手作りのコサージュの作り方で結婚式にもつけれるものは?どんな色ならOK?

コサージュとは、洋服やドレスにつける花をモチーフにした胸元につける飾りのことです。

つけるだけで着ている洋服やドレスのイメージが変わり、華やかになるので、結婚式には欠かせないアイテムです。

色とりどり、形もさまざまなコサージュがありますが、ちょっとひと手間加える程度であなただけのオリジナルのコサージュが作れることを知っていましたか?

ただ結婚式につけるときはきをつけなければいけないマナーがあるので、ちょっと注意しながら手作りコサージュをつけて、お祝いの席に華を添えたいですね!

スポンサーリンク



手作りのコサージュの作り方は?

手作りのコサージュは、生花、造花、リボン、レース、ビーズなどさまざまな素材を使ったり、組み合わせたりして作ることができます。

「そんなことできそうにもないわ」「難しそう」と思われがちですが、意外と短時間で簡単に作ることができます。

・造花のコサージュ
お好みの造花をコサージュピンにグルーガンや木工用ボンドで貼り付けるだけでできます。
造花だけでは少し寂しいので、リボンをたらしたり、ビーズをつけたりするとより華やかな印象になります。

・リネンのコサージュ
リネンの細長い裂き布の片側を波縫いし、引っ張るとお花のような形になります。
好きな大きなにして、コサージュピンに貼り付けると出来上がります。
リネンだけではなく、リボンでも同じ方法でできます。

・生花のコサージュ
生花を水切りして、花から5㎝程度の長さにそろえて切ります。
コサージュの形に束ねて、茎のまわりに水分を含ませたティッシュペーパーでくるみ、水が漏れないようにアルミホイルで巻きます。
アルミホイルが目立たないよう、グリーンの花用のテープで巻き、コサージュピンも固定して、出来上がりです。

ちょっとした手間で、手作りコサージュも簡単にできます。

スポンサーリンク



結婚式にコサージュを手作りするなら?

結婚式では、生花は新郎新婦がつけるものなので、ゲストとして出かけるときは避けたほうがいいです。

造花を土台にして同系色のリボン、ビーズ、ラインストーンなどを加えて華やかさを出したものがいいと思います。

コサージュは胸元に飾ると思いがちですが、実は左胸の鎖骨の下あたりにつけるものなのです。

左側につける理由は、印象に残りやすいからなのです。

思っているよりやや高めの位置につけるので、少し流れを出すような形になると、華やかな印象を与えます。

造花をつけたコサージュピンの間に縦長の形になるよう、リボンやレースをはさみ込むと
素敵になりますよ。

また、花びらには水滴をイメージした同系色のラインストーンを貼りつけるだけで華やかさが増します。

ただラインストーンをつけすぎると、うっとうしくなってしまうので、花びら1枚に対して1~2個程度が無難です。

結婚式 コサージュ 色

結婚式はおめでたい席で、花嫁さんが主役の場所です。

そのことを考えた色選び、素材選びが必要です。

まずは色です。

黒、白は避けて下さい。

黒はやはり華やかなお祝いの席には、暗いイメージになってしまいます。

選ぶドレスの色によってはお葬式をイメージさせてしまうので、黒は避けたほうがいいです。

また白は、花嫁の色です。

ウエディングドレスの色とかぶってしまいがちですので、白や白に見える色は避けたほうが無難です。

また、色だけではなく、大きさやデザインにも注意して下さい。

多きすぎるものや奇抜なデザインのものは、参列者の方とのコーディネートから浮いてしまいます。

控えめで上品な12㎝程度の大きさのコサージュがいいです。

コサージュの素材は、サテン、レース、シルクなどドレッシーなものや上品に輝くビースでできたコサージュも素敵です。

生花のコサージュは、花の色が鮮やかで他のものには出せない上品さがあります。

つけてみたいと思いますが、結婚式では生花を飾るのは、基本的に新郎新婦だけなのです。

ですから、結婚式では生花のコサージュは避けて下さい。

花そのものをコサージュにしたいときは、造花を選んで下さい。

また、最近の造花もリアルなものがあります。

生花に見えそうなものは、造花であっても避けたほうが無難です。

まとめ

胸元にコサージュがあるだけで、上品な輝きと華やかさをプラスしてくれます。

結婚式ではドレスや洋服を華やかに見せてくれます。

おめでたい席ですので、コサージュでより上品に華やかさをプラスしたいですよね。

そんなコサージュが簡単に手作りできるとは考えたことはなかったのではないでしょうか?

ちょっとした工夫、ひと手間で、他の人とは違う、あなただけのオリジナルなコサージュを作ってみてはいかかですか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA