結婚式の電報のお返しで会社にする場合どんな文例がいいの?

新しい人生のスタートとなる結婚式。

たくさんの方から祝福され当日は楽しみと不安が入り混じる気持ちになることでしょう。

会社で働いている人は会社から電報が結婚式で寄せられることがあります。

そんなとき電報のお礼としてお返しは必要なものなのでしょうか?

今回は電報のお返しについてまとめました。

スポンサーリンク



結婚式の電報のお返しは必要?

そもそも「電報」というものは、予定が合わず結婚式に出席することができなくなった人や、おめでとうの気持ちだけは届けたいという人のためのものです。

結婚式では電報が入り口や会場内に飾られていたり、披露宴の最中に読み上げられたりすることがあります。

当日思いもよらぬ人からの電報にうれしい驚きがあったりするかもしれません。

そんな電報をいただいたときは、お礼の気持ちをこめて電話やはがきで連絡するようにするとよいでしょう。

祝電の場合は、お祝い品をもらったわけではないので内祝いを送るという行為はかえって大げさになってしまいます。

ついつい電報だからといって聞き流してしまいがちですが、お祝いの気持ちをいただいたものですので、早めに必ずお礼の気持ちを伝えるようにしましょう。

送った相手にきちんと祝電が届いたことを知らせるためにもすぐに電話で連絡が取れればよいのですが、当日はバタバタして、そのまま新婚旅行などといった場合は電話をしている暇もないかもしれません。

そんな時は、当日式場にいなかった方なので、結婚式の写真の絵葉書などで一言メッセージを添えて送ると相手も喜んでくれることでしょう。

その際は必ず2人の連名で出すようにしましょう。

新しい新居の住所も同時にお知らせすることができると一石二鳥ですね。

「お礼」というものは義務ではないのですが、お祝いの気持ちを届けてくれたことに対しての感謝の気持ちを伝えることは必要ですね。

スポンサーリンク



結婚式の電報のお返しで会社の場合はどうすればいい?

結婚式前後や、その後の新婚旅行がある場合会社を長期でお休みする方も多いと思います。

いざ結婚式当日に会社から祝電が届いた場合、いつどのタイミングでどのようなお返しをすればよいのでしょうか?

会社の人が電報を出してくれた場合、長期でお仕事を休んでいる場合は当日か翌日にはお礼の電話を入れることをお勧めします。

感謝の気持ちを伝えることで、相手もきちんと無事に電報が届いたことを確認することができます。

同僚や後輩への連絡でフランクな間柄であればメールやラインといった普段からの連絡手段を活用するのもよいと思います。

無事に電報が届き、結婚式も終えたことを報告するためにも時間を見つけて早めに連絡するようにしましょう。

そして取り急ぎ電話でお礼をした場合でも、後日出社した際には直接再度お礼を伝えると尚よいでしょう。

会社の人一人ひとりにお礼を言って回るには大人数過ぎる場合は、全員が集まるミーティングや会議の初めに少し時間をもらい簡単にお礼を伝えるのもいいかと思います。

もしくは社内メールの一斉送信で、まとめてお礼を伝えるという方法も効率がよいです。

結婚式後すぐに会社に出勤する場合は直接お礼を伝えるようにしましょう。

電報を送っていただいた感謝の気持ちと式も無事に終えることができたということも合わせて伝えると相手も安心します。

結婚式の電報のお返しにどんな文例がある?

まず、メールでお礼の気持ちを伝える場合は、宛名、感謝の気持ち、取り急ぎ文面でということを伝えます。

○○課(部)の皆様へ。本日わたくしどもの結婚式に電報を頂き誠にありがとうございました。無事に結婚式を会えることができ安堵に気持ちでいっぱいです。また改めてお礼に伺いますが取り急ぎメールにてご連絡させていただきました。

このように、すぐにお礼に伺えないのでまずはメールにてお礼を伝えたかったという気持ちを記載しましょう。

そして出社した際には忘れずに必ず直接お礼を伝えるようにしましょう。

次に、寿退社などで退社した後に前の会社から電報を受け取った場合どのような文面でお礼の気持ちを伝えるとよいのでしょうか?

お礼の手紙といっても正式な手紙の書き方を守って書くようにしましょう。

拝啓 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
このたびは私どもの結婚式に祝電をお送り頂きありがとうございました。
あたたかいお言葉に夫婦共々感謝の気持ちでいっぱいです。
未熟な二人ではございますが、互いに支えあいながら幸せな家庭を築いていく所存です。今後ともご指導、ご助言のほどよろしくお願い申し上げます。
末筆ながら、皆様のご健康とご繁栄を心よりお祈り申し上げます。敬具

このような内容が望ましいですが、これといった定型文はないのであとは関係性なども踏まえて自分の言葉で伝えるとよいでしょう。

まとめ

記念すべき結婚式、お祝いのメッセージが寄せられるのはうれしいものです。

お祝いを送ってくれた相手に感謝の気持ちを伝えるのはとても自然な行為です。

あらたまって何かお礼のものを贈るといったことはよほどしなくて良いですが、早めに自分の言葉で相手に感謝を伝えるようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA