花粉症のレーザー治療の効果は?やる時期や費用はどれぐらいかかるのか?

kafunnsyou mask
マスクを付けて、外出先から帰ったら外で花粉を払う、空気清浄機を掛ける、念入りな掃除、栄養バランスのとれた食事…

花粉症の対策は万全なはずなのに全然症状が良くならない!

こんな不満を抱えて、雑誌を眺めていたらふと目に留まった

「花粉症のレーザー治療」

の文字。

「やってみようかな…でも費用はどれくらいかかるんだろ…そもそも効果ってどのくらいあるの?」

と気になってしまいますよね。

花粉症のレーザー治療の効果、おすすめの時期、費用などをまとめました。

スポンサードリンク


花粉症のレーザー治療の効果は?

特定のアレルゲンに対して、体が過剰に拒否反応を出し、それによって引き起こされるアレルギー性鼻炎、すなわち花粉症。

花粉症の治療に関しては、抗ヒスタミン剤などを処方する薬物治療、濃度の薄いアレルゲンを注射で徐々に投与し抵抗力をつける減感作療法などがありますが、近年注目が高まっているのが花粉症のレーザー治療です。

花粉症のレーザー治療は大まかに言うと、レーザーで鼻の粘膜の一部をレーザーを照射して焼き、人工的にやけどの状態を作ることによって表面の性質を変え、花粉への反応を抑えるという方法です。

根本的に体質を変えるという治療ではなく、

「アレルギー反応を抑えるために、一時的に性質を変える」

という治療ですので、効果は永久的に続くと断定できません。

効果が無くなったな、と思ったら再度治療を行うこともあるでしょう。

レーザーを照射する箇所は主に2種類あります。

外側の粘膜にレーザーを照射するか内側粘膜に照射するかです。

一般的な効果のほどは、以下のような感じです。

・外側の粘膜…多くの人に効果があると言われている。

(効果が1~2年と短い)

・内側の粘膜…約半数の人に効果があると言われている。

(効く人には比較的長期間効果がある)

一般的に言われているのはこんなところですが、効果のほどは、やはり個人差があるようです。

「全く効かない!」

という声や

「効果テキメン!」

という声と、様々な意見が聞かれます。

レーザー治療があっているのか、薬物治療があっているのか、他の治療を選ぶのかは症状や体質によって人それぞれですので、お医者さんの診断してもらい、自分に合った治療法を相談しましょう。

また、気になるのは痛いのかどうか…ですね。

これまた個人差があって、

無痛で全然へっちゃら!という人

麻酔したのに痛かったんだけど!という人

麻酔が痛い!もしくは麻酔後に違和感があった!という人

焦げ臭いにおいで具合が悪くなったという人

手術の時の麻酔で頭痛や倦怠感があった人

これまた感想はそれぞれ。

痛いかどうかにはお医者さんの腕や診療方針にも関係しているというのを耳にするので、気になる人は評判や自分との相性などを参考に、治療してもらう病院を決めましょう。

スポンサードリンク


花粉症のレーザー治療をする時期は?

手術の直後は鼻の粘膜にむくみが生じて余計に鼻が詰まったり、術後2週間程度はかさぶたやゼリー状の塊が出たりとレーザー治療を行ったからといってすぐに楽になるというわけではないようですので、

自分が花粉症に悩む時期から逆算して3~4か月前には一度お医者さんを受診するのがいいそうです。

例えば2~4月のスギ花粉に悩んでいるという方は、11月~12月に受診してみるのが良いでしょう。

どうしてもシーズン真っ只中にお医者さんにかかりたくなりますが、シーズン中は病院が混みますし、術後しばらくは不便な思いをするという事を計算に入れていつ頃受診するのか検討しましょう。

花粉症のレーザー治療の費用はどれぐらい?

手術の費用の相場は治療の内容によって変化するようですが、保険適用の診療ですので3割負担の金額で大体7000円~10000円程度です。

もちろん、行ってその日に手術ということはなく、検査やお医者さんと治療方法を相談する必要があるので、何度か通院する必要があり、他にも多少費用はかかります。

成功すれば、

「あの忌まわしい花粉症を抑えてくれるだなんて最高!」

ですし、効果が現れなければ

「高い勉強料だったわ…」

となりますね。

まとめ

花粉症にかかっていない人からすると

「花粉症くらいでレーザー手術だなんて大げさな…」

と言われてしまいそうですが、発症している人にとっては、仕事や生活がままならないほどの大問題の花粉症。

国民の25%ほどが罹っていると言われていますので、あなたと同じ悩みを持っている人はたくさんいます。

無理せずに病院を受診し、信頼できるお医者さんを見つけて治療内容をじっくり相談して花粉症とお付き合いしていきましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA