白髪を抜くと気持ちいいけど自分でやってもいいの?白髪抜きのサービスもあるの?

白髪を見付けると、つい気になって抜いてしまう・・という人は多いと思います。

抜いて無くしてしまうと見た目がすっきりしますから、良い様に思えますよね。

ですが、白髪を抜くのは本当に良いのでしょうか?

スポンサーリンク



白髪を抜くと気持ちいい?

先ずは、白髪になるメカニズムの一例を説明します。

実は、私達の髪の毛は元々は白髪です。

毛母細胞で髪の毛が作り出される時に、メラノサイトという色素細胞の働きで生まれるメラニン色素によって黒や茶色になっているのです。

白髪の主な原因は、欠失型と休止型に分けられています。

欠失型とは、メラノサイトがメラニン色素を作り出せなかった状態です。

休止型とは、毛母細胞のシステムに異常が起こりメラニン色素を受け入れられない状態です。

他にも、過度のストレス・栄養や睡眠の不足・血行不良・加齢など、白髪には様々な原因があります。

なので、生活習慣を見直したり頭皮マッサージやヘッドスパなどを行う事で改善していきますが、もう出来てしまった白髪は気になりますよね。

この時、抜いてしまうのは実は良くありません。

髪の毛を抜くと、頭皮や毛穴が傷付いてしまうからです。

頭皮や毛穴が傷付くと、健康的な髪の毛を生み出せなくなってしまう可能性があります。

髪の毛を綺麗にしようと白髪を抜いて、それが綺麗な髪の毛を遠ざけているのでは本末転倒ですよね。

白髪を抜くのに自分でやってもいいの?

数本程度の白髪なら、抜いてしまっても大したダメージにはなりません。

それでも抜くのはおすすめ出来ませんが、繰り返し抜くのは絶対に止めておきましょう。

毛穴の炎症や薄毛などの原因になり兼ねません。

おすすめの対処法は、根元から切る事です。

これなら頭皮や毛穴を傷付ける事はありませんし、見た目も綺麗になります。

後頭部は自分では見えないので、誰かに頼んだり三面鏡を上手く利用したりしましょう。

ただ、白髪は黒髪より直径が太かったり硬かったりする場合が多いので、少し伸びてくるとピンっと立ってしまう事もあります。

抜くにしても切るにしても綺麗になるのは一時的ですから、それをしつつ根本原因を改善する努力をしましょう。

若白髪の場合は、睡眠不足や喫煙など、思い当たる事があると思います。

加齢が原因の場合や白髪の量があまりに多い時には、白髪染めがおすすめです。

部分染めにしたりトリートメントを追加したり、出来るだけ髪の毛や頭皮を傷めない様に工夫して利用しましょう。

スポンサーリンク



白髪抜きのサービスがあるの知ってる?

どうしても白髪を抜いて処理したいという方は、白髪抜きのサービスを利用するのをおすすめします。

美容院でやってもらえる場合もありますし専門店もありますので、気になる方は検索してみてくださいね。

料金はピンからキリまでありますので、それも合わせて調べてみてください。

(因みに私は、10分1000円~というのを見掛けました。)

代金や店まで行く手間は掛かりますが、痛みも無くスッと抜いてくれるそうなので、素人が適当に抜くより頭皮や毛穴へのダメージは抑えられそうですね。

ここからは余談になりますが、若白髪の原因は栄養不足である事が多いそうです。

白髪対策には、たんぱく質・ミネラル・ビタミンが特に重要な栄養素です。

たんぱく質は髪の毛や頭皮を生成してくれますし、ミネラルやビタミンは髪の毛の成長や毛母細胞の分裂に大きく関わってきます。

<たんぱく質のおすすめ食材>

大豆・卵・牛乳・牛肉・豚肉・鶏肉など

<ミネラルのおすすめ食材>

●亜鉛:牡蠣・蟹・レバー・煮干し・するめ・アーモンドなど

●ヨウ素;昆布・わかめ・海苔など

●鉄:胡麻・浅蜊・グリンピース・小麦胚芽など

●銅:落花生・烏賊・牛肝臓など

ビタミンは、特にビタミンB12と葉酸が重要です。

ビタミンB12は、魚類や貝類には種類を問わず比較的多く含有されています。

葉酸は雲丹やレバーなどに含有されていますが、含有する動植物が少ないのでサプリで補うのもおすすめです。

如何でしたか?

生活習慣を見直したり、プロの力を借りたり・・上手く白髪の対策をしていきましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA