ベランダにカメムシが来ないようにするためのおすすめのネットは?その他の虫の対策にもなる?取り付ける時に気を付けることは?

一年中どの時期にもカメムシの被害は見られるようです。

では、毎日のお洗濯やベランダの臭いを守るために何が出来るのでしょうか?

今回は、カメムシが寄り付かないアイテムや工夫出来る幾つかの点を取り上げています。

出来るだけ外観を損なわないように、手軽に出来る方法をあげていきます。

さっそく見ていきましょう。

スポンサーリンク



ベランダにカメムシが来ないようにするためのおすすめなネットは?

ネットを使ってベランダを守りたい場合には、先ず、いつもの洗濯の量を把握しておく事が必要です。

カメムシは2㎜のすき間があれば侵入出来ると言われています。

ですから、洗濯物は完全に覆われている事でその効果を期待出来ます。

防虫ネットについては申し少し詳しく後ほど取り上げます。

ここでは、ベランダを覆ういくつかの方法を紹介していきます。

■ネットを使わず洗濯物を守る

・室内干しで乗り越える

これなら、カメムシは来ませんね。カメムシが温かい気温で寄って来る習性を読んで、昼間に室内干しをして、夜干しを乾かす方法もあります。

・白い洗濯物をダークの洗濯物に挟んで干す

カメムシの白い色好きな習性を読んで、見た目をダークにします。

■ベランダの洗濯物スペースを覆う

大き目の防虫ネットを使って、洗濯物スペースを覆ってしまう方法です。

市販の物は小さいかもしれませんから、自作して使う事も出来ます。

■ベランダ自体を覆う

ハト対策のネットなどベランダ自体を覆うネットを使ってベランダを覆ってしまいます。

外観はイマイチかもしれませんが、虫対策としては最高です!

■ハーブを使う

カメムシが嫌うハーブ(ゼラニウム・ローズマリー・ティーツリーなど)を植えるか、スプレーしておくと虫が寄り付かなくなると言われています。

スポンサーリンク



ベランダに虫の対策のネットはどんなものがいい?

ここでは、対策ネットに注目していきましょう。

ネットは通気性があり、使いやすいものが適しています。

さっそく、いくつかの商品を見ていきましょう。

雨よけ洗濯物ネット

デザインとしては雨や目隠しとして販売されていますが、虫除けとしてももちろん使えます。

大きさは最大160㎝幅で、かなりの洗濯物を干せます。

もちろん白っぽいものだけを中に入れるなら、洗濯出来る量がさらに増えます。

こちらは、ハト除け用として販売されているものです。

大きさは2×4mや2×8mとベランダの大きさに合わせて選べます。

ネットの枠が大きいため、カメムシ用として使うためにはこのネットの内側に目の細かい別のネットか、シートを張ってから使う必要があります。

室内用の蚊帳ですが、コンパクトにたためるので、ベランダの洗濯物用にだって使用出来ます。

お布団が2枚敷ける大きさで洗濯物をシッカリとカバー出来そうですね。

こちらは、マジックテープで取り外しが出来るタイプの虫除けネットです。

ベランダに使うには骨組み(木・プラスチックなど)となるものさえあれば、手軽にサンルーム的な場所を作る事が出来ます。

ベランダにネットの取り付けするときに気を付けることは?

最後にベランダにネットを取り付ける際の注意点を見ていきましょう。

注意①ベランダを散らかった状態にしない

外観を損なう事がないように気を付けましょう。

特に賃貸であれば、壁や手すりなどお借りしている所を損なわないように注意します。

洗濯物を見せないように干す事が義務付けられている場所では、特にネットの使用には気を付けましょう。

注意②飛んで行かないようにする

ネットや忌避剤など軽くて風が吹いて飛んで行きやすい物であれば、重りやヒモをかけるなどの工夫をして飛んで行かないようにしましょう。

重りは、ブロック・石・コンクリートなど適度な大きさや重さのものを選びましょう。

注意③定期的にチェック

穴が開いていたり、カメムシの卵が付いていたらネットの中に招いているようなものになります。

ネットがきちんと作動しているかどうかを小まめにチェックしましょう。

カメムシは、ショックを受けた時に防御用として臭いにおいを放出します。

ですから、仮にカメムシを見付けてもそ~っとすくってベランダの外に逃がせば被害には合わずに済みます。

掃除機で吸い込んではなりません。

掃除機を収納する場所がひどい被害を被ります。

アルコール剤の入った除菌スプレーなど嫌な臭いを嗅いで逃げてくれる場合もあるようです。

まとめ

カメムシを見掛けたら、慌てず騒がず、先ずはそっと逃がしてあげましょう。

しつこく張り付いているカメムシには、アルコールスプレーがおすすめです。

洗濯物を取り込む際には、特に白いものを裏表チェックしてから取り込みましょう。

洗濯物をカバー出来るネットを使って、少しでも家事が楽になる事を願っています。

健闘を祈っています!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA