旦那が転職で失敗したら妊娠中なら離婚するかもしれない?


赤ちゃんが生まれること、それは夫婦にとって何よりもうれしい出来事です。

でも、そんなときに旦那様から「仕事を辞めて、転職したい」と切り出されたら、あなたならどうしますか?

転職したい・・と言われれば、まず先に頭をよぎるのは旦那様の収入です。

転職することで収入が増えるかもしれないし、減るかもしれません。

そうなると、これから先の出産、育児にお金がかかることが分かっている中での退職、転職はとても不安になりますよね。

思わず、離婚を考えてしまうかもしれません。

いったい、どうしたらいいのでしょうか?

スポンサーリンク



旦那が転職で失敗したらどうする?

採用されるはずだったのに、採用できません・・と言われてしまい、無職になってしまった。

今より給料もよくなり、残業もないはずだったのに、予想以上に給料は少ない、サービス残業ばかりだった。

など、転職したことが失敗だったということがあります。

そうなると、また次の仕事を探すことを念頭に置かなければならなくなります。

家計を支える奥様も「こんなはずじゃなかったのに・・」と思ってしまいます。

では、万が一転職に失敗したと思ったときはどうしたらいいでしょうか?

まずは、お金の計算をしましょう。

生活していくためには、さまざまなお金が必要となります。

無職になれば、その必要なお金が無くなってしまうのです。

まずは、ハローワークに言って下さい。

自分に失業手当の受給資格があるかどうか、受給資格があるなら、いつから、どれくらい失業手当がもらえるのか、しっかりと確認して下さい。

そのことを確認したうえで、再就職計画を立てていきます。

年齢によっても違いますが、一般的に再就職まで、3~6か月かかると言われています。

そして、再就職までの生活の必要経費(健康保険や国民年金などを考慮して)をしっかりと計算します。

それで、再就職までの節約生活の生活費の計算をしていきます。

節約をしなければならないからと言って、食費ばかりを削るようなことをして、体調を崩してしまっては、元も子もありません。

しっかりと体調管理をしつつ、次の面接への鋭気を養っていて下さい。

次にするべきことは、退職理由を明確にすることです。

多くの場合、「残業が多かったから」「経営理念を合わなかったから」などが理由になっています。

さまざまな理由がありますが、この退職理由をしっかりと考えてみましょう。

「どうして残業が多い職場だったのか」「経営理念のどこが合わなかったのか」「なぜツラい職場だと思ったのか」など、退職理由に挙げたことをより深く掘り下げてみて下さい。

「お付き合い残業が多く、サービス残業になってしまい、希望の時間に帰られない日が多かった」「職場の雰囲気がピリピリしていて怒られるのではないか、常にビクビクしていた」など退職理由をより明確にすることで、「自分に合った仕事」や「自分に合った仕事の仕方」を考えることができます。

そうなると、本当に自分に合っている仕事を知ることができるのです。

そのうえで、次の転職先の情報をしっかりと収集して下さい。

年収、休日、会社の内外の評判、研修制度、離職率、自宅からの通勤は可能か、
社員の平均年齢などハローワークからの情報だけではなく、ネットなどさまざまな方法で調べてみて下さい。

そして、本当に働きたいと思うところがどうか判断して、再転職にむけて活動して下さい。

スポンサーリンク



旦那の転職が妊娠中だったら賛成する?

転職を考えている旦那様も不安でしょうが、妊娠中の奥様は不安だけではなく、心身共に負担が大きいです。

妊娠中は、自分の体調のこと、お腹の赤ちゃんのことが心配なのに、その上で旦那様への気遣いをしていくのは、大変なことです、

出産後、奥様やお子さんの体調が悪くなっても、転職したばかりの旦那様には頼ることができないのです。

さらに生活の不安もあって、奥様は精神的に余裕がなくなってしまいがちです。

旦那様は、次の仕事で挑戦したいことや意欲、家族の生活のことなど前向きに考えていることでしょう。

でも、奥様はもうすぐ生まれてくるお子さんのこと、生活のことを考えると、転職を阻止しようと「嫁ブロック」してしまうのが当たり前だと思います。

妊娠中に旦那様が転職したいと言ってきたときは、それが本当に旦那様のためになることか、旦那様のメリットだけではなく、家族がその転職で幸せになるのかどうかよく考えることが大切だと思います。

旦那の転職が失敗して離婚 ってこともあるの?

やはり何の相談もなく、旦那様が仕事を辞めてくる、何度も転職を繰り返すなどといったことがあると、離婚を考えてしまいますね。

仕事と辞めても、転職活動をしない旦那様には「本当に働く気はあるの?」と不信感を持ってしまいます。

何度もすぐに仕事を辞めてしまう旦那様には「この先、この人とやっていけるのか?」と不安になります。

旦那様に対するマイナスの感情ばかり大きくなり、奥さまもストレスを抱えてしまい、夫婦関係を破綻させる原因にもなりかねません。

旦那様の転職が離婚の直接的な原因にはならなくても、転職によって起こってしまった状況が離婚原因として認められます。

転職が原因ではなく、働ける状況なのに働こうとしない、家事や育児を奥様に丸投げにしているなどといったことで離婚になってしまうこともあるのです。

まとめ

出産を控えているときに、旦那様から「仕事を辞めたい」と言われれば、誰でも不安になります。

子供が生まれることで生活が大きく変わり、今の生活もうまくできるか不安になっているのに、それ以上の変化を受け入れられるか、夜も眠れなくなるほど、本当に心配になります。

旦那様、奥様の思いをしっかりと話し合うことが大切です。

妊娠中に転職を切り出されたからと言って、まず離婚から考えてしまうのは大きな間違いです。

よく話し合って、これからの生活のことを考えてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA