スーツをクリーニングに出すのに日数はどれぐらい?頻度や出すタイミングは?

仕事でスーツを毎日のように着ている方は多いですね。

下着やシャツとは違い、スーツはそう簡単に洗濯ができません。

洗濯のため、クリーニングに出すことが多いですが、どれくらいの頻度で出したほうがキレイでいられるのか、たまにしか着ることのない礼服はどのタイミングで出せばいいのか悩むところですが、なかなか人には聞きづらいことですね。

今回、スーツのクリーニング方法について、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク



スーツのクリーニングの日数はどれぐらい?

スーツのクリーニングにかかる日数は、店舗によっても違います。

持ち込みの店舗だと2~3日くらい、宅配の場合は5~7日くらいです。

短時間でのクリーニングができる店舗では、翌日仕上がりや、午前中出せば、夕方には仕上がるということもあります。

またスーツのクリーニングの料金の相場は、全国平均で1154円でした。

これは地域差もありますし、サービスによっても違ってきます。

短時間仕上げの場合は、料金は高めになっているようです。

また、しみ抜きのサービスがついていたり、プレミアム仕上げだったりすると、その分が料金に反映されていることが多いです。

クリーニングの仕上がり時間やサービスなどを考えて、店舗を選ぶことがいいですね。

スポンサーリンク



スーツをクリーニングに出す頻度は?

ほとんど着ることがないからとクリーニングに出さず、お手入れをしないのは問題ですが、スーツをキレイにしておきたいからと、着るたびにクリーニングに出すのも、生地に負担がかかってしまい、よくないのです。

では、どれくらいの頻度でクリーニングに出せばいいのでしょうか?

クリーニングに出すかどうかは、汗の量が判断基準になります。

基本的には、しわがなく、目立つ汚れのない場合は、1シーズンに1回で大丈夫です。

衣替えの後、長期間しまっておくときは、汚れをしっかりと落としておかないとしみや虫食いの原因になってしまうので、衣替えのときはきちんとクリーニングに出して下さい。

夏場は汗の量も多くなるので、1か月に1度くらいは必要だと思います。

しかし、スーツの使用頻度、使用状況によっても、クリーニングの頻度は変わってきます。

デスクワークがメインの方なら、そんなに汗で汚れることはないでしょう。

営業の外回りがメインの方なら、夏場は汗汚れがひどくなってきます。

そのような場合は、2週間に1度くらいが目安です。

それ以上の頻度でクリーニングに出したくなるほどの汗や汚れが気になる場合は、もう1着スーツを買って着回しするほうがいいです。

また、注意しなくてはいけないのが、クリーニング後のケアです。

クリーニングでキレイに仕上がっているからと、クリーニング店の袋から出さずに保管されている方がいます。

この袋は、店舗で保管中のほこり除けのためだけのものなので、クリーニングから返ってきたら早めに外して下さい。

ハンガーも同じです。

店舗で管理するためだけのハンガーなので、スーツのサイズや形に合わないものです。

自宅で保管するときは、すぐにスーツに合ったハンガーに取り替えて下さい。

スーツをクリーニングに出すタイミングは?

ビジネス用のスーツと違って、礼服の場合はどのタイミングでクリーニングに出すか悩むところですね。

何日も続けてきたり、長時間着ることはあまりないので、そんに目立つ汚れはないような気がします。

しかし、1回着るだけで、目に見えない汚れや汗がつきます。

これらの汚れは、臭いやカビの元になってしまいます。

他にも汚れが原因で虫に食われやすくなったり、変色したりします。

そのうえ、着る期間より保管している期間が長いので、いざ着ようを思ったときにトラブルのため、着られなくなってしまっていたなんてことになってしまいがちです。

そのため、基本的には着用するたびにクリーニングに出したほうがいいです。

しかし、短時間の着用で、汚れや臭いなどが気にならなければ、洋服用のブラシをかけ、風通しのよいところに1日程度置いたあと、クローゼットにしまっても大丈夫です。

それでも、2~3回着用したら、クリーニングに出したほうがいいです。

まとめ

お気に入りのスーツ、いつでも使えるように準備しておきたい礼服は、キレイにしておきたいものです。

キレイにしておきたいからと、必要以上にクリーニングに出してしまうと、スーツを傷めてしまうことになってしまいます。

クリーニングだけではなく、スーツの素材に合ったケアをすることで、スーツの状態をよりよくすることができますよ。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA