名刺の受け取り方のマナーで名刺入れへの入れ方やない場合はどうする?

sinnnyuusyann meisi mana-
会社に入って最初に教わることの一つ、名刺の渡し方と受け取り方。

研修で習うからその時のための予習にという方、研修があるか定かじゃないから自分で勉強しておきたいというに方。

初めて仕事でお会いする方に最初にする事なので、一番に知りたい事かも知れませんね。

名刺の渡し方と受け取り方のマナーをまとめました。

スポンサードリンク


名刺の受け取り方のマナーは?

★名刺の受け取り方の基本的なマナー★

・名刺は名刺入れから出す(財布やポケットはNG)

・汚れている名刺や、折れ曲がっている名刺は渡さない

・目下のものから先に名刺交換を申し出る

・名刺を差し出すときは自分の名刺が相手の名刺よりも下にくるように、差し出す

・目上の人が受け取るまで自分は相手の名刺を受け取らない

・たくさん人がいる時は、目上の人から順番に名刺を渡す

・机などを隔てて名刺交換をしない

これらが、名刺のマナーの基本中の基本です。

★目上の人というのは★

モノやサービスを買ってもらうとして

「モノ(サービス)を買ってくれる側」→目上

「モノ(サービス)を売る側」→目下

になります。

営業活動というと、大体が訪問先に行って商談というのがほとんどですので、訪問したときは自分から名刺交換をするようにしましょう。

★せっかく名刺交換をするならば★

名刺は人の分身のようなもの。

もらって終わりではなく、名前や会社と受け取った本人の顔を照らし合わせて、ぼんやりとでもいいので相手の顔を覚えましょう。

最初の頃は、上司との同行営業などで初対面の方とたくさん名刺交換をし、顔を合わせる機会も多いと思います。

人はどうしても忘れてしまうものなので、できるだけ、覚えるように努力しておきましょう。

ちょっとしたことでいいんです。

おでこにホクロがあるとか、鼻が大きいとか、メガネをかけているとか、何歳くらいとか、肌の色が黒いとか、痩せているとか、太っているとか。

とくに女性は髪型や服装がよく変わるので、そういう短期間ではかわりにくい特徴を一か所でもいいので、名刺と一緒に記憶しておきましょう。

名刺を名刺入れへ入れ方はどうすればいい?

★名刺を渡すときの手つき★

悪い例を挙げます。

「ポケットやカバンから名刺入れを出して、また名刺入れをしまってから、名刺交換をし、更にまた名刺入れを出して名刺を納める。」

これをやっているとモタモタして面倒ですし、相手をイラつかせてしまうかもしれません。

名刺の出し入れがスムーズなのは、名刺入れを手に持ちながら、名刺交換をすることです。

「どんなこっちゃ?」という感じですがこんな感じです。

248-1

人差し指と親指で名刺をつまんで持ち、残りの指で名刺入れを持ちます。

248-2

名刺入れと名刺の端を一緒に人差し指で持ち、こんな感じで差し出してくる人も見かけます。

好みなんでしょうけど、相手が受け取りやすそうなので私は先に挙げた方の渡し方で渡していました。

★名刺を持つ位置は★

営業に行くとなると、自分が目下ですので大体が名刺を相手より下になるようにして渡すことが多いはずです。

マナー本の中には胸の位置に名刺を構えると書いてあるものもありますが、「おへそのちょっと上のあたり」に構えたほうがスムーズです。

★名を名乗る★

名刺を渡すときは「○○社、○○部の○○○○です。」と社名、部署、氏名をはっきりと伝えます。

軽くお辞儀をするのも忘れずに。

★自分が渡されるときの受け取り方★

相手が受け取り、自分が渡される番になったら、相手が一通り部署名などを名乗ってから「頂戴いたします」と、一言添えてから受け取り、名刺入れに入れます。

★机を挟んでの商談では★

商談などでは、応接室のセンターテーブルや会議室の机などを挟んで複数の相手と話すことも多いでしょう。

そのときは自分から見て左側に置くようにし、机の向かい側の相手と対になるように名刺を並べます。

その時は名前が自分の方を向いているようにして大丈夫です。

そうすれば、向こう側に座っている相手が何という名前で、かつどの人が、どの人かという事がパッと見て分かります。

★偉い人同士が先に交換してから★

目下の者から名刺交換と言いましたが、自分の上司がいる場合は別です。

同行営業などでは初めに自分の上司が、相手の偉い人と交換した後に続いて自分と相手の偉い人が交換していきます。

最初は役職の高い人からですので、例えば

部長→課長→係長

という風に交換していきます。

スポンサードリンク


名刺をもらったが名刺入れがない場合はどうする?

★やばい!名刺入れがない!★

「普段名刺交換をしないのに、急に名刺交換の機会がやってきた」

「名刺入れをどれにしようか悩んでいる間に初めての機会が巡ってきた」

「うっかり名刺入れをどこかに忘れてきてしまった…」

とシチュエーションはそれぞれですが、名刺入れがないときは焦りますよね。

★そんなときは★

名刺入れ抜きで名刺交換をするのは基本的にはマナー違反なんですが、誰でもしょうがないときはあるものです。そんなときはこういう手があります。

① 人に借りる

緊急なのであれば、最悪人に借りるという手もあります。

身内で上手いこと貸してくれる人が見つかればいいのですが運悪く、周りに貸してくれそうな人がいないことも。

② 手帳や仕事ノートに納める

どうしようもないときは受け取ってから財布や定期入れに入れたりせず、手帳や仕事ノートに納めたほうが良いでしょう。

手帳やノートであれば多少仕事道具という感じがあるので、相手も「しかたねぇやっちゃなぁ」とギリギリ目をつぶってくれるかもしれません。

まぁ正直いって印象は良くありません。

はっきり言ってこれはマナー違反なのですが、財布や定期入れよりはマシです。

あくまで、これは緊急の処置ですので、自分の相棒だと思って、名刺入れは肌身離さず持っておきましょう。

まとめ

社会人の基本とも言える名刺の受け取り方のマナー。

何回もやっていると、技に磨きがかかる(?)のですが、初心を忘れがちなモノ。

初めて会う方は、あなたの人間性と名刺をセットで見ています。

丁寧に渡して、友好的な関係を築けるように努力しましょう!

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA