花粉症かも!耳のかゆみの対策は原因を知って対処しよう!

hanamizu
今までなんともなかったのに、突然耳の奥がかゆくなったりしたことありませんか?

もしかして、それは花粉症の症状かもしれません。

そんな耳のかゆみについて説明していきます。

スポンサードリンク


耳の奥がかゆい原因はもしかして・・・

耳、目、鼻、喉はすべて繋がっています。

鼻や口から入り込んだ花粉が耳の中に入りこんでしまってかゆみを起こすことがあります。

耳の中に入ってしまった花粉を取り除かないと耳のかゆみを抑えることが難しくなります。

花粉症が原因で耳がかゆくなってしまった時の特徴は、突然かゆみが起こること。

今までなんともなかったものが、ある日突然かゆくなってしまいます。

突然始まった耳のかゆみの原因は花粉症かもしれません。

かゆみが収まらない。

普通、耳がかゆくなると、耳が乾燥していたり、耳垢が原因の場合が多いです。

その場合は、耳垢を綺麗にして、耳を保湿することによって症状が収まります。

逆に耳垢を掃除しても、保湿してもかゆみが収まらない場合は花粉症かもしれません。

そう言った場合、耳鼻科を受診するようにしましょう。

耳鼻科の先生に見てもらうと、そのかゆみが、本当に花粉症が原因となっているのかはっきりとします。

原因が分かれば対処もできるのでおススメですね。

スポンサードリンク


耳がかゆい時の対処法

耳、目、鼻、喉は繋がっているので、まずは耳以外の場所の花粉を綺麗に落とすことが大切です。

目は目薬や洗うなどをします。

鼻は鼻洗浄などが市販で売られているのでそれを使用して綺麗にしましょう。

喉は外出先から帰宅したら、必ずうがいをするようにしましょう。

服に付いた花粉も綺麗に落とすようにしましょう。

落とす時に注意が必要なのは、玄関で落とすということです。

家の中で服を叩いたりすると、花粉が家中に舞ってしまいます。

耳のかゆみを抑えるために、無理に耳の奥に指を入れてしまってはいけません。

綿棒などで優しく擦るようにしましょう。

無理に綿棒を奥まで入れて、強く擦ってしまうと、耳の皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので注意しながら使用しましょう。

耳の中で出血してしまうと、不快感もあります。

また、感染症にかかってしまい、耳が聞こえなくなったり、中耳炎などを引き起こす場合があります。

中耳炎が悪化してしまうと、場合によっては発熱を伴ったりするので注意しましょう。

花粉症で耳がかゆい時の薬は

目や鼻と違って耳がかゆくなってしまうと、どうにもならないのが現実です。

目がかゆい場合はメガネをかけたり、目薬をさしたりして予防ができます。

鼻の場合は鼻洗浄をしたり、マスクをして花粉が付着するのを防ぐことができますよね。

ただ、耳の場合は耳栓をするわけにもいかないのでかゆみを我慢することは難しいです。

まず、耳鼻科に行ってアレルギーの薬を処方してもらいましょう。

薬を飲むことによって、やっとかゆみの症状は抑えることができます。

耳鼻科を受診せずに耳を掻きむしってしまって、炎症が起きてしまうと、その治療も行わなくてはいけませんのでご注意を。

どうしても、すぐに耳鼻科を受診出来ない場合は、試しに市販の花粉症用の薬を服用してみるのも1つ。

薬を服用することによって、かゆみの症状がすぐに良くなるわけでもありませんが、同時に耳を冷やしたりしてみましょう。

また、鼻と耳は繋がっているので、鼻洗浄をすると楽になるという人もいます。

何より大事なことは花粉から身を守ることです。

外出時にはマスクをして、口から入り込む花粉を防ぎましょう。

洋服に付いた花粉を落とすことも大事ですが、花粉の季節は洗濯物を家の中で干すようにしましょう。

せっかく綺麗に洗濯されていても、外に干してしまうと、花粉が服に付いてしまいます。

薬以外にも対処できることも多くあるので、試してみましょう。

まとめ

花粉症で耳がかゆくなる人は案外多くいます。

耳の中なので、かゆく爪で掻いたりすると、耳が傷つく恐れがあるので注意が必要です。

なるたけ耳鼻科を受診して、かゆみの原因を探るようにしましょう。

突然かゆみが起こった場合は、花粉の季節は過ぎるとウソのようにかゆみがなくなる場合もあります。

対策をきちんとして、花粉から身を守るようにしましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA