風邪で発熱と下痢がある場合ウイルスに感染してる?食事はどうする?

infuru kodomo yasumu
大事な我が子に熱があって下痢をしているとなると

「何か風邪以外の病気に感染しているのかしら…」

と心配になるお母さんも多いのではないでしょうか。

早く治るようにサポートするお母さんが気を付けておきたい対処の仕方や食事についてまとめました。

スポンサードリンク


風邪で発熱と下痢がある場合の対処の仕方は?

下痢や発熱がある場合、ただの風邪なら良いのですが、場合によっては「ウイルス性胃腸炎」や「細菌性胃腸炎」などにかかっている可能性もあります。

できるだけ早く病院を受診する必要があります。。

下痢や嘔吐がひどい場合は、病院にいくのも大変ですが、少し落ち着いたら様子を見て病院に連れていってあげましょう。

小さい子供は「吐き気」の感覚がよく分からないかもしれないので突然吐いてしまうかもしれません。

タオルや袋を持っていき、出来るなら隣に付き添ってあげる人がいると良いでしょう。

下痢となると、早く楽にしてあげたい一心から家にある胃腸薬や整腸剤を飲ませたくなってしまいますが、それはあまり得策とは言えないようです。

なぜならば、下痢や嘔吐の原因というのは主に胃腸の炎症が原因なのですが、ウイルス性の胃腸炎だった場合には、下痢や嘔吐は悪いウイルスと体の外に排出するために必要なことだからです。

自己判断せずに、お医者さんの適切で素早い治療や処置によって、早く快方に向かうようにしてあげましょう。

スポンサードリンク


発熱と下痢の場合ウイルスに感染してる?

「ウイルス性」のものと、「細菌性」のものがあるのでひとつずつ特徴を見ていきましょう。

・ウイルス性胃腸炎

「お腹の風邪」とも言われる、ウイルス性胃腸炎。

嘔吐と下痢、場合によっては発熱があるのが特徴です。

主な種類は

ロタウイルス、ノロウイルス、アデノウイルスなどです。

特にアデノウイルスは重症化の可能性があるので注意が必要です。

便や嘔吐物から感染する可能性がありますので、接触があった場合には除菌し、オムツ等の処理に気を付け、使用後のトイレの掃除は念入りに行いましょう。

・細菌性胃腸炎

細菌に感染したことでかかるものです。

いわゆる食中毒の原因になるもので、夏に多く発症します。

ウイルス性に比べると、下痢や腹痛の症状が重いのが特徴です。

血便などが出る場合は細菌性胃腸炎の可能性があります。

主な種類は

サルモネラ菌、病原大腸菌、カンピロバクターなどです。

特に多いのが、サルモネラ菌で生卵や生肉、よく火が通っていない肉などが原因となりやすい傾向にあります。

———————————————————–

余談になりますが、ウイルスと細菌の大まかな違いは、細胞を持っているかいないかです。

ウイルスは細胞を持っていないので、自分で増えることはできず体の中の細胞に入り込んで増殖します。

細菌は細胞を持って微生物で、細胞分裂によって増殖します。

大腸菌O-157なども細菌です。

どんなウイルスや細菌に侵されているか分からない以上は、お医者さんの診断と治療が必要です。

大人に比べて体力のない子供が罹ってしまうと重症化してしまうこともあります。すぐに受診しましょう。

風邪で下痢と発熱の時の食事で気を付けることは?

下痢と発熱があるときには食事にも気を遣いますね。

体力や胃腸の機能を回復させるためにも栄養をしっかり補給しておきたいですが、焦りは禁物です。

弱ってしまった胃腸をゆっくり回復させていきましょう。

また、脱水を起こさないように水分補給はこまめに行いましょう。

ポカリスエットやお茶で構いませんが、砂糖入りの飲み物は虫歯になりやすいので歯磨きは念入りにしましょう。

★好ましい食事★

・ヨーグルト

・すりおろしリンゴ

・スープ(野菜は小さく切って柔らかくなるまで煮る)

・ポタージュ

・大根、カブ、人参などを柔らかく煮たもの

・茶碗蒸し

・豆腐

・お粥や雑炊

・うどん(柔らかめに煮る)

消化吸収が良い食べ物で、柔らかいものが良いでしょう。

お粥は重湯から初めて、次の日に五分がゆ、その次の日は卵や柔らかい野菜の入ったお粥と水っぽいものから、徐々に柔らかくしていき、固形物に移っていきましょう。

★避けたほうが良い食事★

・脂っこい食べ物全般

・硬くて消化が良くない食べ物

・海藻やイカやタコ

・キノコやゴボウなどの繊維が多い野菜

・お菓子類、アイスクリーム

消化に時間がかかるものや、胃腸に負担のかかる食べ物、お腹を冷やす食べ物は避けた方が良いでしょう。

まとめ

大人だってとても辛い発熱や下痢。

小さい子供にとっては、体はしんどいし、好きなモノも食べられないし、お外では遊べないしでとても辛く長く感じるかもしれません。

病気になると心細くなったりするものなので

「元気になったらたくさん食べて、遊ぼうね!」

と我が子を励ましてあげましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA