車の紫外線の対策でコーティングやワックスでも効果はあるの?

紫外線の影響は様々なところに出ます。

髪や肌はもちろん、家の屋根や外壁、車も例外ではありません。

ここでは、紫外線による車への影響と、車を紫外線から守るための方法について簡単に説明します。

スポンサーリンク



車の紫外線の対策は?

車体が紫外線にあたると、塗装の劣化につながります。

塗装の劣化は、紫外線や太陽光が当たることによる熱エネルギーの発生や、酸性雨などの影響もあるため、紫外線のみによる影響と一概には言えるものではありません。

この紫外線などの影響によって生じる塗装の劣化は、車体の「色あせ」や塗装の「剥がれ」という形で目に見えてきます。

この紫外線対策として最も有効なことは、可能な限り日差しを遮ることです。

そのためには、カーポートやガレージを使用するということのほか、カーコーティングという方法もあります。

塗装の劣化は、紫外線や太陽光の熱、酸性雨などの影響により起こりますが、それらを遮ることが有効で、カーポートやガレージであれば、駐車している間は車体が守られるというわけです。

また、車の使用中も紫外線などから車体を守るために、カーコーティングをすることにより、紫外線などから塗装を守ることで劣化の進行を抑えることができます。

どの程度の対策ができるのかは、費用の問題もあるかと思いますが、上記の中で最も安価で費用を抑えることができるものはカーコーティングです。

スポンサーリンク



車の紫外線から守るためのコーティングは自分でできるの?

紫外線対策としてのカーコーティングも劣化します。

塗装が劣化しない代わりに紫外線の影響を受けるのがその理由です、

このため、コーティングも定期的に実施する必要があります。

コーティングは、洗車やコーティングを専門としている店で実施してもらうことも出来ますし、手間はかかりますが、コーティング剤を購入して自分で行うことも出来ます。

専門店ではプロが行ってくれるので、自分で行うよりも、出来上がりにムラができたり、傷がついたりといったことが少ないと思いますので、専門店で定期的に行うことをお勧めします。

自分で行う場合は、コーティング剤の説明書をよく読むこと、またカーコーティングの方法を整理したホームページもあるようなので、参考にするとよいでしょう。

やり方についても、時間はかかりますがスポンジを使って手作業で、ということも出来ますしポリッシャーを利用してということもできます。

ただし、車体の状態にあった方法や、効果的な方法については信頼できる専門業者にゆだねたほうが良いでしょう。

素人考えで失敗しても、経験のうち、と考えることが出来るのは少数派ではないでしょうか。

大事な愛車は大切にしたいものです。

車の紫外線はワックスでも防げるの?

車に愛着があるほど、自分の手で車体に傷がつかないように洗車をしてワックスをかけたいと思うものです。

自分で行って、仕上がったときの満足感はとても高いものと思います。

さて、車の紫外線対策については前述したとおりですが、コーティングの代わりにワックスをかけることでも紫外線対策になるのでしょうか。

残念ながら、今市販されているワックスでは、紫外線対策となるものは無いようです。

コーティング剤にしても、100%紫外線の影響を防ぐことができるわけではありませんし、ワックスで同様の効果が得られるのであれば、コーティングで紫外線対策効果を謳うことはしないでしょう。

ワックスは、車体の艶出しや撥水性を高め、汚れを防止するためなどを目的としているかと思います。

ワックスにも様々な種類があり、撥水効果の高いもの、塩害に強いものなどの効果や、洗車しながらワックスがけができるもの、スプレータイプなど様々あります。

紫外線対策にはなりませんが、車体へ影響を与えるほかの影響を軽減できる効果がありますので、車の置かれている環境を考慮して、ワックスにするのか、コーティングを行うのかを選択すると良いでしょう。

まとめ

車の紫外線対策としては、日差しを遮ることが一番です。

定期的なカーコーティングもよいでしょう。

車体の劣化要因には、紫外線のほかにもあります。

ワックスやコーティングをうまく使って、愛車を大切にしてください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA