大阪の造幣局の花見で桜の通り抜けのアクセスは?入口はどこ?

zouheikyoku hanami
花見で有名な関東のスポット、造幣局。

知人が毎年SNSに写真を投稿してくれて、見るのですが、種類も多くてとっても綺麗です。

何時か行ってみたいスポットです。

その前に、どんな感じで行けばいいのか、事前に情報集めはかかせませんよね。

大阪の造幣局の花見で知っておきたいルールやアクセスや入口など、初めての行く方のために知りたい情報を紹介します。

スポンサードリンク


大阪の造幣局の花見はどこでみれる?

大阪の桜の名所と言えば造幣局の桜の通り抜けが有名です。

圧倒的な桜の数です。

ソメイヨシノ、八重桜、シダレ桜などを含めた全国から集められた桜を一度で見ることができます。

その数は約130種類、350本にもなります。

造幣局の南門から北門への一方通行約560メートルの通り抜けとなります。

造幣局と言えば、日本の硬貨を作っている場所になります。

普段は一般入場を厳しく制限されていますが、桜の開花時期だけは特別に局内の桜を誰でも見学することができます。

その開催時期は3月の中旬ごろの発表になり、4月の初めから中旬頃の一週間になります。

平日は午前10時から午後9時まで。

土日は午前9時から午後9時まで

夜にはぼんぼりなどでライトアップもされています。

通り抜けのルールとして通路が一方通行、見学のみで宴会ができない。(立ち見)

造幣局の敷地内では飲食が禁止になります。

それを見越してか、周辺にはさまざまな屋台が並んでいます。

それらを購入して、散歩をしながら公園になど立ち寄ってみるのもいいですね。

造幣局の桜の通り抜けのアクセスは?

桜の通り抜けのアクセスとして一方通行で逆走ができません。

通り抜けの入口に近い駅で降りることが必要となります。

造幣局には駐車場はないため、車で行くのは控えましょう。

交通規制などがあるので注意しなくてはいけません。

公共交通機関を利用しましょう。

・地下鉄を利用の場合

地下鉄 谷町線・京阪本線「天満橋」駅 京阪東口・2号出口下車徒歩15分

・JRを利用の場合

JR東西線「大阪天満宮」駅 JR2号出口下車徒歩15分

JR東西線「大阪城北詰」駅 3号出口下車徒歩15分

混雑が予想されるので最寄の出口のご案内を臨時に変更する場合があります。

駅係員の誘導に従っていただくこともあります。

どのルートも少し歩きますが迷わずにたどり着けると思います。

ただ注意が必要なのは必ず入口から入るということ、逆走はできません。

間違って出口の方に行ってしまった場合は遠回りになってしまいますね。

スポンサードリンク


造幣局の桜の通り抜けの入口はどこから?出口は?

造幣局の桜の通り抜けの入口は、造幣局南門(天満橋側)。

京阪・地下鉄の「天満橋駅」から大川にむかうと、天満橋が見えてきます。

そこから橋を渡り、川沿いを北上します。

JRの場合ほぼ同じ時間を歩くことになりますが、「大阪天満宮駅」」から造幣局までの道はとても混んでいます。

おすすめは「大阪城北詰駅」になります。

京阪本線の高架下をまっすぐに進み、右側に川崎橋が見えてくるので、橋を渡ります。

渡り終わると入口があります。

どのルートにも案内板が設置されているので迷わずに辿り着けます。

出口は北門(桜宮橋側)。

・地下鉄谷町線「南森町」駅 徒歩15分。

・JR東西線「大阪天満宮」駅 徒歩15分。

・JR環状線「桜ノ宮」駅 徒歩15分。

入口から一方通行、距離にして約560メートルになります。

入口周辺には駐車場がありません。

造幣局の敷地内は飲食が禁止されています。

出口周辺には多くの屋台が並んでいます。

大阪らしく、たこ焼き、お好み焼き。

チョコバナナやクレープ。

金魚すくいや、ボールすくいなどがあり、お祭り気分が味わえます。

出口は非常に混雑しているため、北門出口までたどりつけない。

屋台を楽しみたい方は右側にある公園降り口からも出ることができます。

出口周辺の大川沿いには「毛馬桜ノ宮公園」もあり、足を延ばすのもいいですね。

また、周辺にはフレンチレストラン、カフェ、鉄板焼き、お好み焼き屋など、沢山のお店もあります。

桜を見てからランチを楽しむのもいいですね。

まとめ

開催日は遅咲きの品種が多いため大阪の満開日よりも少し遅くに設定されています。

開催日が決まるとニュースで発表になったり、造幣局のホームページで確認することもできます。

造幣局の通り抜けは一方通行、宴会はできません。

交通規制があるなどを注意しましょう。

約130種類以上ある桜の中からあなたのお気に入りがきっと見つかるはずです。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA