大学受験の服装は文字が入っていてもいい?面接の時の靴は?

jyukenn fukusou
大学受験は今までの集大成ですね。

試験に集中するためにも服装や靴なども不利にならないようにしたいものです。

マイナスになりそうなことは極力避けたい所ですが、そもそもそんな所まで見られているのでしょうか?

それより、試験に集中出来るように気を付ける事があるかも知れませんよね。

どんな服装がよくてダメなのかをまとめました。

スポンサードリンク


大学受験の服装は?

大学受験は試験ができればいいので基本はなんでもいいとされています。

窓側や廊下側は寒いこともありますので温度調整ができるものがいいです。

足首などが暖かいと全体的に冷えが少なくて済むかもしれません。

マフラーやひざ掛けなども持ち込めるようであればあると便利です。

朝から夕方まで頭をフル回転させて試験に集中できるものがいいですね。

堅苦しい格好で息が詰まってしまっては、本来の力を発揮できません。

私服で大学受験を受ける人も多いです。

都内は制服がない学校も多いため私服で受ける人が多いようです。

ですが、制服で受けてはダメということではありません。

いつも着慣れていて、制服の方が落ち着くとか、地方から都内などの大学受験をする場合制服の方が荷物が少なくて済むからという理由で制服の人もいます。

制服だと温度調整がしにくいので私服の人が多いようです。

試験だけなら基本的にはどんな服装でも構わない大学が多いようです。

大学によっては注意事項で制服は着用不可となっている場合もあるので入試要項に従いましょう。

大学受験の時の服装に文字が入っていてもいい?

大学受験の時の服装は指定がない限り基本的には自由です。

私服でも全く問題はありません。

ただ、服に文字が入っているものは着ていくことができません。

着て受験会場まで行っても、もしかしたら脱がないといけないか、裏返しに着なくてはいけなくなる可能性もあります。

英単語が少しでも入っていると注意されたりすることもあります。

英単語のロゴが入ったトレーナーなども多いと思いますが避けたほうがいいでしょう。

造語で英語でなくてもアルファベットが書いてあれば同じ扱いになります。

学校でも指示はあるかと思いますが、入試の募集要項にはそのようなことが書いてないこともありますが念のため無地の服を着ていくのが無難です。

文字が直接的に試験の回答にならなくても何かのヒントになってしまったりすることもあるからです。

また、同じ理由で地図などがプリントされた服も控えたほうがいいですね。

こちらは全くそんな意図はなくても試験監督には誤解されることもあります。

試験の前にそんなことで気が紛れてしまうと集中できなくてもったいないので、できるだけシンプルな服装にしましょう。

スポンサードリンク


大学受験の面接の服装や靴は?

一般試験であれば私服で常識の範囲以内の服装なら問題ないのですが、面接ともなるとその人をみるので制服があれば制服が望ましいですね。

ただ、学校によっては面接では学校によっての偏見をなくすためにどこの高校かがすぐにわかってしまう制服は着用不可となっているところもあります。

特殊な制服の学校は一度、先生や受験する大学に問い合わせたほうがいいかもしれないですね。

ですので制服とまではいかなくてもジャケットやカーディガンなど普段着より少しきちんとした服装がいいでしょう。

ジャケットを羽織っていれば中のシャツは白でなくてはダメということはありません。

そこまでは堅苦しくはなくてもいいです。

ですが、派手なアクセサリーなどは控えたほうがいいでしょう。

靴もその服装に合えば特に問題もないですが、サンダルやスリッポンのようなものは避けたほうがいいですね。

ちゃんと靴下やストッキングなどを履いて、革靴やパンプスなどを履いて面接を受けたほうがいいです。

革靴でも黒のローファーなどが無難でしょう。

きれいな運動靴(通学靴)でも問題ありません。

ただ、あまりにもボロボロな靴は面接官にも印象はあまりよくないと思われるので新しいものを用意したほうがいいでしょう。

まとめ

大学受験は緊張もしますので肩の力を抜いて着心地がいい服装で行うのが一番いいですね。

いままでの努力を無駄にしないように全力で試験に取り組める服装で大学受験を乗り越えてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA