小学校の運動会のお弁当のおかずで簡単に量が作れるのは?

kouraku benntou
小学校の運動会、子供たちが楽しみにしているのは運動会の種目だけではなく、お母さんの作るお弁当です。

しかしお母さんにとっては悩みのタネ。

何を作ればいいのか、どのくらいの量を作ればいいのか。

がんばる子供に、おいしく喜んで食べてほしい。

子供にとっても親にとっても大切な思い出の日になる運動会です。

だからこそ、失敗はしたくないですよね!

そこで今回は、小学校の運動会のお弁当のおかずについてまとめてみました。

スポンサードリンク


運動会のお弁当のおかずの定番【小学生版】

定番のおかずは子供たちが大好きなものでいっぱいです。

まずは運動会のおかずの定番を頭に入れておきましょう。

でも、定番のおかずってなんでしょうか?

なんといっても卵焼き

やはり一番は卵焼きでしょう。

子供たちみんなの大好物です。

お弁当箱の中では、卵焼きとおにぎりが並んでいると見た目も良いですよね。

見た目だけではなく、味の相性もおにぎりとはベストパートナーと言えるでしょう。

まさにお弁当の王道おかず!

運動会のお弁当にはかかせません。

そして、とにかくうれしいウインナー

ウインナーがお弁当に入っているとうれしいですよね。

赤いウインナーはお弁当をあざやかに彩ります。

そして、特にうれしいのはタコさんウインナー。

タコさんウインナーは愛情度も高い感じがしますね。

それからやっぱりみんなが大好きなからあげ

からあげも子供が喜ぶ定番のおかずですね!

特に男の子はうれしい一品です。

これも運動会のお弁当にかかせません。

いかがでしょうか?

定番のおかずを見ていると、自分が子供だった頃を思い出しますよね。

スポンサードリンク


運動会のお弁当のおかずで簡単で量が作れて変わったものは?

お弁当のおかずを作るのは大変ですよね。

早起きをして、手間をかけて作らなければなりません。

それに小学生、特に男の子はどんどん食べる量が増えています。

そして、できれば少し変わったものも作ってあげたいですよね!

簡単で、量が作れて、ちょっと変わったお弁当のおかずってなんでしょうか?

おすすめなのが、これ。

【パスタソースで作る、簡単ポテト】

作り方は簡単、柔らかく茹でたポテトを潰して、お好みのパスタソースと牛乳を混ぜ込むだけです。

市販のパスタソース1つに対して、ポテト大を4つ、牛乳が20ccになります。

これで4人分の量になります。

運動で消費したエネルギーを補うには炭水化物が必要ですが、簡単ポテトでおいしくエネルギー補給ができます。

前日に作って置いておける所も高ポイントです!

簡単でおいしいですので、ぜひ作ってみてくださいね。

さて、ほかのおかずも前日に準備できてしまえば、楽ですよね!

次はお弁当のおかずで前日にできることについてまとめてみました。

運動会のお弁当のおかずで前日にできることは?

運動会当日のいそがしい朝、とっても大変です。

できるだけお弁当作りは前日に済ませておきたいですよね。

痛みやすい卵焼きは当日に作るとしても、前日に準備できてしまうものはできるだけ前日に済ませてしまいましょう。

前日に準備ができるものといえば、やはり煮物がベストです。

前日に作っておいたほうが味がしみておいしくなりますからね。

それから茹で野菜、前日に茹でておけば当日の手間がはぶけます。

お弁当を彩るミニトマトなども、ヘタを取って冷蔵庫に入れておきましょう。

からあげも前日に作っておいて冷蔵庫へ、当日は温めればオーケーです。

そして時間のかかるおにぎり、これも傷みやすいので当日にしか作れません。

炊飯器はタイマーで予約をしておきましょう。

100円ショップで売っている型などを使い、できるだけ簡単に作りましょう。

当日に疲れてしまうと子供の応援もできなくなってしまいます。

できるだけ当日の負担をへらすことで、余裕を持って運動会というビッグイベントを家族で楽しむことができます。

子供だってお母さんが元気に応援してくれるのが一番ですからね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

お弁当の定番のおかずや、コツなどを見てきました。

運動会のお弁当は子供はもちろん、お母さんもお父さんも、じいじもばあばもみんなの楽しい思い出の味になるものです。

みんなが大好きなものをおいしく、簡単に作るのが一番のコツですね。

運動会の写真にも写ったりするので、彩りも大切です。

とにかく、運動会のお弁当のおかずさえマスターしてしまえばもう怖いものなしです。

ぜひ、楽しくおいしい運動会の思い出を作ってあげてください。

スポンサードリンク


コメントを残す




CAPTCHA