雪で滑る靴はどんなの?歩き方はどうすればいい?対策は?

kanntyuu kitte
雪が降ると道路が凍って滑ってこわいですよね。

靴によって滑りやすい靴がありますし、歩き方に気を付ければ滑りにくくなります。

滑りやすい靴とはどんな特徴があるのでしょうか?

雪が降った時は、滑りやすい靴を履かないように気を付ける事が出来ますね。

高齢になって転ぶと、とても危険ですし、教えてあげたいですね。

雪が降っても転ばないような対策をご紹介します。

スポンサードリンク


雪で滑る靴はどんなの?

雪で滑る靴は革靴が一番滑ると言われています。

それは革靴の裏を見ていただけるとわかると思うのですがツルツルになっています。

革靴だけでなく裏が皮裏で作られたものは滑りやすいです。

スニーカーやヒールなども雪道では危ないです。

北海道では冬の雪道専用の靴も売られているとか。

しかし、たまにしか雪が降らないとなかなか雪専用の靴を用意するのは難しいですよね。

ではどんな靴が滑りにくいのでしょう。

それは、体育館ではくような靴です。

裏はラバーになってますよね。

バスケットのバッシュと言われるものや、フットサルなどで使うフットサルシューズなどは靴の裏が全体的にラバーでおおわれています。

あとは革底でないやわらかいゴムのものが滑りにくいです。

車で言うスタットレスのような状態がいいですね。

スタットレスも溝がたくさんありますよね。

それで余分な水分を逃がして道路により密着するようにできているんですね。

雪で滑る歩き方は?

小走りで歩いたり、スピードを出して走ったりしたらやっぱり滑って転んでしまいますよね。

雪道で滑らない歩き方は、

・なるべくゆっくりと歩

・あまり大股で歩かない

・つかまれるところがあればつかまって歩く

・靴の裏をなるべく全体的につけて歩く

・足を大きく上げないでなるべく地面に近い状態ですり足で歩く

・急に歩いている速度を変えない(ゆっくり→急いで歩く)

ゆっくり歩くのは転ぶのが怖いのでほとんどの方がしているのではないでしょうか。

すり足で歩いている人も多いと思います。

やはり滑るという恐怖がどこかにあるからですね。

でもすり足は何かにつまずいて転んでしまうこともあるので気を付けてください。

スポンサードリンク


雪で滑らないための対策は?

雪道で滑らないようにするためには滑りそうなところを避けて通るというのが一番の近道です。

横断歩道などの白線の上は滑りやすいので気を付けましょう。

道の脇に雪がかき上げられているところは固まってしまってなかなか雪が解けないのでその周りも滑りやすいです。

お店の出入り口なども凍っていることがよくあるので気を付けてください。

急いでいるとどうしても焦ってしまうので足元に気が回らなかったり、気持ちや時間に余裕があれば滑りやすいところを察知しやすいですが

急いでいるとそういったところにも注意がいかなくなります。

また、スマホを触りながらなどなにかをしながら雪道を歩くと大変危険です。

両手がふさがっててももしも転んだ時にすぐに手を付けないですし、危ないです。

昼間は温かくて雪が解けていても夜になると冷え込んでそこだけが凍ってしまうこともよくあります。

そういった場所も気を付けなければいけません。

お酒を飲んで雪道を歩くときも、自分では足をあげているつもりだったりしても上がってなかったり、すり足で歩いているつもりがそのまま滑って転んでしまうこともあります。

まとめ

雪道を歩くときはなるべく滑らないような靴を履いて時間に余裕をもって行動したいものですね。

いくら注意して歩いても滑ってしまうことはあると思うので十分注意して歩いてくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA