革靴の手入れは100均のものでどこまでできる?汚れ落としやブラシはどうなの?

毎日スーツを着て出勤される会社員の皆さんは大抵革靴を履いておられるのではないでしょうか?

革靴って普段からちゃんとお手入れをしておかないと汚れが目立ったりすぐに傷んでしまいますよね。

そんな革靴のお手入れグッズを100均で揃えることができるのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク



革靴の手入れは100均のものでもいいの?

革靴をきれいな状態で長く履き続けようと思うと、まずはお手入れグッズを揃えなければなりません。

しかしこの手のお手入れグッズって買い揃えるとなると専用のものですし結構な金額になります。

そうなると、それを使って毎回お手入れするのはなんとなくためらってしまいませんか?

でも大丈夫です。

最近はそういったアイテムもすべて100均で買い揃えることができるんです。

革靴をきれいな状態で履き続けようと思ったら、いくつかお手入れに必要になる革靴専用のお手入れアイテムがあります。

しかしそれ以外にも、革靴を水洗いする際に使用するバケツや雑巾、クリーナーで磨くときに必要となるスポンジ、仕上げで革靴についた水分を取り除くときに使うタオルなどが必要となってきますが、こういったものもすべて100均で揃えることが出来ます。

恐らく全て買い揃えたとしても1,000円前後で済むのではないでしょうか。

この価格帯で革靴をきれいな状態で維持して履き続けられるのであれば安いもんだと感じませんか。

革靴の手入れで汚れ落としも100均のものでも十分なの?

では、革靴のお手入れに必要となる専用のアイテムにはどのようなものがあるのでしょうか。

普通であれば、

①革靴の汚れをブラシで落とす
②古い靴墨がついているのでクリーナーでそれを落とす
③乳化性クリームを塗ることで革栄養分を与える
④余分なクリームを拭いて落とす
⑤革靴に靴墨を塗る
⑥乾燥させた後、余分な靴墨を拭き取る
⑦最後に乾いた布で革靴を磨きツヤを出す、

というような工程を経なければなりません。

しかし、100均で革靴のお手入れアイテムを揃えるのであればそんなに多くの工程を経なくても充分に革靴をきれいな状態にすることができるのです。

まずは、革靴をしようしたことによってついた汚れを落とすために革靴専用のウェットシートを使います。

その次に靴墨を塗ります。

100均で売られている靴墨のなかには、本来であれば乳化性クリームを塗らなければならないのですが、その役目も補ってくれるようなものも売られているのでその分手間が省けます。

そして最後に乾いた布で拭きます。

ここまで、たった3ステップで革靴のお手入れができてしまうのです。

そしてそれらで使用する3つのアイテム(革靴専用のウェットシート・靴墨・布巾)すべてを100均で手に入れることができます。

これなら毎週末でも気軽にお手入れできるのではないでしょうか。

スポンサーリンク



革靴の手入れに使うブラシも100均にある?

上で述べた革靴のお手入れは、あくまでも必要最低限の工程です。

もう少し手を加えてしっかりとお手入れをしたい場合には、専用のブラシが必要だったりします。

ブラシも100均にて購入することができ、なかには一台四役を担う非常に使い勝手の良いものもあります。

どういうものかというと、長短の起毛や2種類のヘラがひとつになっており革靴の様々な部分の汚れをこのブラシひとつで落とせるというのです。

皆さんも100均のアイテムをいくつも使ったことがあると思うのでわざわざ言わなくても大丈夫だとは思いますが、100均だからと言って侮るなかれ、品質はしっかりしていますので、ちゃんとしたお手入れアイテムには負けず劣らずだと思っていただいて結構かと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか。

革靴専用のお手入れアイテムが、100均でここまで揃えられるということに驚きですよね。

これで、ちょっと難しく考えがちな革靴のお手入れも少しは身近なものになったのではないでしょうか。

これをきっかけに、皆さんの革靴もしっかりお手入れをして、長く愛用してあげましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA