先輩に渡すプレゼントってどんなものがいい?職場の先輩で退職する場合の相場は?

ライフイベントや転職など、理由は様々ですが、職場の先輩が退職するということがあります。

それがお世話になった方であれば、最後に何かお礼をしたいものです。

先輩へのプレゼントはどんなものが良いのでしょうか。

今回は職場の先輩へのプレゼントについていくつかあげてみました。

ご参考にしていただければ幸いです。

スポンサーリンク



先輩に渡すプレゼントは何がいい?

職場の先輩にプレゼントをしたいと思っても、いったいどんなものが良いのか悩んでしまいますよね。

どんなシーンでプレゼントを渡すのか、にもよりますが、プレゼントをするのであれば、相手には喜んでもらいたいものです。

プレゼントの内容は、相手が女性か男性か、また年代はどうであるか、贈るプレゼントの目的が何であるかによって、変わってきます。

さらに、有志を募って複数人でまとめたプレゼントを用意するのか、それとも個人的にプレゼントをしたいのかによっても、予算が変わってきますので、おのずと内容も変わってきます。

職場の先輩へのプレゼントであれば、ご自身ともそう年齢差は大きくなく、比較的親しい間柄なのでしょう。

先輩が好きであろうものを想像するのも良いですが、日常の会話の中に、何かヒントがあるかもしれません。

時間に余裕があるのであれば、事前に好みのものを聞いてみてもよいでしょう。

また、特におススメのものがあるならば、それにしても喜ばれるでしょう。

できれば相手の好みにあうような、そうでなくとも、好みのものから大きく外れることのないようなプレゼントを選ぶようにしてください。

スポンサーリンク



先輩のプレゼントで職場を退職する場合は?

プレゼントであれば、相手に喜ばれるものが良いのはもちろんのことです。

お世話になった方であれば、普段の雑談の中で、好きなものや今はまっているものなどの情報が得られているのではないでしょうか。

お世話になった方が退職される場合、好きなもの、今はまっているものなどがわかっていれば、それに関連したものをプレゼントしたり、送別品の代名詞ともいえるフラワーギフトやハンカチのほか、名刺入れや万年筆などのビジネスアイテム、お酒や雑貨、お菓子やドリンク、贈る相手が女性であれば美容関連グッズなどを贈ることも良いでしょう。

退職の理由が転職であれば、ビジネスギフトは次に活かすことが出来ますし、次の職場での活躍を応援する気持ちも伝わります。

体調によることが退職の理由の場合は、体を気遣ったものが良いでしょう。

結婚や出産などといったライフイベントによるものであれば、それらのお祝いも兼ねた実用的なアイテムとしても喜ばれます。

プレゼントを渡すときに、一言感謝の気持ちを伝えたり、メッセージカードを添えたりすると、より気持ちが伝わることでしょう。

先輩に渡すプレゼントの相場は?

職場の先輩へのプレゼントの相場は、有志によるものであれば一人当たり2,000円~3,000円が妥当なところです。

この場合は、集まった金額によってプレゼントを選びましょう。

ある程度まとまった金額になった場合は、お菓子やドリンクのセットや、お菓子とフラワーギフトのセットなど、華やかさを添えたプレゼントにしても良いですね。

個人的に用意するプレゼントであれば、3,000円~4,000円で、お礼を兼ねていたとしても、5.000円程度としておきましょう。

プレゼントを受け取る側としても、一人当たりの負担金額があまり大きいと、うれしい気持ちもありますが申し訳ない気持ちにもなってしまいますし、逆に気を使わせてしまいます。

相手が気を遣わない程度の金額に抑えるようにしてください。

定年退職を除いて、退職する場合には、業務上少なからず職場に迷惑をかけることになる、という気持ちがあるもので、退職時に華やかに送り出されるものと考える人は、そうはいないものです。

そのため、ささやかではあるものの、これまでの感謝の気持ちを込めたプレゼントとして、気持ちを伝えることを最優先するようにしましょう。

まとめ

お世話になった職場の先輩へのプレゼントには、それほど高価なものである必要はありません。

相手の好みに合ったものを選び、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

笑顔で送り出せるような素敵なプレゼントを用意してください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA