中1で理科の自由研究をするのに氷を使って上手にレポートをまとめるには?

自由研究のテーマは、何にすればいいのか、どれくらい時間がかかってしまうのかなど悩むことは多いです。

また研究の準備に時間がかかってしまうと、それだけで実験ができずに終わってしまうことになってしまいます。

手軽に準備ができて、実験ができるもの・・・そんなものがあるのかと思ってしまいますが、あるんです。

それが、氷を使った実験です。

氷なら、どのご家庭の冷凍庫にもあるし、簡単に作れますね。

スポンサーリンク



中1で理科の自由研究をするならどんな内容がいい?

理科の自由研究で、一番手軽にできるのが、氷についての実験です。

氷は水からできています。

この水の違いで、凍り方の違いや氷の透明度の違いなどを調べる実験ができます。

また、氷の解け方の違いの観察もできます。

1.透明な氷を作る実験
用意するもの
・水
・割りばし
・鍋
・製氷皿

実験の方法
透明な氷を作るには、不純物のないキレイな水を作る必要があります。

そのため、水を鍋に入れて、十分に沸騰させて、カルキなどの不純物を抜きます。

沸騰させて、さました水を製氷皿に入れます。

このときに、
・何もせず、そのまま製氷皿に入れて、凍らせる水
・割りばしを製氷皿の下に入れ、冷凍庫の床に製氷皿が直接つかないようにして凍らせる水
・数十分ごとにかき混ぜて、凍るまでの時間を長くして凍らせる水

できあがった氷の透明度の違いや凍るまでの時間などを観察してみましょう。

2.一瞬で氷を作る実験
水を氷にするには、時間をかけて冷やす必要があります。

それが、一瞬にして凍る氷ができる方法があるのです。

水は0℃で凍り始めますが、水をゆっくりと冷やしていくことで、-10℃前後でも水のままで温度を下げることができます。

これが「過冷却水」という状態です。

この過冷却水に刺激を与えると、一瞬にして氷になるのです。

用意するもの
・沸騰させ、冷やしておいた水
・ボウル
・コップ
・氷
・塩
・温度計

実験の方法
①ボウルに氷を入れて、塩をふりかけておきます。

②コップに沸騰させて冷やしておいた水を入れ、そのコップをボウルに入れます。
 数分たつと、コップの中の水の温度が下がってきます。

③②の水の温度を測って、0℃以下になったら、ボウルからコップを慎重に取り出し、コップに氷を入れます。

コップの中の水の変化、一瞬で凍るのか、コップのどのあたりから凍るのかなどを観察してみましょう。

3.氷の溶け方の違い
水の中に他の物質が溶けていると、溶け方に違いがあるのか調べる実験です。

用意するもの
・水
・砂糖
・製氷皿
・氷をのせておく皿

実験の方法
①砂糖の濃度の異なる水を作ります。
・砂糖のはいっていない水のみ
・水100gに砂糖10gを溶かした水
・水100gに砂糖30gを溶かした水
の3種類を作ります。

②①の水を製氷皿に入れて、氷を作ります。
溶け方の違いを調べるので、作る氷の大きさをそろえておきます。
また、見た目だけでは砂糖水の濃度は分からないので、きちんとわかるように印をつけておくといいでしょう。

③皿の上に3種類の氷を置いて、溶け方を観察します。

スポンサーリンク



中1で理科の自由研究で氷を使ったものならどんなことをすればいい?

氷を使った実験での自由研究なので、凍り方、溶け方の違いを観察するものがいいと思います。

基本的には、上記のような実験になると思いますが、それらの実験をベースにして変化させた実験もできると思います。

さらに、1回のみの実験よりもより温度、水や溶かす物質の量など条件を変化させることで、今まで気づかなかった水の変化に気づくこともありそうです。

中1の理科の自由研究の上手なレポートの仕方は?

自由研究は、研究するだけで終わるのではなく、レポートとしてまとめるまでが自由研究なのです。

せっかく頑張った研究なので、実験結果をうまく伝わるようにしたいですね。

レポートの仕方にはいろいろありますが、書かなければならないこと、レポートの構成は基本的にはどれも同じです。。

レポートの構成は
①研究テーマ
②この研究を選んだ理由
③研究の方法と内容
④研究の結果・分かったこと
⑤感想・考察
⑥参考にした本・WEBサイト
⑦(あれば)実験にお世話になった人や場所

この順番にまとめていけば、うまくまとめることができます。

レポートの方法は、1枚の模造紙にまとめる、複数枚のレポート用紙などにまとめるなどの方法があります。

①1枚の模造紙にまとめる場合
・見出しやタイトルは、大きく目立たせる。
見ればすぐに、どのようなことが書かれているかわかるような工夫をします。

・写真や表、イラストなどをバランスよく配置させ、読んでいて飽きないようにする。

・簡潔に箇条書きにする。

このような工夫をすると、1枚の模造紙に書かれているものがより分かりやすくなります。

②複数枚のレポート用紙にまとめる
・タイトルは、読んでみたい、知りたいと思わせるようなものにする。

・1ページめに構成の①~⑦を短くまとめたものを入れると、どんな研究だったのかが分かりやすくなり、次を読んでみたいと思うものになります・

・2ページ以降に写真やイラストを使って、実験を詳しく説明していきます。

夏休みの自由研究で困っているあなたへ。

自由研究に関する全記事は、コチラにまとめています!

 自由研究をテーマにした24記事以上一覧ページへ

まとめ

自由研究のテーマを決めるのは、なかなか難しいものです。

興味があることでないと、うまく研究も進みません。

かと言って、特別なものを準備しなければならないのでは、それだけで時間がかかってしまい、研究の時間が取れなくなってしまいます。

身近なものを使っての研究は、取りかかりにも気軽にできて、もし失敗しても再チャレンジできるのも魅力です。

ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA