花粉症で目のかゆみの対策で誰でもできて効く方法はコレ!

kafunsyoumegakayui

花粉症の季節になると、目がかゆくなって困っていませんか?

目のかゆみって、本当に不快です。

目薬をさしたりいろいろな方法を試していると思います。

誰でも簡単に出来て目のかゆみに効く方法を紹介します。

スポンサードリンク


花粉症で目のかゆみを抑えるコツ

目がかゆいとどうしても目をこすってしまいがちですよね。

目をこすると、余計かゆみが強くなったりします。

こすり過ぎで角膜を傷めたりする原因にもなりますので、目をこするのは止めた方がいいです。

・目を冷やす

タオルを冷たい水で濡らして、目に当てると不思議とかゆみが収まります。

治るわけではないのですが、脳が錯覚を起こすことによってかゆみを抑えることができます。

・目薬をさす

目薬をさすことによって目のかゆみが緩和されることがあります。

注意しなくてはいけないのが、目薬には長期保存ができるように、防腐剤が含まれています。

その防腐剤がかゆみを起こす成分が含まれている場合があるので、防腐剤の入っていない目薬を買うようにしましょう。

冷蔵庫で冷やして使うと、よりかゆみを抑えることができます。

・メガネをする

マスク同様、目もメガネを使用することによって目に花粉を付けないようにすることができます。

普通のメガネであっても、しないよりは良いでしょう。

他に花粉症用のゴーグルメガネなども購入することができます。

目に花粉がつくことによってかゆみが起こるので、花粉を目につけないことが重要ですね。

花粉症で目がかゆい時の対処法

目がかゆい時はよく目を洗いますよね。

そこで、目の洗い方、洗う時の注意点を紹介します。

・目の洗い方

シャワーの時に洗い流すことがおすすめです。

シャワーの時だと、体中についた花粉も一緒に洗い流すことができるので良いですね。

シャワーを噴水状にして、お湯の頂点に顔を向けてまばたきすると、優しく洗うことができます。

水道水で洗うと塩素で目を傷める可能性もありますが、1日1回であればシャワーで洗うことをおすすめします。

・洗う時の注意点

ゴシゴシ洗いたくなると思いますが、ゴシゴシ洗うと目を傷つけてしまうこともあるので絶対にやめましょう。

市販の洗眼剤を使うこともあると思いますが、その時も注意が必要です。

この洗眼剤にも防腐剤が含まれている場合があります。

この防腐剤によってかゆみが増す場合もあるので、購入する時は防腐剤の入っていないものを使用するようにしましょう。

付属のキャップに入れて洗うことになりますが、使い終わった後は丁寧にキャップを洗うようにしましょう。

キャップには目に入った花粉などが大量に残ってしまいます。

キャップを洗わずにまた使うと花粉をまた目に付けているのと同じになるので注意しましょう。

スポンサードリンク


花粉症の目のかゆみに効果的なツボ

目のかゆみに効くツボはいくつかありますが、ツボを押す前に注意が必要です。

外出先から帰宅した場合などは、洋服、顔などに沢山の花粉が付いています。

その花粉を始めに落とすことが必要ですね。

花粉が手や顔に付いたままツボを押してしまっては、いくらツボを押しても効き目も少なくなってしまいますね。

ツボを温めることも重要です。

温めることによってツボを押した時の効果も高くなります。

・魚腰(ぎょよう)

眉毛の中央付近にあるツボになります。

中央からやや下あたりから押し上げるようにします。

・太陽(たいよう)

目尻と眉毛の中間にあるこめかみのくぼんだ所にあります。

口を開けた時などに少しへこむとこが太陽になります。

・清明(せいめい)

目頭と鼻の付け根の骨の間にあるツボです。

よく目が疲れるとつまんだりしますよね。

押し込むように刺激すると効果的です。

・承泣(しょうきゅう)

黒めの真下にあるあり、下まぶたの中央にあるツボになります。

下から押し上げるように刺激します。

目のツボは両目とも同じところにあるので、両方刺激すると良いですね。

まとめ

目を冷やしたり、目薬をさしたり、いろいろな方法がありましたね。

気をつけなくてはいけないのが、目をこすったり、防腐剤の含まれている目薬を使用することです。

花粉と上手に付き合っていくためにも、簡単に出来ることからやってみましょう。

外出先から帰宅した場合も花粉を落とすことを忘れずにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA