広島フラワーフェスティバルの今年のゲストは?ステージやライブを楽しむには?

 暦上では春が訪れ、気候的にも徐々に暖かくなってきましたね。

 毎年5月に広島で開催される「ひろしまフラワーフェスティバル」という祭典をご存知ですか。

 『広島と世界を結ぶ平和の花の祭典』と謳われている祭典で、音楽やダンスのイベントやフリーマーケットなどが行われています。

 今回はそんなひろしまフラワーフェスティバルの見どころや概要についてご紹介していきます。

スポンサーリンク



広島フラワーフェスティバルのゲストは今年は誰?

 今年のひろしまフラワーフェスティバルは5月3日~5日の3日間、平和大通り・平和記念公園をメインに開催されます。

 このイベントの見どころのひとつとして、毎年豪華なゲストが登場するというのが挙げられます。

 過去には一青窈さん(2014年)や夏川りみさん(2015年)、平原綾香さん(2016年)や八神純子さん(2017年)といった誰もが知っている歌手や芸能人の方がゲストとして出演されています。

 気になる今年のゲストですが、残念ながらまだ発表されていないようです。

 しかし毎年錚々たる有名人が出演されているので今年も期待できますね。

広島フラワーフェスティバルのステージはどうやって分かれているの?

 ひろしまフラワーフェスティバルでは、実に多くの催し物が開催されています。

 会場は、広島市中心部を東西に横断する約4kmの平和大通りや平和記念公園内など広島市中区内の様々な場所を使って行われています。

 催し自体沢山行われていてここまで会場が広いですし、一日しか行われていないものもあるのですべて回りきるというのはなかなか難しいかもしれません。

 平和大通り沿いと協賛会場内には30か所ほどのステージが設置されており、すべてに花の名前が付けられています。

 平和記念公園内に設置される「カーネーションステージ」はメインステージともいえる場所で、そこでは音楽やダンスが披露されます。

 上でご紹介した、毎年呼ばれるというゲストもここに登場します。

スポンサーリンク



広島フラワーフェスティバルでライブを見るにはどうしたらいい?

 ひろしまフラワーフェスティバルでは「フラワー音楽祭」という催し物が開催されます。

 ここではライブバトル(5月4日)や民謡名人戦(5月5日)というものが行われるのですが、どちらも事前に予選会が行われています。

 ライブバトルでは予選会の上位5組、民謡名人戦では予選会の上位10組が本番に出場、ステージで披露することが出来ます。

 ライブバトルはさくらステージで、民謡名人戦はメインのバラステージで行われる予定になっています。

 会場内はどこも入場料無料ですので、これらの催しを見るのは無料となっています。

 ちなみに、催しの内容によっては整理券を配って番号順にしか入場が出来ないようなところもあるみたいなので、行ってみたい会場は事前にチェックしておかれた方がいいかもしれません。

まとめ

 いかがだったでしょうか。

 毎年動員数が160万人を超えるというひろしまフラワーフェスティバル、催し物の内容も非常に充実していますし一度は行ってみたいと思われたのではないでしょうか。

 今年のゴールデンウィークは長い人で最大9連休にもなります。

 5月は時期的にも暖かく過ごしやすい気候ですし、遠方の方も是非ご家族や友人の方と揃って一度イベントに行ってみてはいかがでしょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA