まとめ

サンタさんからでも両親からでも、心のこもったクリスマスカードをもらったら子供たちだって嬉しいはず!のちのち素敵な思い出として振り返ることになるでしょう。

かわいいクリスマスカードで子供たちを喜ばせましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA