デート2回目で手をつなぐタイミングは?自然にする方法は?

付き合い始めのデートでは、手をつなぐタイミングは難しいですよね。

手をつなぎたくても、まだ早いんじゃないかと思ったり、いつ手をつないだらいいのか分からない、と悩んでしまうひともいるかと思います。

ここでは、デートで手をつなぐタイミングについて考えてみました。

スポンサーリンク



デート2回目で手をつなぐのは早い?

デートでは、はじめてのデートで手をつなぐという人もいますし、何回かデートをしているものの、手をつなぐことが恥ずかしいのでつないでいない、という人もいます。

そのため、2回目のデートで手をつなぐのが早いかというと、そうではないと思います。

付き合った経験があれば、初めてのデートでもある程度自然に手を繋げるでしょうし、そうでない場合でも、手を繋ぎたい、という気持ちがあれば、ぎこちないながらも繋ぐことができるでしょう。

要は、気持ちを行動に移せるかどうかの違いです。

付き合っているのであれば、手を繋ぐのが嫌だと思っている場合を除けば、お互いに手を繋ぎたいと思うのが自然なことかと思います。

自分では手を繋ぎたいと思っても、相手はそう思っていないかも知れない。

そういう風に思ってしまう人もいるかもしれませんが、手を繋ぐことは、恥ずかしいものの嬉しいと思えることですし、より親密になれたと感じるものですので、デート2回目で早いと思わず、ぜひ手を繋いでみてください。

もしかすると、相手は手を繋いでくれることを待っているかもしれませんよ。

スポンサーリンク



デートで手をつなぐタイミングは?

デートで手を繋ぐタイミングは、並んで歩いているとき、隣あって座っているとき、など、並んでいるときです。

女性であれば、男性にエスコートしてもらえると、大切にされていると感じて嬉しいものです。

歩き始めるときや、階段など段差があるところで手を差し伸べるなどして、タイミングを見計らって手を繋いでしまいましょう。

タイミングをつかめない場合は、「手を繋ごう。」と声をかけてもよいでしょうし、「手を繋ぎたいんだけどいいかな?」と聞いてもよいでしょう。

何か一緒に行動を起こすタイミングで手を繋ぐと、自然でよいかと思います。

もし、映画を見るのであれば、映画を見ながらでもよいでしょうし、タイミングはデートの内容によって、それぞれでしょう。

手を繋ぐのは、女性からでも、男性からでも構いません。

お互いに手を繋ぐタイミングを計っているのであれば、どちらからでも嬉しいものです。

かっこよく、良いシチュエーションで手を繋ぎたいと思う人もいるかもしれませんが、現実は思ったとおりに行くものではないですし、大切なことはお互いの気持ちです。

デートで手をつなぐときに自然にするには?

デートで自然に手を繋ぐには、待ち合わせをしたところで、歩き始めるときに手を差し出したり、横に並んだときに手を繋いでしまうことです。

歩いていてしばらくしてしまうと、手を繋ぐタイミングを逸してしまいます。

とはいえ、手を繋ぎたいと思ったときに、自分の気持ちに素直に従うことが、一番自然なタイミングです。

それは男性からでも、女性からでも、どちらからが自然というものではありません。

どちらから手を繋ぐのが自然な状況になるのは、お互いに手を繋ぐことに自然に慣れていってからでしょう。

はじめは、どうしてもぎこちなさがあるかと思います。

手を繋ぐタイミングばかりに気をとられて、話半分になってしまっても楽しくないですし、付き合い始めのデートでどきどきしたり、嬉しかったりするのは当たり前のことなので、それも楽しみと思ってください。

どんなタイミングで、どちらから手を繋ぐのが自然だろう、と思い悩む気持ちは分かりますが、まずは、自分の気持ちに素直に従ってください。

それがお互いにとって最善のタイミングですし、自然な繋ぎ方です。

まとめ

あれこれ悩んでいるよりも、素直に自分の気持ちに従ってください。

手を繋ぎたいと思ったときが、最善のタイミングです。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA