100均で救急箱を用意するなら中身は何がそろえれる?絶対必要なものは何?

100均の店では品数も多く、色んな商品を購入する事が出来ます。

救急箱を作る材料や、救急箱の中身に必要なものにどんな物があるのか調べて見ました!

スポンサーリンク



100均で救急箱はできる?

救急箱を作る為に必要な材料には、木製の箱×2、取っ手×1、留め金×1、蝶番×2と色を変えたい場合には塗料があります。

ダイソーやセリアなどで売っている木箱はどれも軽く丈夫で、他の材料を揃える事も出来、手頃な値段で作成する事が出来ます。

木箱、蝶番、取っ手を組み立てるだけで、短時間で立派な救急箱を作る事が出来、初心者の方でも簡単に出来ます。

プラスチック製のケースやボックスではしっくりこなく、木製の救急箱が欲しくても手が出ない方におすすめです。

飾り取っ手や蝶番の取り付けは、仮組をして大丈夫なら留め金を付け取っ手とネームプレートを付ければ出来上がります。

2つの箱のうちフタにする方に穴をあけ取っ手を取り付けますが、穴をあける時はキリを使いますので注意が必要です。
蝶番を取り付け木箱と木箱をつないだら、プラスドライバーで留め金を取り付けます。

色を付けたい方は塗料で色を塗り、ステンシルやシール、スタンプで飾りつけをすれば自分オリジナルの救急箱を作る事が出来ます。

おすすめの色にはアイボリーやベージュなどのナチュラル系があり、取っ手や蝶番も色々なタイプが販売されています。

スポンサーリンク



救急箱の中身で100均でそろえれるものは?

100均ミーツには防水タイプのキズテープがあり、傷口をカバーし水で傷口がしみることなく安心です。

フィットしてはがれにくく、皮膚の色に近い半透明タイプで貼っていても目立たずおすすめです。

ダイソーにはサンリオキャラクターの絆創膏があり、キティちゃん&マイメロディの2種類がナイロンケースに入っています。

薬の成分が無くガーゼとしての機能だけで、あまりくっつかずはがれやすいとう意見もありますが、かわいらしさで購入される方が多いようです。

100均には家庭医学の本もあり、この本を用意しておく事で、ケガや体調を崩したり病気にかかった時に安心です。

マスクや毛抜きも100均で購入する事が出来、風邪の予防やかかった時の感染予防にマスクは効果があり、毛抜きはトゲが刺さった時などに便利です。

伸縮性の包帯や、綿棒、テープ、はさみ、ピンセットを購入する事も出来ます。

救急箱の中身には必要ないかもしれませんが、衛生を保つ事で病気から体を守ってくれる事もあります。

100均の店にある衛生商品のウエットティッシュは、手が汚れた時などに除菌をしてくれますのでおすすめです。

救急箱に必要なものは何?

内服薬で必要なものは、総合感昌薬、解熱鎮痛剤、胃腸薬や酔い止めがあります。

総合感昌薬は、家族構成によって子供用と大人用の2種類を準備し、解熱鎮痛剤は成分がアセトアミノフェンのタイレノール、ラックルがおすすめです。

胃腸薬では消化剤や下痢止めで子供でも飲める使いやすい物と、1種類で何でもカバーができて常備薬にできる胃薬があれば安心です。

酔い止めは家族に乗り物酔いをする人がいる場合や、いざという時にあると便利です。

外用剤で必要なものは、消毒用アルコール、点眼薬、湿布薬、塗り薬があります。

点眼薬は涙の成分に近いもので防腐剤が含まれていないものが良く、湿布薬は打ち身や捻挫に効果のある冷感タイプのものが便利です。

塗り薬では、虫刺され用、あせも、湿疹用、傷の化膿止めがあれば安心で、子供がいる家庭では、虫に刺された時にパッチタイプがおすすめです。

他には、体温計、絆創膏、創傷被覆材、包帯、テープ、はさみ、ピンセット、毛抜き、水枕、滅菌ガーゼ、ストッキングがあります。

ストッキングは、包帯よりも簡単で圧迫しすぎず柔らかく押さえる事が出来、1人でも使いやすいのが特徴です。

まとめ

救急箱は病気になった時にかかせないもので、中身を揃えておく事でいざという時に慌てずに済みます。

100均で購入出来る物を上手に利用する事で、生活に余裕が出来ればうれしいですね!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA