花粉症の症状は頭痛や咳もでる?風邪と間違えないためには

hanamizu kafunn
くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなど。

花粉症の症状には特有の症状があります。

ただしそれ以外にも頭痛や咳などの症状に悩んでいる方も多いとか。

花粉症のしくみや症状の重さなどからその原因を考えていきましょう。

スポンサードリンク


花粉症の症状の頭痛と喉の痛みの原因は?

鼻は頭部の真ん中付近にあり、大切な「呼吸」と「においを嗅ぐ」役割の器官です。

鼻には吸いこんだ空気を加温・加湿し、有害なものや細菌などを防御する働きがあります。

花粉症とは、鼻を空気と共に花粉が通ることによっておこるアレルギー反応のこと。

鼻水はアレルゲンである花粉を体外に出そうとする働きです。

また鼻づまりはアレルギー反応のため鼻粘膜が腫れて空気の通りが悪くなるために起こる症状。

鼻づまりによってからだに取り入れる酸素量が不足すると脳に酸素不足の状態がおこり、それが頭痛や頭が重いという症状を引き起こすと考えられます。

喉の痛みも同じように鼻づまりによる酸素不足から口呼吸になり、加温や加湿されないままの冷たい乾いた空気が直接喉を刺激することでおこるそう。

つまり、頭痛も喉の痛みもその原因は鼻づまりだと考えられます。

花粉症の頭痛と咳のしくみは?

花粉症で他にも多く聞かれるのが咳が出るという症状。

こちらも鼻づまりと深い関係があり、いくつかの原因が考えられます。

まず一つ目は、鼻づまりによる口呼吸で花粉を含んだ空気が直接喉に触れて、喉粘膜がアレルギー反応を起こすこと。

次に口呼吸によって、唾液の分泌が減ってしまい、喉が乾燥して咳込むことがあります。

睡眠中の咳はこれに当てはまりますね。

それからもうひとつ。

「後鼻漏」という症状も咳の原因と考えられます。

後鼻漏とは鼻粘膜が花粉という異物を体外に追い出そうと鼻水が出る際、その量の多さから鼻だけでなく喉の方に流れ込むことを言います。

鼻水が喉に流れ込むと痰が絡み、それが咳の原因となるわけです。

花粉症による咳はどれか一つが原因というわけでなく、以上のようなことが同時に起こることで出る症状です。

頭痛や喉の痛み、咳など、風邪かなと戸惑う方も多いはずですね。

スポンサードリンク


花粉症で咳と痰と頭痛があるときは他の病気も考えられる?

花粉症は鼻水や鼻づまり、頭痛や咳、痰などの多様な症状が出ます。

ただし、花粉症だと思い見過ごされがちな他の病気もあるので、気をつけたいところです。

たとえば花粉症の鼻水は透明でサラサラしていますが、黄色くどろっとした鼻水が長い期間続く場合は副鼻腔炎が疑われます。

頭痛や痰など他の症状は花粉症と似ているのでつい見過ごしがちです。

また花粉症で咳が出る場合、空咳で痰が絡まないことが多いですが、痰の絡んだ湿った咳が止まらない場合、ウイルスや細菌感染が原因の気管支炎や肺炎のことも。

こんな症状があったらなるべく早く専門医を受診しましょう。

特に頭痛が長く続いたり、吐き気をともなう場合は自己判断せずに病院へ。

他の病気の可能性を疑ってみてください。

まとめ

花粉症と風邪はよく似た症状なので、戸惑うことも多いもの。

花粉症かどうか見分けるコツは、目のかゆみがあるか、お天気の良い日に症状が悪化するか。

風邪とは飲む薬も治療法も異なります。

快適に過ごすためにも、正しい見極めが大切です。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA