花粉症の症状の目のかゆみで悩んでいる方に朗報です!

kafunsyoumegakayui

花粉症の人の実に90%以上が抱える目のかゆみや不快感。

目にこうした症状が出るのはなぜでしょうか?

花粉の時期を快適に乗り越えるためにも、目のかゆみの原因を知っておきましょう。

その上で、ここでは、目に優しい方法で目のかゆみに速攻性のある対策方法を紹介しています。

市販薬と処方薬のメリット・デメリットを見ていきましょう。

また、点眼や洗眼をする場合のアドバイスを載せています。

これらを踏まえて、早めに手を打つ事がつらい花粉症時期の緩和に役立ちます。

スポンサードリンク


花粉症の目のかゆみの原因は?

花粉症で目がかゆくなったり、目が充血したり、涙がよく出たり、目ヤニが増えたり特に花粉の多い時期にはデリケートな目にトラブルが現れやすくなります。

これは、花粉が目に入ることによってヒスタミン値が上昇し、血管や神経が刺激される事で、痛みやかゆみとなって炎症が起こるためです。

しかし、以下の症状の場合は、花粉症と似たような症状ですが原因や対応が異なります。

①コンタクトレンズのトラブル

この時期は、花粉がコンタクトレンズに付着しやすく目にトラブルが生じるケースが増えます。

目に負担が掛からないように、メガネに変える事で緩和出来る場合もあります。

②ドライアイ

冷房やパソコン作業のため涙が乾燥して、かゆみなどの症状を誘発します。

この場合は、点眼や意識的な瞬きを心掛けましょう。

また、パソコンを使う人の場合は、1時間おきに10分の休憩を取るなど目を労わってあげましょう。

③春季カタル

アレルギー性の結膜炎が原因で、目のかゆみやまぶた裏にブツブツが出来るなどの症状が現れます。

眼科の検診と抗アレルギーまたはステロイドの点眼などの治療が求められます。

花粉症の目のかゆみを抑えるには

目のかゆみは花粉の付着が原因となるので、花粉を洗い流してしまう事は有効な手段と言えます。

ただ、水道水やシャワーの水またはお湯をそのまま目に入れる事は、刺激が強く目にダメージを与えてしまい良くありません。

また、アイメイクをしている場合、洗眼と同時にアイメイクが目の中に入って炎症の原因となってしまう事もあります。

洗眼をする場合は、涙成分と似た成分で作られている洗顔液を使って洗いましょう。

また、アイメイクなどが目の中に入ってしまわないように、メイクを落としてから洗う様にしましょう。

お勧めなのは、洗眼液ではなく、洗面器に生理食塩水を張って目を洗う事です。

洗眼液などは防腐剤が入っているため、目に大切な成分まで洗い流してしまって、ドライアイの原因になってしまいます。

どうしても洗眼液を使いたい場合は、涙成分に近い塩化ナトリウム・塩化カリウムなどの成分を重視した薬を薬剤師に相談してみる事が出来るでしょう。

もっと目に優しく即効性のある対処方法には、冷却があります。

炎症を抑えるために、瞳を閉じて目を休ませたり、冷やしたタオルをまぶたの上に置くだけで目を労わる事が出来、かゆみの元を一時的に止める事が出来ます。

スポンサードリンク


花粉症の目のかゆみに効く薬は?

花粉症の薬には内服薬・点眼薬・点鼻薬などがあります。

目のかゆみには点眼薬が有効で、眼科で処方してもらう方法と薬局で購入する方法があります。

気を付けておきたいポイントは、各症状に合わせた薬を使用する事です。

症状に合わせた薬を入手するためには、眼科に行く事をお勧めしますが、仕事の都合や小さい子供がいると難しくさせる点もありますよね。

また、眼科の薬は市販薬より消費期限が短く、数週間置きに薬をもらう必要があるので通院頻度が多くなるというケースは避けられません。

それに対して、市販薬は入手しやすく時間の手間は省けますが、病院の薬に比べると余分な成分・防腐剤が加えられているため、長期的に見て目には負担が多いと言えます。

また、効き目という面からみると、病院の薬はよく効きますが、眠気が強く出るものもあり、頻繁に目薬をささなければならないといった手間が必要です。

それに対して、市販の目薬は眠気や口の渇きといった副作用は出難いものの、症状にぴったり合うものを選ぶにはリサーチが求められるかも知れません。(私もいろいろ読んで頭が混乱しました)

何事にもメリット・デメリットは付き物ですが、忙しい現代人には眼科に一度行って診断を仰ぎ、市販薬で成分のよく似たものを探すというのも一つの方法かもしれません。

まとめ

花粉の時期は想像以上に長く、慢性的な疲れを感じる人も多いのではないでしょうか?

最初は花粉症だけだと思っていても、ウィルス性の他の病気を引き起こすきっかけになってしまう事もよくあります。

また、目がかゆくなったり、充血するといった症状は集中力の妨げにもなりますし、車の運転にも支障を来します。

少しでも早く症状を緩和して、改善していくためには安易な自己診断よりも、まずは専門家の指導を仰ぐことをお勧めします。

加えて普段の生活習慣の改善を図って、体の免疫力を上げる事にも忘れずに力を注いでくださいね。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA