帽子の洗濯の方法で型崩れしないようにするにはどんな洗剤がいい?

おしゃれアイテムのひとつでもある帽子ですが、しっかりと日々のお手入れをしている人、お手入れの仕方が分からず何もしていない人、様々だと思います。

ここでは、あまりお手入れをしたことが無い人のために、帽子の洗濯の方法について簡単にまとめました。

帽子の洗濯の方法は?

まず、帽子を洗濯する方法ですが、帽子の洗濯表示を確認し、洗濯できるかどうか確認してください。

洗濯ができないようであれば、汚れた部分を手洗いすることになります。

洗濯可能となっていた場合には、洗濯機でも洗濯をすることができます。

洗濯をするときに気になるのが型崩れです。

せっかく気に入った形の帽子を買ったのに、型崩れしてしまっては元も子もありません。

洗濯ができない帽子としては、洗うことによって伸びたり縮んだりしてしまうもの、型崩れするものが挙げられます。

キャップやハット、ニット帽は洗える場合が多く、ストローハットやハンチング、フェルトハット、ベレー帽などの素材を生かしたものは洗えない場合は多いかと思います。

キャップの場合、綿素材のものであれば洗濯できるものが多く、汗を多くかくシーンで使うものであれば、洗濯をしたほうが清潔です。

洗濯機を使うときにはネットに入れて洗濯をするようにしましょう。

洗剤は家庭にある洗濯用洗剤で大丈夫ですが、内側に汚れがたまっていることが多いので、汚れがたまりそうなところは歯ブラシなどで汚れをかき出し、汚れが目立つ場合には、部分的にもみ洗いをしてから洗濯をするようにしましょう。

スポンサーリンク



帽子を洗濯すると型崩れしない?

洗濯機を使うのであれば、ネットに入れて洗濯をし、すすぎは十分してください。

ただし、型崩れ帽子のために、脱水は短時間としてください。

帽子にはいろいろな形がありますが、前述したキャップであっても、形がしっかりしているものは、型崩れの心配があるものもあります。

洗濯できるものであっても、型崩れが心配な場合は手洗いをしましょう。

手洗いの場合は、大きめの桶などにぬるま湯で洗剤液を作り、帽子を入れてやさしく押し洗いをします。

型崩れの心配がある部分は、折れたりしないように注意しながら洗い、汚れがたまりやすい内側は部分的に歯ブラシを使うなどして洗います。

洗い終わったら、新しいぬるま湯で2~3回ほど押し洗いしながらすすぎ、脱水は短時間で済ませます。
大きめのタオルで帽子を包むようにして、帽子の水分をしっかり吸収させ、風通しのよいところで、ザルやペットボトル、巻いたタオルなどに帽子を被せるなどして陰干しします。

ピンチではさむと、跡がついてしまったり、吊ったときにその形に変形してしまう恐れがあるので、吊り下げて干すことは避けたほうが無難です。

帽子を洗濯するときにどんな洗剤がいい?

洗濯をするときの洗剤は、中性洗剤とし、家庭にある普通の洗剤で構いませんが、漂白効果のあるものは色落ちの可能性がありますので避けましょう。

軽い汚れであれば、中性洗剤で十分落ちますし、中性洗剤で作った洗剤液をタオルにつけてふき取り、濡れタオルで拭きとるだけできれいになります。

汚れがひどい場合には、ベンジンを使います。

ベンジンを使うときには、タオルにベンジンをつけて、汚れ部分をたたくようにして汚れを取り除きます。

仕上げでは濡れタオルで拭きとります。

いずれの場合も、風通しの良いところで陰干しして、しっかりと乾かしてからしまいましょう。

洗濯表示には、「中性」という表示のあるものと無いものがありますが、いずれの場合も中性洗剤を使用すれば問題はありません。

おしゃれ着用中性洗剤としては、エマールがありますが、この洗剤であれば問題なくきれいに洗うことが出来るでしょう。

しみなどのひどい汚れの場合は、漂白剤を使用しないときれいにすることが難しいので、もし漂白剤などを使う場合には、目立たない場所で試してから使用することとし、使用する場合にも短時間で洗い流すようにしましょう。

まとめ

帽子を型崩れさせないために、洗うときと乾かすときに気をつけましょう。

洗剤は普通の洗濯用中性洗剤で大丈夫です。

まずは、洗濯表示を確認して洗濯可能かどうか確認してください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA