自転車で雨具をしようしたらどうやって収納する?通勤しているひとはいつも持ってるの?家にあるものでなんとかできる?

自動車社会になった今でも、自転車は何かと便利です。

私はどちらかというと自転車派なので、急に雨が降ってきて困った経験もありますし、濡れた雨具の処理に悩んだこともあります。

子供が小さいときは幼稚園の送迎にも使いたくて、前かごがチャイルドシートになる自転車に買い替えて車の替わりに乗り回した経験があります。

そのせいか、雨の日でも子供は車より私の自転車に乗りたがったものです。

スポンサーリンク



自転車のときの雨具の収納はどうしてる?

自転車乗りで困るのは、やはり雨です。

今は雨の日でも自転車に乗れるよう、専用のレインコートやポンチョ、雨合羽がデザイン豊富に出回るようになってきました。

私も娘が自転車通学になるのを機に、二人でレインコートを買いました。

使わない時は問題ないのですが、急な雨でレインコートを着用すると体は濡れないので助かる代わりに、レインコートの収納や保存に悩みます。

ちなみに私が実際に取った対策は、自転車から離れた後の時間が短いなら自分の自転車にカバーとしてかけることでした。

晴れればレインコートごと乾いているので、さっと袋に入れて颯爽と乗って帰れますが、雨が降るときはこの方法は使えませんね。

でも、屋内にある駐輪場ならこの方法は最適かもしれません。

ここで気になるのが盗難です。

通勤・通学で雨具を使用する方は、長時間離れるのでやはり袋に入れて持参するのがいいと思います。

ただ、濡れたままなので脱いだら必ず水分をできるだけ取り、メッシュの袋に入れた後にナイロン製の袋に入れるという二重収納をお勧めします。

ナイロン袋はスーパーの袋やショップで包装されるもので構いません。

メッシュの袋は100円ショップでも購入できます。

スポンサーリンク



雨具を自転車で通勤している人はいつも持ってるの?

雨で濡れたまま、学校や会社に行くのは嫌ですね。

雨具を忘れた場合はやむを得ませんが、基本自転車で動く人は雨具は常備するべきだと思います。

今日は絶対に降らないという自信があるなら、個人の自由なのでお任せですが、自転車に乗るということは自動車と同じ車道を走るということを忘れないようにするべきです。

雨の日は道路も濡れ、視界も悪いなどの悪条件の中自転車で走るのは危険だという認識を忘れてはいけません。

自転車通勤・通学には、交通費を節約できたり体力づくりなどのメリットもあるので、実行している人も多いですが、濡れたり着替えが必要になるなど面倒なこともあります。

濡れた為に集中力が落ち、ちょっとした事故を招く例もありますので雨具は自分の用途に合わせて常備しておけば便利です。

最近では、サドルの下に収納できるポンチョが販売されているので、持参するのが苦手な方はいいかもしれません。

雨の日に自転車に乗る時にゴミ袋の上手な使い方は?

雨の日の通勤・通学では、ナイロン製の袋は必需品です。

とっさにごみ袋しかない場合でも、濡れてしまうよりは使った方がいいと思います。

ごみ袋は雨具の代わりにはなりませんが、意外と使う用途があるのです。

スーパーに行くたびに増えるナイロン袋ですが、たいていはごみ袋として使用します。

でも、サイズによってはサドルにかぶせておいたり、カバンをすっぽり入れることができたり、濡れた雨具を入れておくなど、いろいろ使えます。

ショップで包装するときの袋は、スーパー袋よりデザインが可愛いものが多いので、カバン入れには最適です。

ショップのメーカーによっては、肩にかけられるよう紐がついたショルダーバッグ式の袋もあるので、そういった種類の便利な袋は保存しておくと便利ですよ。

不要な袋があっという間に便利グッズに早変わりなんて、考えると楽しい自転車通勤・通学ですね。

出かけるごとに袋を2~3枚は常備しておくと何かと使えるようです。

まとめ

自転車での通勤・通学には雨がつきものですが、ちょっとした心がけで快適に雨の中を走れそうです。

でも、あまりひどい天候の時は別の手段で行くという決断も必要だと思います。

雨具や自分の工夫に頼りすぎない、過信しないことが自転車通勤・通学には一番なのかもしれません。

私ももう一度、自転車に乗る際の雨対策をしようと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA