帽子の汗ジミは取れるの?染み抜きの仕方は?汚れを防止するテープとかあるの?


今はおしゃれで帽子を使用することも多いですよね。

ファッションの一部としての帽子ですが、頭はよく汗をかくところですので、帽子に汗が染み込みやすいのが悩みどころです。

ここでは、付いてしまった汗ジミのとり方、そして汗ジミの予防法について紹介します。

お手入れをちゃんとして帽子を長持ちさせましょう。

スポンサーリンク



帽子の汗ジミは取れるの?

帽子の内側にできてしまった汗染み、出来てしまったものは仕方がありません。

洗濯表示に従って洗濯ができるものであれば、まずは洗濯を試みましょう。

丁寧に洗うことで、汗染みを取り、きれいな帽子に戻すことができます。

汗ジミや皮脂汚れが特に気になるところは、帽子の内側のスベリと呼ばれるテープ部分でしょう。

そこにできる波状の染みこそ汗ジミです。

黒ずんでしまっている場合は皮脂汚れなので、汗ジミよりは落ちやすいかと思いますので、汗ジミをとるときに、一緒に洗い落としてあげてください。

汗ジミをとるのに必要なものは、ぬるま湯と中性洗剤で作った洗剤液、歯ブラシまたは洗濯ブラシ、タオルです。

水洗いができるものであれば、帽子を洗剤液につけて押し洗いをして、しっかりすすぎ、脱水は軽めに行い、大きめのタオルに水分を吸収させます。

水洗いが出来ないものであれば、タオルや歯ブラシなどに洗剤液をつけて汚れている部分を優しくこすったり叩いたりして汚れを落とし、濡れ布巾で洗剤液を拭い取ります。

陰干しでしっかり乾かせば、汗ジミをきれいに落とすことができるでしょう。

自宅で洗うことが心配だ、という方はクリーニング店に相談しても良いでしょう。

スポンサーリンク



帽子の汗の染み抜きの仕方は?

帽子の洗い方は前述のとおりです。

汗染みも、軽いものであれば上記の方法で十分きれいにすることが出来ますが、塩を噴いてしまっている場合や、しみが黄色くなってしまった場合、汗で汚れがついてしまった場合などは、より念入りに染み抜きをする必要があります。

汗染みの汚れをとるまえに、ブラシなどを使って、帽子の外側と内側についているホコリをよく払ってください。

まずはぬるま湯と、よく泡だてたボディーソープを使って、皮脂汚れを落とし、よくすすぎます。

次に、洗濯用の固形石鹸を使って押し洗いをし、汚れがひどいところには歯ブラシなどを使って擦りましょう。

汚れがひどい場合には、液体洗剤よりも固形石鹸のほうが良く落ちます。

黄ばみが残るようであれば、酸素系漂白剤をぬるま湯に溶かして1時間ほど浸け置きしてからよく洗い流してください。

素材によっては色落ちする場合もありますので、色落ちが心配な場合には、浸け置きするお湯の温度を少し下げたり、粉末ではなく液体洗剤を使うなどしてください。

がんこな汗ジミも、この方法を使えばきれいに落とすことができます。

帽子の汚れを防止するテープは100均にもある?

汗ジミを落とす方法を紹介しましたが、大事なことはこまめに汚れをとることです。

帽子の洗濯ができること、そしてその方法が分かったとしても、洗濯はどうしても手間と時間がかかるものです。

そのために、汚れや汗ジミを予防する方法を紹介しましょう。

帽子全体の汚れを帽子するためには、きれいなうちに、帽子全体に防水スプレーをかけることです。

防水スプレーの撥水効果によって、帽子に汚れがつきにくくなります。

そして、汗ジミを予防するためには、市販のハットライナーや汚れ防止テープ、汗取りパットを使いましょう。

ハットライナーや帽子用の汚れ帽子テープは、百均ではあまりみかけませんが、汗取りパットはあります。

使い捨てなので安く抑えたいのであれば、抗菌・消臭効果のある汗取りパットを必要なサイズに切って帽子の内側、スベリ部分に貼ってみてください。

サイズをあわせたカットが面倒であれば、手芸用の布テープをハットライナーの代用としてもよいでしょう。

いずれも粘着テープが付いているので貼りやすいかと思います。

コスパのほか、肌に直接触れるところですので、肌触りや吸湿性を踏まえて素材を選んでください。

【関連記事】衣服の汚れ対策についてこちらでまとめています。

まとめ

汗ジミととり方、そして予防法について紹介しましたが、いろいろ試してみて、自分に一番あった方法を見つけ、帽子を楽しんでください。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA