切り干し大根って冷凍を煮物にした状態でできるの?解凍の仕方は?

切干大根とは、千切りにしたり細かく削ったりした大根を、天日干しで乾燥させたもののことを言います。

代表的なのが、味噌汁の具にしたり煮物のおかずにしたりする食べ方です。

家でも簡単に作れて栄養豊富な切干大根を、冷凍保存を活用して上手に料理しましょう。

スポンサーリンク



切り干し大根って冷凍できるの?

切干大根は、水で戻すと膨らむことによってとても量が増えます。

一度開封した切干大根はすぐに使いたいところ。

しかし毎日毎日切干大根を食べるのには少し飽きてしまうという方もいるでしょう。

そんな時は食材をダメにすることなく使いきるために冷凍保存法を活用しましょう。

切干大根は冷凍が可能な食材なので、常温や冷蔵で保管するのではなく冷凍することによって保存期間を延ばすことができます。

冷凍保存をしておけば1か月ほど保存が可能ですので便利です。

冷凍保存をする際に注意するポイントは、水分をよく切って冷凍する事です。

そうしないと解凍した際にべちゃべちゃになってしまいます。

まず普段料理で使う時と同じように、定められた時間水に浸して膨らんだ切干大根の水気を絞ります。

そして小分けにするなど分量はお好みで調節し、ラップにくるみ金属トレイ等に乗せた状態で冷凍します。

そして冷凍できた状態の切干大根をジップロックなどの密封容器に入れてもう一度冷凍庫へ入れます。

小分けにする必要がない場合は、水で戻して水気をきった状態の切干大根をそのまま密封容器に入れて冷凍することもできます。

切り干し大根の煮物の冷凍の仕方は?

お弁当のおかずや、箸休めのちょっとしたおかずにも最適な切干大根の煮物。

調理済みの煮物を冷凍しておけば、すぐに食べることができるため大変便利です。

そんな切干大根の煮物を冷凍する方法についてみていきましょう。

まず、普段食べる時と同じように切干大根の煮物を作ります。

そして鍋のまま粗熱を取ります。

この時他の容器やお皿に入れて冷ます場合は、必ず清潔な容器に移すようにしてください。

すぐに食べない場合は菌の繁殖を防ぐことがポイントです。

そして次に、切干大根の煮物はしっかり冷めたら1回で使い切る量ごとにラップでくるみます。

この時余分な汁気を切っておくことが重要です。

解凍した際にべちゃべちゃになってしまい食感も悪くなってしまいます。

お弁当用に冷凍する場合は、1回分ずつカップに入れてからラップをするとそのままお弁当に入れることができるので便利です。

ラップでくるんだ煮物を金属トレイなどの上に乗せて冷凍庫で急速冷凍します。

そして完全に冷凍できたらジップロックなどの密封容器に移して再度冷凍します。

冷凍するにしても、保存期間は1か月ほどが目安となっているので、冷凍した日がわかるように日付を記載して早めに食べきるようにしましょう。

スポンサーリンク



切り干し大根を冷凍したあとの解凍方法は?

切干大根を冷凍後、いざ解凍して食べたい時にどのように解凍すればおいしいまま食べることができるのでしょうか。

切干大根は、基本的に「自然解凍」が一番です。

電子レンジを使うより自然解凍の方が味落ちを防ぐことができます。

調理したい前日の夜に、冷凍庫から冷蔵庫へうつしておくとよいでしょう。

切干大根の煮物を冷凍した場合も同じく自然解凍がおすすめです。

お弁当に入れるときは、凍ったままお弁当箱に入れておけば、食べるときには解凍されていて丁度食べ頃になっています。

おかずの保冷効果にもなるので凍ったまま入れるのはおすすめです。

夜ごはんのおかずとして食べたい場合は、朝冷凍庫から冷蔵庫に移しておきましょう。

自然解凍といってもすぐに食べない場合は、常温ではなく冷蔵庫で解凍するようにしましょう。

自然解凍がいちばん美味しく頂くことができますが、もちろんレンジを使うことも可能です。

その際は温め過ぎず、適温で食すようにしましょう。

冷凍保存期間の目安は1か月ほどですが、気づいたら1か月を過ぎていたという場合なんかもレンジで温めるか、再度鍋で加熱してもよいでしょう。

まとめ

切干大根は食物繊維やカリウム、カルシウム、それに鉄やミネラル類が豊富な栄養たっぷりの食材です。

小さな子供からお年寄りまで幅広く好まれる食材でもあるので、上手な保存方法を知って
賢く料理に生かせるといいですよね。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA