幼馴染のスピーチで手紙を読むときに気を付けることは?例文はどんなものがある?

幼馴染の結婚という嬉しい知らせ!

結婚式参列の招待状とともにスピーチを頼まれまれることもあるでしょう。

大切な友人の晴れ舞台である結婚式の大事な任務に戸惑いますよね。

そんな時に失敗しないスピーチの進め方についてお話します。

スポンサーリンク



幼馴染のスピーチで気を付けることは?

友人代表として任されたスピーチ。

事前にある程度整理してから望みたいところですよね。

実は結婚式のスピーチでは注意しなければいけない点があります。

まず、「忌み言葉」というものは結婚式や二次会の席では使うのはマナー違反です。

忌み言葉とは、簡単に言うと「不吉な言葉」です。

絶える、分かれる、切れるなどといった別れを連想させるような言葉。

死ぬ、嫌う、仏、病むなどといった不吉、不幸な言葉。

そして、戻る、繰り返す、再び、再度などといった重ね言葉。

特に重ね言葉はふとした時に使ってしまいがちです。

普段使う分には全く問題のないワードなので、うっかり使ってしまう場合もありますので注意しましょう。

万が一使ってしまった場合は「失礼いたしました」と謝罪し、スピーチを進めるようにしましょう。

使ってはいけないワードのほかにも、ふさわしくない話題は避けましょう。

たとえば、幼馴染だからこそなんでも知っていてついつい話してしまいがちですが、過去の恋愛話や下ネタ、スピーチする友人の個人的な話や宗教関係の話は避けるようにしましょう。

いくら仲が良い友人でも、結婚式には親族や会社関係者などが揃うとてもフォーマルな場です。

あくまでも失礼のない、新郎新婦が喜ぶようなスピーチを心がけましょう。

幼馴染のスピーチを手紙を読むことにするならどんな言葉からはじめる?

従来はスピーチの内容をしっかりと暗記して、本番みんなの前でスラスラと話す形が主流でした。

しかし最近では手紙形式のスピーチが増えてきました。

カンペなしでスピーチにのぞむより緊張も緩和されますし、新郎新婦へ気持ちも伝わりやすいと人気がでています。

それに「言いたかったのにいざ本番で言えなかった」といった後悔をせずにすみます。

それにスピーチはあまり長いと嫌がられます。

短すぎず長すぎず言いたい事を伝えるためにも、事前に準備のできる手紙形式だと、大体の時間を把握することができます。

そして最後は、スピーチを終えるとその手紙を新郎新婦へプレゼントするという方法が人気です。

新郎新婦も記念になるプレゼントで、とても喜ばれます

しかし、いざみんなの前にでてスピーチが始まるときに、いきなり手紙を読みだすのは少し不自然です。

手紙形式のスピーチに決めた際、どのようにスピーチを進めていけばよいのでしょうか。

はじめの挨拶と、結びの挨拶は手紙を開かず自分の言葉で話すようにしましょう。

たとえば手がみを読む前は、このようにはじめの挨拶をしましょう。

〇〇さん、〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。

〇〇家、〇〇家、ご両家の皆様にも、心よりお祝い申し上げます。

ただいまご紹介にあずかりました、〇〇と申します。

新婦の〇〇さんとは幼稚園からのお付き合いです。

今日は溢れる気持ちを手紙にしてまいりましたので、それを読ませていただきたいと思います。

このように手紙を読みだす前に、少し自分の言葉で話せるとよいでしょう。

スポンサーリンク



スピーチを手紙でいう時の例文は?

自分の言葉ではじまりの結びを言い終えると、いざ用意してきた手紙を読むときです。

手紙形式のスピーチだと事前にしっかりと準備ができるので、早め早めに準備しておくとよいでしょう。

例えばこのようなスピーチの内容を参考にしてみてください。

◯◯ちゃんへ

○○ちゃんとは家も近所で、幼稚園からのお付き合いです。

幼稚園バスもいつも隣に座って、運動会ではお互いの家族一緒にお弁当を食べたりしましたね。

それから中学までずっと一緒に学校に通っていた〇〇ちゃん。

中学校の部活も同じテニス部に入って、ときにはライバルとして戦い悔しい思いをすることもありました。

高校は別々の学校に通い、そこで初めて〇〇ちゃんと離れてしまった気がします。

今までずっと一緒で支えあってきた〇〇ちゃんがいなくて落ち込む私に、○○ちゃんのその明るい笑顔で励ましてくれましたね。

離れていてもずっと友達だよと抱き合ったのをよく覚えています。

その後も大学受験、就職活動で悩んでいたときも、お互い励ましあい乗り越えてきました。

学校は違っても、毎日メールや電話で連絡を取り合う彼氏彼女のようでした。

このような日しか、面と向かって言えないので恥ずかしいですが言わせてください。

〇〇ちゃんに出会えた事、今まで友人として関係を築けたこと、本当にうれしく思っています。

○○ちゃん、本当に今までありがとう。

そしてこれからも友人関係は続くと信じています。

○○ちゃんの素直な笑顔と、思いやりのある広い心で私や周りの人たちは何度も助けられてきました。

きっと新郎の〇〇さんも、同じ気持ちだったのではないでしょうか。

これからは、1人ではなく2人になったので、1人で頑張りすぎず〇〇さんと2人で支えあいながら頑張っていってください。

そして、温かい家庭を築いて下さい。

おふたりの末長い幸せを願い、お祝いの言葉に代えさせていただきます。

本日はおめでとうございます。

新婦○○さんの友人代表 〇〇より

こちらはあくまで例文ですが、新郎新婦との出会いのきっかけや、今までの思い出、そして祝福の言葉を述べるとよいでしょう。

まとめ

手紙形式が人気となっている今、スピーチを頼まれたら手紙で伝える方法を考えてみてはいかがでしょうか。

その際には、最後にプレゼントしたときに記念に残るよう、素敵な封筒にしまってプレゼントしてあげてくださいね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA