祝電のお返しで取引先に送る場合の相場は?先にメールで伝えた方がいい?

仕事上の取引先にお祝い事があると、祝電を送ることがあり、また祝電をいただくこともあります。

祝電をもらったときは、やはりお礼をする必要があります。

お礼の仕方はどのようにするのがよいのでしょうか。

スポンサーリンク



祝電のお返しで取引先にはどうしたらいい?

会社や事業などでのお祝い事というと、就任や昇進、開業や新店舗の開店、工場の開設などがあります。

祝電が送られる時期としては、株主総会の時期が特に多く利用されていますが、そのようなとき、取引会社から胡蝶蘭などのお花とともに祝電を送ることが一般的です。

就任や昇進の場合は、お返しは原則不要ですが、今後の付き合いを考えてお返しをしたいということであれば、お返しをしても良いでしょう。

開業や新店舗の開店、工場の開設の場合は、開業・開店祝などとしてお披露目会などを行うことがあります。

この場合、お披露目会などでのおもてなしがお返しとなり、それ以上のお返しは不要になります。

お披露目会などを行わない場合には、お礼状とともに、いただいた品物の約半分程度の予算でカタログギフトやタオルセットなどでお返しをします。

お祝いをいただいたときには、何らかの形で感謝の気持ちを表すのがマナーです。

どのような理由で、どのようなお祝いをいただいたのかによって、お返しの仕方は異なりますので、その状況次第でどのように返礼するかを決めなければなりませんが、最低限、お礼状だけでも贈るようにしましょう。

祝電のお返しの相場はいくらぐらい?

祝電のお返しの相場は、いただいた品物の半分程度の予算で考えましょう。

お返しの品物としては、カタログギフトやタオルセット、文房具等の消耗品セット、飲食品のセットなどが良いでしょう。

お返しに商品券でもよいですが、現金はNGです。

また、前述のようなお披露目会でおもてなしをする場合、予算としては1一人当たり1000円から3000円で考えましょう。

おもてなしをすること自体がお返しとなりますが、プチギフトのような引き出物も考えている場合には、会社の優待券やタオル、ボールペンなどとして、お返しをもらった側にあまり気を使わせない内容とするよう配慮しましょう。

就任や昇進の場合、お返しは原則不要ではありますが、お返しをするといった場合も考え方は同じで、いただいた品物の約半分程度で考えます。

なお、祝電のみでお祝い品をいただかない場合には、返礼品は不要ですので、取引先へはお礼状を送るようにしましょう。

上記のようなお祝い事においては、複数の取引先から祝電をいただくことになるでしょう。

お礼状や返礼品を用意するにあたって、準備をスムーズにするために、取引先と頂き物のリストを作っておくと便利です。

祝電のお返しをすることをメールで先に伝えた方がいい?

祝電をいただいて、感謝の気持ちをつたえるタイミングは、遅すぎても早すぎても失礼になります。

お返しの時期としては、お披露目会でのおもてなしをお返しとする場合は、お披露目会当日に、お礼状とお返しをする場合は開業や回転の1~2週間後が適しています。

お披露目会を行う場合、取引先にその案内を出すかと思います。

その案内を出す前にお祝いをいただいている場合には、案内状を渡すときにでもお礼の一言添えるとよいでしょう。

案内をメールで出す場合には、お祝いに対する感謝の気持ちをメールの冒頭に加えるようにしましょう。

直接会ってお礼を言えない場合には、お返しの品にお礼状を添えて贈ります。

お礼状には、お祝いに対する感謝の気持ちや、これからのお付き合いをお願いする文章を入れるかと思いますので、この場合には事前にメールでお返しをすることを伝える必要はありません。

ただ、用意に時間がかかってしまい、お礼のタイミングを逃してしまう可能性がある場合には、取り急ぎ、という形で、電話やメール等で感謝の気持ちを伝え、後日お礼をさせていただく旨を伝えると良いでしょう。

まとめ

祝電のお返しの相場は、いただいたお祝いの品の半額程度を予算として考えます。

お披露目会を開く場合はおもてなしで、そうでない場合はお礼状を添えた返礼品を贈ります。

お礼をするにあたって、事前にメールをするべきかどうかは、その時々の状況で判断するようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA