白髪染めとおしゃれ染めは混ぜるのはあり?おしゃれ染めでも染まるの?カラーを明るい色にするならどうすればいい?

白髪染めを使用したことがなくて現在はオシャレ染めをしているという方で、白髪にお悩みの方はたくさんいらっしゃると思います。

このままオシャレ染めで対応していけるのか?

それとも白髪染めとオシャレ染めを混ぜて使用したらいいんじゃないのか?

など、色々疑問が思い浮かびますよね。

そんな方に、今回は詳しく解説してまいります!!

スポンサーリンク



白髪染めとおしゃれ染めを混ぜるのはOKなの?

白髪染めとオシャレ染め、混ぜ合わせて使っても問題ないのでしょうか?

ズバリ、美容院ではさまざまなカラーリングの薬剤を混ぜ合わせて使用しており、実は白髪染めとオシャレ染めという区別もなく、薬剤として取り扱っています。

「白髪を染めるにはこの色!」といった認識程度で使用されているため、専門職である美容師さんが調合し使用しているんですね。

したがって、混ぜること自体は問題ありません。

しかし、美容師ではない私たちが白髪染めとオシャレ染めを混ぜるとなると・・・おすすめはできません。

白髪染めやオシャレ染めとして市販で売られている商品は、そもそも調合が済んでいるもの。

それをさらに混ぜ合わせる必要もありませんし、想定していた髪色が作れず失敗するリスクも高まります。

加えて、混ぜ合わせることを予想して作られた商品ではないので、混ぜる薬剤によっては、安全性が確保されないものもあるかもしれません。

これらのリスクを考えても、白髪染めとオシャレ染めを混ぜ合わせることは避けた方が良いと言えるでしょう。

白髪はおしゃれ染めでも染まるの?

では、オシャレ染めを使用しても白髪は染まるのでしょうか?

オシャレ染めの薬剤の特徴として、元の髪色を脱色して別の色を入れることによって髪染めができる仕組みとなっているのですが、それに反して白髪染めは白髪を黒く染めるために、オシャレ染めのときよりも脱色の度合いは低くし、元の髪と白髪の色のトーンを合わせていくことで染めていく仕組みになっています。

要するに、オシャレ染めは脱色する効果が、白髪染めは毛を染める効果が強いという特徴を持っているんですね。

そのため、白髪をオシャレ染めでカラーしようとすると、脱色力が強いため、まずは髪の毛を脱色しようとする効果が働き、さらに染毛力も弱いため、なかなか色が入りにくいんです。

さらに詳しくご説明しますと、脱色してからカラーリングする際に必ず髪の毛に含まれるメラニン色素を化学変化させる必要があるのですが、白髪には色素がなく、染毛に必要な化学反応も起こすことができません。

よって、色が入りにくいんですね。

このことから、オシャレ染めで白髪を染めることは難しいと言えますね。

例えオシャレ染めで長時間浸透させてカラーリングしたとしても、きちんと染めることは難しいとされています。

白髪がどれだけあるか、どの部分に多く集中してあるのか等、ご自身の白髪の状態を見極めた上で、オシャレ染めを継続するか、白髪染めに切り替えるかを考えなくてはいけませんね。

スポンサーリンク



白髪染めでもカラーを明るい色にしたい場合は?

30代、40代の方であれば、まだまだオシャレ染めでカラーリングを楽しみたいという方もたくさんいるでしょう。

そんな中、白髪が目立ってきてしまって、白髪染めに切り替えなくてはいけない時期もくることでしょう。

それでもやっぱりオシャレは捨てきれない・・・明るい色に染めたい!という方、どうすればいいのでしょうか・・・><

ご安心ください★

最近では、明るい色味の白髪染めの販売も増加しており、ブラック系やブラウン系のみならず、ピンク系、アッシュ系など幅広い商品の中から好みの髪色を選択することもできますよ♪

白髪が目立ち始めて最初の頃から明るい色に染めていれば、通常の髪の毛と白髪との色の差もわかりにくくなるため、オシャレ染めをしていた方なら、お好みの色さえあれば最適かもしれませんね^^

まとめ

いかがでしたか?

オシャレ染めで白髪を染めるのは難しいことだとわかりましたが、最近では白髪染めも幅広い種類が販売されているので、オシャレ染めと変わらないくらいのクオリティも出せると思います^^

ご自身のお気に入りの色を見つけて染めることができればいいですね☆

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA