自由研究のまとめ方の例を先に知っておけば社会や歴史をまとめるのも簡単!

一生懸命頑張って取り組んだ自由研究も、まとめ方がうまくできていないと、研究内容がうまく伝わらなくなってしまいます。

自由研究の内容以上に、まとめ方が大切になってきます。

まとめ方には、人それぞれいろんな方法がありますが、絶対に書いておかなければならないことがあります。

その点をポイントに自由研究のまとめ方について、お伝えしたいと思います。

スポンサーリンク



自由研究のまとめ方の例で鉄板なことは?

自由研究をまとめるに当たって、絶対に書かなければならないこと、自由研究の構成は基本的なものがあります。

それは
①研究テーマ(研究の題名)
 どんな研究だったか分かること、読んでみたいと思ってもらえるようなテーマにすることが大切です。

 例えば、「夕焼けが赤いのは?}よりも「なぜ夕焼けは赤いの?夕焼けが赤く見える秘密を探る」とすれば、研究内容も具体的に感じて、読んでみたいなと思ってもらえるはずです。

②研究のきっかけ・選んだ理由
 疑問に思ったり、興味があったりして、研究に取り組んだと思います。

 なぜこの研究をしようと思ったかをきちんと表現することは、研究ではとても大切なことです。

 「昼間は赤く見えない太陽の光が夕方になると、赤い夕焼けになるのはどうして?」など研究に取り組んだきっかけを書いておくといいです。

③研究の方法と内容
 ・どんなことを知りたかったのか
 ・知りたいことをどんな方法で調べたのか
 ・どのような準備をして、どんな手順、方法で調べたのか
 を分かりやすくまとめます。
 
④研究の結果やわかったこと
 どんな結果となったのかを書いていきます。
 
 例えば、夕焼けの実験に取り組んだ場合、「上から光を当てたら、白く見えたが、キャップから見たら、赤く見えた」というのは、結果です。

 そこから、光が屈折することで、見え方が変わるということは分かったことになります。

 このことをまとめていけばいいのです。

⑤感想、実験で得られたことを今後どう活用するか
 「楽しかった」「準備も大変で、実験も難しかった」などは感想です。

 今後の研究にもつながってくることなので、感想も書いていきましょう。

 また「光にも色があることが分かったので、光の色によって温度の違いがあるのか調べてみたい」など自分にとって有意義な実験となったことも書いておくといいです。

⑥あれば参考にした本やWEBサイト
 自由研究をすすめていく上で、参考にした本やWEBサイトがあるはずです。

 本などは書いた人がいるので、きちんと紹介して下さい。

 本であれば、タイトル、著者名、発行年、出版社を、WEBサイトであれば、タイトル、URLを書いておきましょう。

⑦あればお世話になった人や場所
 博物館や科学館などの施設に見学したり、誰かの話を聞きに行ったりした場合は、場所やお世話になった人も書いておきましょう。

この7点をまとめていくのですが、自由研究のまとめ方には
・スケッチブックやノートなどの複数に紙にまとめる
・1枚の模造紙にまとめる
などの方法があります。

スポンサーリンク



自由研究のまとめ方の例で社会の場合は?

社会の自由研究は、人口の変化や住んでいる街の変化など調べることが多くなってきます。

頑張って調べたことなので、たくさんのことを書きたい、図や表を取り入れるからと思い、模造紙を使ってまとめると、文字や図が多くなってしまい、全体的に読むずらくなってしまいがちです。

社会のまとめの場合、せっかく調べたことを分かりやすくまとめるにスケッチブックを使うといいです。

スケッチブックはノートより大きいので、図や絵などの資料を貼りやすく、文字も大きく書くことができます。

また紙質も厚いので、サインペンなどが使いやすく、より読みやすく仕上がります。

自由研究で社会の歴史をまとめるには?

自由研究で歴史をテーマにする場合は、興味を持った歴史上の人物について調べることが多いです。

そのときには、その歴史上の人物がいつ生まれ、どんな活躍をして、どのような一生を送ったかなどを調べていくと思います。

さらに深めていくと、その人物が生きた時代はどんな時代だったのか、時代の特色も調べていくことができます。

この場合、一目でわかるほうが調べたことの全体像がわかるので、スケッチブックなどの複数の紙を使うより、1枚の模造紙にしたほうが分かりやすくなると思います。

模造紙の中央部分に、その人物の全体像を書き出し、周囲に時代背景、行ったことなどを書いていくと見やすくていいと思います。

夏休みの自由研究で困っているあなたへ。

自由研究に関する全記事は、コチラにまとめています!

 自由研究をテーマにした24記事以上一覧ページへ

まとめ

せっかく頑張った自由研究もまとめ方次第で、評価も大きく変わってきます。

誰もが「読んでみたい」「興味を持った」と感じる自由研究になると、より研究の評価が高くなります。

研究はまとめるまでが研究です。

このまとめることが一番大変な作業ですが、きちんとまとめることでよりよい自由研究となっていきます。

最後まで諦めずに、最高の自由研究にして下さい!

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA