卒業式の髪型でロングの娘を可愛く!ママのヘアスタイルも♪

sotugyousiki kami
娘の小学校の卒業式。

本人の頑張りはもちろん、支えたお母さんにもご褒美!

ということで、装いはもちろんヘアスタイルもかわいく仕上げたいですね。

ロングヘアの親子の髪型についてまとめました。

スポンサードリンク


卒業式の髪型でロングならどんな髪型がいい?

「卒業をむかえる本人がよろこんでくれて、かつ小学生らしさのある髪型に…!」

というところを目指したいですね。

自分の分は式まで時間があるからヘアサロンにお願いするか、少し時間をかけて自分でセットするとして、子供の分は、登校時間は保護者より早いしスピーディーにかわいく仕上げたいもの。

簡単にできる子供用のロングの髪型の作り方をご紹介しましょう。

★一つの作り方で大人用と子供用がアレンジ★

子供は「アナと雪の女王」風の編み落としで、お母さんはそれをクルッとまとめてよそ行きスタイルに!

三つ編みにしてしまうので、髪が乱れることも少なく邪魔にもならないので、おてんばの女の子にも安心!

1. 耳の後ろの両サイドの髪を後ろで合わせて一つにし、くるりんぱする

2. くるりんぱを少し崩し、トップの髪もふんわり持ち上げて高さを出す

3. さらに首より上の髪を両サイドからとりわけ、くるりんぱした髪と合わせて三つ編みにする

4. 3つほど三つ編みをしてから、残った髪を拾いながら編み込みをしていく

5. 最後まで編んで、ゴムで止める(子供はここで終わり)

残りは、ママの髪形紹介の所でご紹介しますね。

袴を着る場合にはどんな髪飾りがいい?

昔は小学校の卒業式と言ったら、子供らしいワンピースやスーツとスカートのセットアップが定番でしたが、最近では小学校の卒業式で、大学生と同じように袴を着るという子もいるそうです。

大人びてますね~。

袴はもともと学生の象徴であり生徒と先生の正装とされていたものなので、小学生だから着てはいけないという決まりはないようです。

小学校の卒業式に袴を着る事に関しては、あまり定着していなく、賛否両論あるようですが、一番はお子さんが着たいものを着せてあげるのが一番ですね。

袴にチャレンジするという方にはこんな髪飾りがおすすめです。

★定番のつまみ細工の髪飾り★

和服には定番のつまみ細工のお花の髪飾りです。

裏がパッチン留めになっているので外れちゃってもお子さん自身で付け直せるかも!

5色展開なのでお子さんのイメージと袴に似合う色をチョイスしてあげてくださいね♪

★レースとお花の髪飾り★

「和の要素が強すぎると大人っぽくなり過ぎるし、重たい印象になる…」

という悩みを解決してくれるレース付きの髪飾り。

ピンクだと春らしさと女の子らしさが出ますね♪

スポンサードリンク


母として卒業式にふさわしいロングの髪型は?

子供を登校時間に間に合うように送り出してひと段落。

次はお母さんの準備ですね。

先ほどの子供のアレンジの続きで、ママもついでにアップヘアを作ってしまいましょう。

子供にやっているので、イメージが付きやすく、自分でも出来るのではないでしょうか?

御着物の場合は先ほどご紹介した髪飾りを付けてみてくださいね。

洋装の場合は、パールなどが入っているシンプルな髪飾りはいかがでしょうか?

6. 止めたところを内側に巻き込みながらくるくる巻いていき、方向を変えてくるりんぱの下側に沿わせてピンで固定する

7. 髪飾りを付けて完成

卒業式の髪形でミディアムのお子様についての記事はこちら

まとめ

いろいろなアレンジ動画を見ましたが、美容師の吉田達弥さんの動画が分かりやすく、カワイイものが多かったのです。

気になる方はチェックしてみてくださいね。

ヘアアレンジが苦手という方は予行練習を事前にしておけば当日は安心!

素敵な一日にしてくださいね♪

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA