布団の湿気を取る方法でフローリングで断熱シートを使うのはあり?対策で何が一番おすすめ?

ふんわりした布団や、天日で干した後の布団の匂いはとても気持ちが良く眠りを誘います。

湿気のある布団はあまり気持ちのいいものではなく、嫌な感じがします。

心地よい睡眠に大切な布団から、湿気を取るにはどうしたらいいかを調べて見ました!

スポンサーリンク



布団の湿気を取る方法は?

人は一晩で平均200mlの汗をかくといわれていて、この汗は布団に吸収され湿気の原因なります。

湿気が多いとダニやカビを繁殖させてしまい、アレルギーなどの症状を引き起こしてしまう事もありますので注意が必要です。

朝起きてすぐに布団をたたまず、1時間ぐらい立って湿気がなくなってからたたむ事で湿気を取る事も出来ます。

布団が吸収した汗を放出するには天日干しが効果的ですが、梅雨の時期は雨が多く中々布団を干す事が出来ない事もあります。

花粉症の人も布団を干す事で花粉が付いてしまう心配もあり、天日干しは難しいようです。

バスタオルは水分の吸収が高く、何度でも使う事が出来、敷き布団の上に敷く事で湿気をとってくれます。

敷きっぱなしにしてしまうと、バスタオルにも湿気が残ってしまいカビの原因になってしまいますので注意が必要です。

新聞紙は吸湿力が高く色々な場所で使う事が出来ますが、すぐにヨレヨレになってしまいますので数日での交換が必要です。

ゴザは空気が通りやすく蒸れを逃がす構造になっている為、湿気を調整してくれます。

すのこ、除湿シート、布団乾燥機でも湿気を取る事が出来ます。

スポンサーリンク



フローリングに布団を引くとき湿気は断熱シートで防げる?

フローリングに直接布団を敷くと、布団に湿気がたまってしまう場合があります。

布団を敷きっぱなしの状態にしておくと、どうしても湿気が溜まってしまいますので注意が必要です。

寒くなると布団の中と床の温度差により結露が出来やすくなり、布団の下が濡れてしまう事があります。

湿気を溜めない為には床と布団の間に隙間を作る事が大切で、敷布団とマットの間に断熱シートを敷くと床の温度差をやわらげてくれます。

敷布団と床の間に、断熱シートとすのこの両方敷く事で湿気を防ぐ事が出来ます。

断熱シートの素材によって布団と断熱シートの間や、すのこと床の間に湿気がたまってしまうこともあります。

断熱シートは価格も手頃でとても便利ですが、購入する際は素材を十分確認してから購入する事をおすすめします。

フローリングに直接布団を敷く事が無いベットは、湿気を防ぐ事ができます。

フローリングの上にホットカーペットを敷くと、ホットカーペットに湿気がたまりカビが生えてしまいます。

状況を悪化させない為には、ホットカーペットの利用を避ける事が必要です。

布団の湿気の対策で何が一番おすすめ?

天気のいい日に布団を干す事が理想的ですが、働いている方や体力に自信のない方には中々難しい点があります。

布団乾燥機は天気に左右されず部屋で行う事が出来ますので、体力がない方や布団を干す場所がない方にはおすすめです。

熱風によって布団を乾燥してくれ、同時に熱に弱いダニにも効果を期待する事が出来ます。

梅雨の時期は、布団を乾燥させた後に掃除機をかけると効果的です。

花粉にも効果を発揮し、アロマの香りで匂いの対策になるものまであり一家に一台あるととても便利です。

すのこはフローリングに傷をつけてしまう事もありますので、床に傷をつけない為の加工がされていて、丸めて収納できるすのこベットがおすすめです。

湿気取り用の除湿シートは手軽に敷く事が出来ますので、湿気のひどい方にはおすすめです。

種類がいくつかあり、安い物では数回使うと駄目になってしまうものもあります。

長持ちさせるには、湿気取り用の除湿シートを定期的に干す事をおすすめします。

湿気取り用の除湿シートは敷く事でかなりの湿気を吸収してくれ、すのこと合わせて使う事でさらに効果的になります。

まとめ

布団の湿気を取る事で、快適な眠りを得る事が出来健康にも役立ちます。

布団の湿気を取る方法は色々ありますが、自分に合った方法をみつけてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA