出生届の書き方と訂正の仕方はで住所を間違えた場合や本籍が違う時はどうしたらいい?

長い妊娠期間を経て、ようやく対面することのできた可愛い赤ちゃん。

毎日お腹に話しかけているときは「胎児ネーム」をつけていたママも多いのではないでしょうか。

無事に生まれてきてくれた赤ちゃんへの最初の贈り物が名前です。

提出期限のある大切な書類になるので、必ず覚えておくことが必要です。

スポンサーリンク



出生届の書き方と訂正について

まず出産を終えたママには、産婦人科から出生証明書と一緒に「出生届」の書類がもらえます。

万が一病院でもらえなかった場合、市区町村の役所ですぐにもらえるので退院後に取りに行くか、平日役所が空いている時間帯にパパに取りに行ってもらいましょう。

生後14日以内に提出しなければなりませんので忘れずに早めに提出するようにしてください。

さて実際に出生届を書く際にいくつか注意点がありますので、書き方をみていきましょう。

まずは書類を書く際に注意することとして「フリクションペン、鉛筆、シャープペンシル」などの消えてしまう恐れのあるものを使用してはいけません。

必ず消えない黒色のボールペンなどを使うようにしてください。

・届出日
出生届を提出する日付ですので、記入した日と間違えないようにしましょう。

・届出先、宛名
提出先の市区町村名を記入します。

・子の氏名
戸籍に記載される赤ちゃんの名前です。
ひらがな、カタカナ、常用漢字、人名漢字のみ使用できます。

・父母との続き柄
法律上の婚姻関係がある相手との間に生まれた子どもの場合は、嫡出子にチェックをします。
反対に法律上の婚姻関係がない相手との間に生まれた子供の場合は、非嫡出子にチェックをします。

・男女の区別
産まれた赤ちゃんの性別にチェックを入れます。

・長男次男等の区別
長男の場合「長」、次男の場合は「二」、三男の場合は「三」。長女の場合は「長」、次女の場合は「二」、三女の場合は「三」といった漢数字を記入してください。

・生まれたとき
出生証明書に記載されている、年月日と時間を確認して記入してください。

・生まれたところ
出生証明書にも記載してありますが、子供の生まれた産婦人科などの住所を記入してください。

・住所
今後暮らしていく住所、住民登録をする住所を記載するので、里帰り先の実家の住所などと間違えないようにしましょう。

・世帯主の氏名
世帯主である父親、または母親の氏名を記入してください。

・世帯主との続き柄
長男や長女といった続き柄を記載してください。

・父母の氏名、生年月日
子どもの父母である父親と母親それぞれの名前と生年月日を記入してください。

・本籍
住民票に記載されている本籍を記入してください。

・同居を始めたとき
結婚式をあげたときか、同居を始めたときの早いほうを記入してください。

・子が生まれたときの世帯の主な仕事と父母の職業
当てはまる仕事内容にチェックを入れて、具体的な職業を記入してください。

・その他
非嫡出子の場合、戸籍の筆頭者を母親にするため新しい戸籍が作成されます。その場合、この欄に希望する本籍地を記入してください。日本国籍を外国国籍が選択できる場合も、こちらの蘭に「○○(国名)の国籍を留保する」と記入します。

・届出人
役所の窓口へ書類を提出する人ではなく、子供の出生届を出す義務のある父母の氏名です。必ず本人が署名するようにしてください。

・連絡先
不備があった際に連絡の取れる、届出人の連絡先を記入してください。

ここまで各項目を記入していく中で、万が一間違えてしまった場合は訂正をすることができます。

間違っても修正液や修正テープなどを使わないようにしてください。

まず、訂正したい箇所に二重線を引き、その上か下にある空白部分に訂正後の内容を記入します。

二重線の箇所に訂正印を押すのではなく、左側の欄外に届け出印と同じ印鑑を押してください。

出生届の住所を間違えたらどうしたらいい?

出生届は、お子さんが生まれて14日以内に役所に提出しなければならない書類です。

急いで記入する中で万が一、住所欄の記入間違いがあった場合どうするのでしょうか?

住所欄の住所とは現在の住民票を登録している居住地のことです。

例えば里帰り先の住所を書いてしまった、旦那さんの実家の住所を書いてしまった、アパート名や建物名の記入を忘れてしまったなどといった間違いは全くないとは言い切れません。

大切な書類ですので間違いがないに越したことはありませんのでくれぐれも細心の注意をはらって記入するようにしてください。

まず、提出後に役所が書類の不備に気付いた場合、連絡先として記入してある電話番号に電話がかかってきます。

そして直接役所に出向き訂正するように言われますので、その際は印鑑を持って役所に再度出向くようにしてください。

次にアパートや建物名の記入漏れといったような場合は、役所の職員が住民票に基づき書き加え申請されるケースもあります。

この場合は特に電話などで連絡がくることもございませんので書き加えられた状態で受理されたものと考えます。

役所で受けとった書類については必ず住民票などと照らし合わせたうえで受理されるため、間違ったまま受理されていたというケースはないと考えていいでしょう。

繰り返しとなりますが、大切あなお子さんの書類ですのでくれぐれも間違いのないように記入するようにしましょう。

スポンサーリンク



出生届の本籍が違うのが後からわかったら?

「本籍を記入してください」という状況になると、つい手が止まってしまうことがありますよね。

結婚する前は実家の住所だったはず、結婚してからは今のアパートの住所?

それとも旦那さんの実家の住所?家を建てた後は本籍を移動させたかしら?

ついついわかっているようで中々頭に入っていない「本籍」。

それではいざお子さんが生まれてから記入する出生届の本籍の記入欄で書き間違いがあった場合はどうするのでしょうか?後から訂正することは可能なのでしょうか。

こちらも出生届けの住所を書き間違えたときと同様、役所は必ず書類に全て目を通し不備や間違いがないかを確認したのちに受理します。

休日に役所の職員に直接渡さず投函した場合でも休日明けの勤務時間に必ず職員が書類を確認します。

この時に不備があった場合は連絡先の電話番号に連絡があり再度役所に来て訂正するよう促されます。

その際も必ず印鑑を持って早急に役所へ出向くようにしてください。

または、間違いに後から気づいてもなにも連絡がなかった場合は役所の職員が訂正したことになります。

いずれにせよ間違った情報のまま書類が受理されるということはあり得ません。

本籍の情報に自信がない場合は住民票と取り寄せてから情報にしたがって記入したほうが安心ですね。

まとめ

出生届を役所に提出するのは原則として、子の父親か母親となります。

24時間365日いつでも提出可能ですので、早めに提出することをお勧めします。

そして間違いがあっても間違いのまま受理されることはないにしろ、書類の記入については慎重に訂正のないように記入しましょう。

大切な赤ちゃんの、生まれてきた証となる大事な書類ですので夫婦で楽しんで提出してくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA