スーツの袖が長いとき応急処置をして後日、業者に出すときに即日でできるところは?値段はいくらぐらい?

スーツは肩幅が命。

袖はお直しにかけて合わせるのが最善。

とは言え、直すのを忘れて就活の前日や友人の結婚式の前の日に慌てて直すなんて事も多いかもしれません。

今回は、スーツの袖のお直し即効編や、お直しにかかるコストなどを検証していきます。

ぜひ参考にして、カッコいいスーツを着てくださいね。

スポンサーリンク



スーツの袖が長いときの応急処置は?

明日着ていくなんて時、応急処置として出来る方法を2つ見ていきます。

ここでは、ミシンを使わずに直す方法をあげています。

①まつり縫い

・ジャケットを裏返しにして、袖の長さを決めます。

親指の先から10㎝~12㎝、もしくはシャツが1㎝ほど表に出る長さが最適であると言われています。

・アイロンで折り目を付けておきます。

アイロンの設定を「中」にするか、当て布をしてシッカリと織り目を付けます。

・まち針を使って生地を固定します。

3~4つで充分でしょう。

・糸で縫っていきます。

表に出る部分は出来るだけ1㎜以内の糸で丁寧に縫っていきましょう。

・まち針を取って、裏返したら出来上がり。

②アイロンテープ

縫い物は肩が凝るという人には、アイロンテープがおすすめです。

・ジャケットを裏返しにして、袖の長さを決めます。

親指の先から10㎝~12㎝、もしくはシャツが1㎝ほど表に出る長さが最適であると言われています。

・アイロンで折り目を付けておきます。

アイロンの設定を「中」にするか、当て布をしてシッカリと織り目を付けます。

・アイロンテープを適当な長さに切って丁寧に張り付けていきます。

テープによっては、濡らしてから使うタイプのものもあるので注意しましょう。

・ジャケットを裏返して出来上がり!

スポンサーリンク



スーツの袖のお直しが即日できるところはある?

応急処置が出来たら、やはり忘れないうちにきちんと「お直し」しておきましょう。

相談してみると、即日でも出来るところは意外と多い事に気が付くかもしれません。

ここでは、お直しのお店についていくつかご紹介していきましょう。

■「直し屋」

東京都世田谷区に6つ店を持つ洋服専門のお直し店です。

このお店の良い所は、事前に画像を送って見積もりや相談が出来る所です。

遠い場合でも、郵送して受け取ってくれますから、安心して相談出来ますね。

■イオンモール「マジックミシン」

全国のイオンモールで取り扱われているお直し専門のお店です。

速さと、丁寧な作業で大切なスーツを素早く直してくれます。

■「ママのリフォーム」

全国6000店を超える大型のお直し専門店で、イオンに限らず、多くの大型ショッピングセンターに開設されています。

込みようにもよりますが、簡単なお直しであれば、1時間~翌日までに直してもらえるという強い味方です。

■AOKIのリフォームサービス

洋服のAOKIで購入したスーツであれば、特別料金でお直しが依頼出来るというサービスがあります。

一度相談してみる価値がありそうですね。

スーツの袖のお直しの値段はいくらぐらい?

最後に費用を考えていきましょう。

■自分で直す

時間はかかりますが、コストはグンと減らせます。

必要な糸や針、アイロンテープも100均で手に入ってしまいます。

■お店に持って行く

最寄りのお店に持って行って、お直しを依頼する場合には袖のお直しに3000~5000円はかかります。

もちろん、プロの方が直してくれますから、少しお高くても満足した仕上がりになります。

■郵送して直してもらう

気に入ったお店が近くにない場合に、多くのリフォームショップは郵送受付してくれます。

日にちは掛かりますが、仕上がりがとても満足したものになる事でしょう。

お直し料金に、プラス600~1000円の送料がかかります。

こうして見ていきますと、袖のお直しにもさまざまな工程が必要である事が分かりますね。

出来れば、最初購入した時点でサイズをシッカリとチェックしておきましょう。

チェック項目を挙げておきます。

①肩幅はきちんと合っているかどうか

②身長・胸囲・胴回りを測って、サイズに合っているか

③裾の長さはちょうど良いか

④袖の長さはちょうど良いか

⑤座る・手を挙げるなどの動作でキツかったり、ユルくてダラっとしないかどうか

➅素材は良いか

①肩幅はきちんと合っているかどうか

②身長・胸囲・胴回りを測って、サイズに合っているか

③裾の長さはちょうど良いか

④袖の長さはちょうど良いか

⑤座る・手を挙げるなどの動作でキツかったり、ユルくてダラっとしないかどうか

➅素材は良いか

⑦スリム型・ユッタリ型など好みのスーツかどうか

スーツを着こなせるととても気持ちが良いですね。

まとめ

就活など、大切な場面で恥ずかしい思いをしないように、お直しは時間やお金が掛かろうともぜひやっておきましょう。

一度整ったスーツは、長く着る事が出来るはずです。

直してくれる強い見方も、意外と身近にいる事が分かったかもしれません。

それらを、ぜひ活用しましょう。

健闘を祈っています!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA