仲人にお礼でお歳暮を送る場合、相場や何年ぐらい送るものなのか?

nakoudo oseibo
仲人さんにお歳暮を贈りたいのだけど、いつ、何を、どれくらい送ればいいの?
マナーは?タブーは?など、考えることがいっぱいですね。

今回はそんな仲人さんへ対するお歳暮マナーについてまとめてみました。

これを読んでからお歳暮を贈ると、先方はなおいっそう喜んでくれると思いますよ。

スポンサードリンク


仲人にお礼でお歳暮を送りたい。

お世話になった仲人さんにお歳暮をお送りするのはとても良いことです。
というよりも、マナーとしてはお送りするものだと考えたほうが良いでしょう。

仲人さんに限りませんが、お歳暮のポイントを以下にまとめておきました。

・ 時期としては12月13日~20日ぐらいまでに届くのがベストですが、
    最近は11月の末くらいからでもお送りしているところもあるそうです。
    もし、送るタイミングを逃しても、翌年にお年賀としてお届けすることは可能です。
    いずれにしろ地域によっては慣習が違うので、その方のお住まいの地域の事情は調べてからお送りしたほうが無難ですね。

・ 本来は直接お届けするのがマナーとされていますが、2年目以降のお届けは
    相手の都合で受けとりが可能な宅配便を利用するのが最近の主流となってきています。

・ お歳暮には「のし紙」が必要です。水引は赤金(5本か7本)にて、結びは花結び(蝶結び)を選びましょう。
    上書きは水引結び目中央上に「御歳暮」、中央下にやや小さく名前を書きます

スポンサードリンク


お歳暮の相場で仲人はどれぐらい?

仲人さんへのお歳暮の相場ですが、
いわゆる頼まれ仲人さんか二人が知り合ったころからお世話になっていたかでも相場は違いますが、
大体3,000円~5,000円くらいで納めておくのが無難でしょう。

あまり高価なものをお届けするのは返って相手に気を使わせてしまいますので気をつけてください。

お送りする品物としては、食品や日用品などの消耗品であるほうがいいでしょう。
あまりこちらの趣味に走りすぎたものや、家においておくとかさばって邪魔になるようなものは避けましょう。
また、同じ食品でも、ハムや油、お酒などなるべく賞味期限の長いものを選びましょう。
あまりにも賞味期限の短いものを送ってしまうと先方もその処理に苦慮せざるをえなくなってしまいます。

当然、相手のことを良く知っているのなら、その方の喜ぶものを送るのが一番ですけどね。

ちなみに、職業や立場によっては金品が受け取れない方もいらっしゃいますので、
そういった方にはお手紙で感謝をお伝えするようにします。

仲人にお歳暮は何年ぐらい送るの?

仲人さんがいる以上、ずっとお歳暮・お中元を贈り続けないといけないと思ってしまうのは、
心理的にも経済的にも結構負担ですよね。

一般的に仲人さんへ対するお歳暮を続ける期間は3年でよいとされています。
だからといって、3年経ったから全く何もしなくなった、というのはなんだか失礼なもの。
それに、いきなり何も送らなくなってしまうと先方は「何かあったのではないか」と心配されてしまいます。
ですので、4年目以降はお中元・お歳暮のどちらかをお送りし、
あとははがきや手紙で近況を伝えるなどして、徐々にフェードアウトして行くのがいいでしょう。

また、先方より「今後はお気遣いなく」「これからはご放念頂きたい」などといわれた場合は、
「もう贈ってもらわなくていいよ」という合図。こういう言葉が聞こえたら、次よりお歳暮はやめて
はがきか手紙を送るようにします。

とはいえ、仲人さんに対することなので、その時期になれば、パートナーとよく相談して決めるのが一番ですね。

まとめ

いろいろ書いてきましたが、何より一番大切なのは
「相手に対する感謝・お礼の気持ち」です。

その気持ちがこもった贈り物というのは、何であっても喜んでいただけることうけあいでしょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA