ジャケットの袖が長いときの応急処置で裏地やボタンの位置はどうしたらいい?

新品のジャケットを着てみたら袖丈が長過ぎた・・なんて事になったらショックですよね。

ネット通販で買ったり試着せずに買ったりした場合などに起こり得るリスクですね。

ここでは、その様な状況の時に簡単に試せる応急処置を紹介します。

スポンサーリンク



ジャケットの袖が長い時の応急処置は?

ジャケットの袖丈が長くても、気にならない人も多いかもしれません。

しかし、フォーマルな場ではそうもいっていられません。

袖丈が長過ぎるだけで着こなしが台無しになってしまい、格式高い場に相応しくなくなってしまうからです。

だからといって、新しくジャケットを新調するだけの時間や金銭の余裕が無い時もありますよね。

そんな時に役に立つのが、応急処置です。

丁寧に行えば、応急処置とはいえ綺麗に仕上がりますよ。

主な方法は2つです。

1つは、袖口を解いて切って短くする方法です。

詳しいやり方は後述しますが、裁縫が得意な方にオススメの方法です。

もう1つは、裾直し用のテープを袖に使う方法です。

まずは、袖を裏返して長さを決めます。

次に、決めた長さの所にアイロンで折り目を付けます。

そして、袖を元に戻してからテープを貼ります。

そこにアイロンを掛ければ完成です。

上記のやり方はあくまで1例なので、実際にやる時は説明書をよく読んでからにしてくださいね。

ジャケットの袖の裏地は?

袖口を解いて切って短くする方法を、詳しく説明していきます。

先ずは、袖口を解きます。

次に、ここまで短くしたいという長さから+5cm程を残して切ります。

ここで、後で縫いやすい様に表地と裏地にアイロンをかけておきます。

裏地にキセを5mm程かけます。

キセとは、縫い合わせを縫い目通りに割ったりするのではなく、数mmの余裕を持たせて折り目を付けて開く事を指す和裁用語です。

裏地を気持ち大きめに裁断して余裕を持たせる時にも使われます。

そして最後に、まつり縫いをして完成です。

まつり縫いとは、主に裾や袖に使われる縫い目が表から目立たない縫い方です。

たてまつり縫いと流しまつり縫いの2種類があります。

ここでは、一般的に使われる流しまつり縫いの手順を説明します。

①袖の端を三つ折りにします。(裾上げと同じ要領です。)

②三つ折りにして出来た縫い代の裏から表に針を通します。

ここで表布に通さない様に注意しましょう。

③5mm程先の表布の織り糸を1・2本すくいます。

あまり多くすくうと表から目立ってしまうので、多くすくい過ぎないのがコツです。

④③の状態のまま、縫い代の裏から針を通します。

③と④の作業を端から端まで繰り返して完成です。

スポンサーリンク



ジャケットの袖のボタンの位置は?

ジャケットの袖から覗くシャツの長さは、ハーフインチ=1.3cm程度が良いと言われています。

この長さにする為に長過ぎる袖丈を短くするのは良いのですが、袖丈を短くした事によってボタンとのバランスが悪くなってしまう事もあります。

その様な場合の応急処置は、ボタンの付け替えです。

バランスを考えて自分で付け替えてみましょう。

(プロに頼む事も出来ますので、裁縫に自信の無い方はそちらを利用しましょう。)

ジャケットのボタンは飾りボタンの場合が多いので、バランスが取れる位置に付け替えれば問題はありません。

もし付け替えが出来ないタイプのボタンの場合は、袖丈を短くするのではなく肩丈を詰める事で袖丈を短くするのが一般的です。

それは素人には難しいので、プロに頼む事になります。

料金はピンからキリまでありますが、2000~6000円が目安です。

余談ですが、袖が少しだけ長い場合はボタンを2・3cm内側に付け替えるだけで対応出来ます。

まとめ

簡単に出来る応急処置を紹介しましたが、時間と金銭に余裕があるのなら最初からプロに頼む事をオススメします。

そのほうがやっぱり仕上がりがきれいになりますから。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA