のしに名前なしの場合は失礼なの?実際のマナーはどういう風にすればいいの?


お中元やお歳暮、お祝い事、お見舞いなどで、お世話になった人や親しい人への贈り物をするとき、のしを付けて贈ることがほとんどです。

のしのマナーが良くわからないので、お店の人にまかせきりになることも多いと思います。

のしのマナーとはどういうものなのでしょうか。

スポンサーリンク



のしに名前なしでもいい?

のし(熨斗)とは、正式にはのし袋やのし紙の右上についている、色紙を折った六角形のものを指します。

のし紙に表書きや名入れをする目的は、贈る相手に中身(目的)と贈り主を伝えることです。

のし紙の上段中央に表書き、下段に贈り主の名前を書きます。

名入れは、一般的なお祝いなら苗字のみ、内祝いであれば子供の名前、連名の場合は右から順に地位や年齢順、五十音順で記入します。

名前の書き方は、苗字だけでもいいですが、フルネームで記入したほうがより親切です。

デパートなどで贈り物を購入するときには、贈り物の目的や、表書きや名入れの有無について確認されるかと思います。

目的に応じて、のし紙や表書きは決めることができますが、名入れについては迷う人もいるでしょう。

名入れは、しないこと事態はマナー違反ではありません。

ですが、贈り物をいただく側からすると、誰からの贈り物かがわからないのは、あまり気持ちのいいものではありませんので、相応の配慮が必要です。

そのため、家族や友人などの親しい間柄であったり、直接手渡しをする場合には、名入れが無くとも構わないでしょうが、そうでない場合には、名入れをしたほうが良いといえます。

のしの名前なしは失礼なの?

のしに名入れしないことがマナー違反ではないということは前述のとおりです。

そのため、名入れしていないからといって、それが失礼かというと、そうではありません。

贈り物をしたいと思っても、大袈裟にしたくない場合もあるでしょう。

直接手渡しをする場合には、「いつもお世話になっています。心ばかりですが。」というように、相手を気遣った一言を添えて自分の気持ちを伝えることで、丁寧な、良い印象になります。

一方で、直接手渡しができない場合もあります。

この場合は、やはりのし紙には名入れを入れないと失礼に思われる可能性があります。

贈り主がある程度想定できる場合には、「名前がないと誰からかわからない。」と思われますし、贈り物自体に不信感を持ってしまう可能性もあります。

そして、贈り物を受け取った側からすると、せっかく贈り物をいただいて、お礼をしたいのに相手が誰だかわからない、はっきりしない、というのは気持ちが悪いものです。

失礼かどうか、というよりも、相手がどう感じるかという観点で、贈り方や目的、相手がどういう方か、ということを考えた上で名入れの有無を決めるとよいでしょう。

のしの名前のマナーはどういうものなの?

贈り物には、お歳暮やお中元などの季節の贈り物のほか、お祝い、内祝い、お見舞いなど、その目的は様々です。

のし紙を掛けるときに、目的にあったのし紙をつかわないと失礼になるので気をつけましょう。

お祝い事でも、お中元やお歳暮など、何度でも繰り返したいという願いをこめる場合、結婚のように固い絆を願う場合、お見舞いなど重ねて起きて欲しくない場合、というように、それぞれ込める願いによって水引の使い分けがあります。

また、二度と繰り返したくないお悔やみごとに関しては、のし(熨斗)は使わず、水引は黒白で結びきりとします。

表書きはそれぞれの目的に応じて書きますが、名入れの有無については、相手がどう思うかを考えて、迷う場合は書き入れるようにしましょう。

名入れをする場合は、のし紙の下段中央に、表書きよりも少し小さく、書くときには黒墨(お悔やみごとは薄墨)の毛筆を使用するのが正式とされていますが、最近では筆ペンやサインペンも使用されています。

ただし、ボールペンの使用は好ましくありません。

楷書で丁寧に書くことが望ましく、重要な贈り物や目上の人に対しては毛筆や筆ペンで書くことが礼儀です。

お祝い事の場合で個人の場合は苗字だけでもいいのですが、出産の内祝いなら生まれた子供の名前を書く事が多いです。

いずれも、相手に配慮し、礼を欠かないように贈り主が誰であるのかを伝えることが大切です。

まとめ

のし紙への名入れは、贈り主が誰であるのかを伝えることが目的です。

失礼に当たるかどうかは、あくまで相手次第です。

贈り物をもらったとき、少し意識してのし紙をみてみると、よい勉強になります。

心を込めて、相手のことを考えて、よりよい関係が継続できるように、贈り物をしていきたいものですね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA