スタッドレスタイヤの寿命について溝や走行距離はどれぐらい?

sutaddoresu jyumyou
雪がちらつく季節。

タイヤの履き替えをしようとして、ふと「あれ?うちのタイヤってまだ使えるっけ?」と思い出したりしますよね。

タイヤの履き替えの基準ってどんなものがあるんだろう?

疑問を解決してスッキリしましょう!

スポンサードリンク


スタッドレスタイヤの寿命について

スタットレスタイヤの寿命は一般的に3~5シーズンほどと言われています。

3~5シーズンというと、ずいぶん開きがあるような気がしますが、これは走行距離や走り方によって変動するということらしいです。

タイヤを長持ちさせたいのであれば、急発進や急ブレーキなどタイヤを痛める走り方を極力さけると良いとされています。

また、使っていないシーズンの保管方法によっても寿命に差が出るようです。

ゴムを劣化させないように温度変化が少なく、直射日光に当たらない風通しの良い場所での保管が理想とされています。

ゴムが劣化し、硬化してしまうとスタットレスタイヤ特有の弾力性が、損なわれてしまい性能が低下してしまいます。

冬にいざ使用しようとしたときに影響が出てしまうので保管にも注意を払いましょう。

冬に着いた油脂や融雪剤などの汚れもタイヤを劣化させてしまいますので、「今シーズンもありがとう!」と感謝の気持ちを込めてキレイに洗ってから収めると長持ちの秘訣になります。

スタッドレスタイヤの寿命は溝がどれぐらいになったらなのか

「タイヤの面が新品に比べて50%擦り減ったら積雪面や凍結面での性能が低下するので交換すると良い」とタイヤ専門店の方に教えていただきました。

では50%とはどのくらいなのでしょうか?

新品のタイヤの断面を良く見ると、溝に混じって少し背の低い突起があります。

これはプラットフォームと呼ばれ、スタットレスタイヤの交換時期を教えてくれるものです。

このプラットフォームとタイヤの断面が同じ高さになったときがタイヤの断面を50%消費したというサインで、スタットレスタイヤの交換時期と言えます。

「プラットフォームを探すのがめんどくさい!」という方におすすめの方法は100円玉を使ったセルフチャックです。

新品のタイヤの溝の深さは約10mm、その50%となると50mm

100円玉のフチから硬貨の中の「1」までの距離が50mmですので、100円玉を文字が正面に読み取れるように溝に差し込んで

1がスッポリ見えなくなるまで入ればまだ大丈夫、1が確認できるようでしたら交換時期ということになります。

なんとなく、目的がなくても試してみたくなるセルフチェックですね。

スポンサードリンク


スタッドレスタイヤの寿命で走行距離はどれぐらい走れる?

2~4万キロという意見もありますが、それは目安であって運転の癖や仕方も関わってくるので一概には言えないようです。

急発進や急ブレーキ、カーブを速度を出したまま曲がるなどを繰り返していると、走行距離は短くともタイヤの劣化は早まります。

スタットレスタイヤは雪道や凍結面で威力を発揮しなければ意味がありません。

また新品であっても3年を経過したものは温度の変化に弱いスタットレスタイヤの柔軟性を奪ってしまい、性能が発揮できなくなるという声も耳にします。

安全を優先し、年数やプラットフォームをよく確認して使用しましょう。

筆者の住む街では、年に1~2回しか雪が降らないということと年間を通して暖かいこともあってスタットレスタイヤを買い替えない、もしくは履かないという人を見かけます。

ですが、年に1~2回うっすらでも雪が降ったときに外出すると一日に1回以上は街のあちこちで事故を目撃します。

少しでも雪が降る見込みのある土地でしたら、きちんとスタットレスタイヤを管理して安全に運転できるように準備しておきましょう。

まとめ

スタットレスタイヤは冬の道でいざというとき、事故から身を守ってくれる大切なものです。

交換にはお金がかかりますが、命には代えられません。

交換の目安を守り、乱暴な運転を控えて雪道を運転しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA