夏の海では髪が紫外線で乾燥してしまう!紫外線対策にトリートメントを上手に使ってサラサラに!

夏になると外に行く機会も増えて楽しいレジャーもたくさん!

でもそんななか、髪の毛が傷んでバシバシに乾燥していてお悩みの方も多くいると思います。

せっかくの楽しい時間を、髪の毛の傷みが気になってそれどころじゃなくなるなんて嫌ですよね。

そこで今回は、夏の髪の毛の傷む原因と対策についてお話を進めてまいりましょう!

夏の海では髪は傷みやすい?

夏といえば、気温が暑いだけでなく、日差しも強い日が多く、年間を通して紫外線の量が一番多くなると言われています。

このことから、皆さんはお肌に対する紫外線対策やケアを入念にされていると思います。

しかし、髪の毛に対する対策やケアはできていますか?

実は、紫外線は肌だけでなく髪の毛や頭皮にも悪影響を与えているんです!

紫外線を浴びることで、髪の毛のキューティクルが剥がれやすくなり、頭皮もダメージを受けるので、健康な髪の毛が生えにくく傷みやすい環境になってしまうのです。

紫外線は髪の毛にとっても大敵になるんですね。

紫外線で髪が乾燥してしまう!

髪の毛はほぼタンパク質でできています。

そこに直接紫外線が当たり、しかも夏場は冬の3倍だと言われている紫外線の量ですから、髪の毛の受けるダメージは多大なものとなるでしょう。

紫外線を浴びた髪の毛は、キューティクルが剥がれ水分が奪われてしまい、結合していたタンパク質のアミノ酸システインがバラバラに分解されて歪みが生まれます。

したがって、髪の毛の乾燥や傷み、枝毛などにつながっていくのです。

他に、夏に髪の毛が傷む原因として、海に行く機会が増え髪の毛を海水につけてしまうことや、冷房の風に長時間当たってしまうことなども髪の毛の乾燥につながり傷んでしまうことがあげられています。

髪の紫外線対策にトリートメントを上手に使ってサラサラに!

では、そんな夏場の髪の毛にどんな紫外線対策をすればいいのでしょうか。

おすすめなのは、洗わないトリートメントを使う方法です。

まず、皮脂のたまった頭皮、髪の毛をよく洗ってあげましょう。

そのあとタオルドライをしてから洗い流さないトリートメントを髪の毛全体につけます。

最後にドライヤーで乾かしてあげましょう。

ドライヤーをする前にトリートメントをすることで、紫外線で傷んで弱ってしまった髪の毛を熱風から守ってくれ、さらにトリートメント効果で髪の毛がサラサラになりますよ。

また、ドライヤーをかけることもポイントで、開いてしまったキューティクルを閉じてあげるために必要となります。

ドライヤーをかけるときは、頭から20cmほど離して根元から乾かしていきましょう。

同じ部分に熱風を当てすぎないように、ドライヤーを動かしてあげながらやりましょう。

できるだけ早く乾かしてあげることもポイントですよ。

まとめ

いかがでしたか?

夏は紫外線だけでなく、海水や冷房も原因となって髪の毛が傷みやすい環境下にあることがわかりましたね。

きちんと対策とケアをしてあげましょうね!

紫外線で目が日焼けで痛いときの対処の仕方は?目を守る方法は?

春や夏、ポカポカ陽気で外出する機会も多くなりますが、紫外線が気になる季節でもありますね。

皆さんは日焼け対策をしっかりされていますか?

顔や腕などの体に対する日焼け対策は入念にしているけど、それだけで大丈夫でしょうか・・・?

実は肌だけでなく、目も日焼けしてしまうんです!

今回は、目の日焼けについて詳しくお話していきましょう!

「紫外線で目が日焼けで痛いときの対処の仕方は?目を守る方法は?」の続きを読む…

紫外線で顔が痛くてヒリヒリして赤みがあるときに化粧水をつけてもいいの?

紫外線でダメージを受けてしまった顔がヒリヒリして痛むとき、皆さんはどんなケアを行っていますか?

ヒリヒリするし赤みもあるし、どうすればいいかわからず化粧水をつけている方も多いのではないでしょうか。

今回は、紫外線で顔が痛いときのケアの仕方を中心にお話を進めてまいりましょう。

「紫外線で顔が痛くてヒリヒリして赤みがあるときに化粧水をつけてもいいの?」の続きを読む…