デートの誘いの断り方でメールするときはどういう例文がある?しつこい誘いを上手に断るには?

デートの誘い、嬉しいときもあれば、そうでないときもあります。

あまり気乗りがしないとき、相手の気分を害さないように、また今後誘われないようにするためには、どのように断るのがよいのでしょうか。

ここでは、デートの誘いの断り方についてまとめています。

スポンサーリンク



デートの誘いの断り方をメールでするには?

デートの誘いがあったとき、相手の気分を害さないようにするには、迷惑だという気持ちをストレートに伝えてしまうと角が立ちます。

相手の気持ちを尊重しつつ、相手に変な期待を持たせないように、丁寧に断るのが上手な断り方です。

とはいえ、どのようにして断るのがよいのでしょうか。

仕事や体調を理由にしたり、その日はすでに予定が入っている、など、その場しのぎの断り方をしている方も多いでしょう。

また、メールでの誘いであれば、返信できなかったことを後で詫びることにして、誘い自体をはぐらかしてしまう、という人もいます。

とはいえ、曖昧にしすぎると、結果的に気持ちをもてあそばれたと思われてもいけませんので、お互いのためにも自分の意思をきちんと伝えたほうが無難です。

直接伝えるのは難しくても、メールであれば伝えやすい、という人も多いかと思います。

まずは、デートをする意思がないこと、恋愛に発展する可能性がないことが伝わるようなニュアンスで断りのメールを入れましょう。

それでも伝わらない、と感じた場合には、自分にはその気はないこと、自分の気持ちは他にある、ということなどを伝えるとよいでしょう。

スポンサーリンク



断り方のメールの例文は?

デートの誘いを断るとき、メールの文面としてはどのようなものが良いのでしょうか。

連絡が来ないようにするためには、仕事を理由にするなどして、「都合がつきそうであれば、こちらから連絡します。」として、極力相手からの連絡を絶つのもひとつの方法です。

これは、連絡をするかしないかはこちらが決めます、というように、割とはっきりとした、その気がない、という意思表示になります。

このとき、「お誘いをありがとう。」という一文を入れるようにしましょう。

相手の気持ちを傷つけない用は配慮しつつ、相手の気持ちを汲みつつも、お断りの気持ちを伝えることで、相手に、デートの誘いは迷惑だったかもしれないな、というように思わせることができます。

それでも角がたつ、と思う場合には、「デートのお誘いをありがとう。楽しそうなので友達と一緒でもよければ行きたいとは思います。」というように、2人きりにはならないという気持ちを伝えましょう。

普段から付き合いのある友人のような関係であれば、「今は忙しくて難しいから、また今度ね。」としたり、「そろそろ仕事に行かないといけないから、話はまた今度ね。」というように、フェードアウトすることで、友人関係を壊さないようにすることもできるでしょう。

いくら断っても諦めずに誘ってくる場合には、その気が無いことや、迷惑だという気持ちが伝わっていない可能性があります。

相手によっては、ストーカーに発展しかねませんので、その場合は、女性としては少し恐怖を感じてしまうかもしれません。

男性は、自分にはまだ可能性がある、という気持ちが強くなると、誘いがよりしつこくなる、という人もいます。

そういう場合には、自分には好きな人がいる、すでに付き合っている人がいる、ということを伝えると、誘われにくくなります。

そのとき、今の彼のことで悩んでいる、というように現状に不満がある言い方をしてはいけません。

好きな人がいて、その人を振り向かせるために相談に乗って欲しい、また、付き合っている人と結婚を考えている、というように、自分の目には他の男性しか映っていないのだ、ということを伝えましょう。

嘘も方便、上手に使ってその気がないことを伝えましょう。

恋愛に発展してもよい、と思える相手で無い場合には、相手に隙を与えないようにしましょう。

これは相手を尊重しつつ、自分を守るためでもあります。

間違っても、気持ちを弄ばれた、と思われないようにしましょう。

まとめ

デートの断り方はいろいろな方法があります。

難しいかもしれませんが、相手の気持ちを尊重しつつも、自分の気持ちを伝えて丁寧に断るようにしましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA