デートの時、割り勘は社会人なら当たり前?毎回割り勘する心理は?

デートのとき、割り勘をどう思いますか?

世代によって、性別によって、またそれぞれの経済状況によっても考え方は違うでしょう。

ここでは、割り勘のとき、そうでないときの心理を分析してみます。

スポンサーリンク



デートで割り勘は社会人で当たり前?

そもそも、経済的に自立している社会人のデートでは、割り勘は当たり前なのでしょうか。

よほど裕福でもない限り、できれば奢ってもらいたい、という気持ちは、男性も女性も少なからずあるものです。

お互いに収入のある身であれば、お互いの経済状況を考えて、デートは割り勘としている場合もあるでしょう。

映画や遊園地などでは、割り勘で、食事はどちらかが奢って、ということもあろうかと思います。

デートは、ただ一緒にいる、というだけではなく、男女間の駆け引きも多少ならずあるものです。

そのため、学生であれ、社会人であれ、デートでは全部が全部割り勘、ということは少ないでしょう。

経済的に自立しているからこそ、借りを作りたくない、という気持ちや、相手に負担をかけたくない、という気持ちが強ければ割り勘にもなるでしょうが、デートであれば、時には相手に甘えること、甘えられることも楽しみのひとつになります。

経済的な負担もありますので、割り勘は当たり前なことではなく、相手を思いやってのこと、お互いのことを尊重してのこと、と考えるとよいでしょう。

スポンサーリンク



デートの時に割り勘は毎回なの?

前述しましたように、デートのときに毎回割り勘ということは少ないのではないでしょうか。

お互いの関係によっては、毎回割り勘というのもありでしょう。

男性がよほど裕福であれば、女性は毎回奢ってもらう、というのもありだと思います。

一方で、女性側としては、平均的な収入で比較するとどうしても男性に劣ってしまうところがありますので、男性にはできれば奢ってもらいたい、と思っている人が多いのが現状です。

男性としては、女性よりも社会的に、また経済的に優位な立場、強い立場にいることを望む傾向があるというのも事実です。

そのため、多くの場合は割り勘であっても、男性が女性に奢ることが多少あるほうが、お互いの心理的によい関係を築けるのではないか、と考えます。

どちらか一方の負担が大きすぎると、相手に依存せざるを得ない状況がでてきます。

奢り奢られ、という関係をお互いに楽しめるのであればよいですが、そうでない場合には、基本的には割り勘で、記念日にはどちらかが負担して、そのお返しには何かプレゼントを、というのが良いのではないでしょうか。

デートで割り勘する心理は?

デートでの割り勘、男性と女性とでは、考え方に違いはあるのでしょうか。

男性としては、お互いに収入があるのだし、収入に大差ないのだから奢る必要はないし、何か見返りがあるのであれば奢るけど、そうでなければ奢ってもメリットはない、と考えている場合が多いようです。

経済的によほど裕福でなければ、また、男性が奢るものだ、という考え方が強くない限りは、多少なりとも見返りを望んでいるものです。

女性としては、奢ってもらいたいという気持ちが大きいものの、相手への負担を考えたり、借りを作って何か求められても困る、という心理が働きます。

とはいえ、女性としては、きっちり割り勘でなくとも、ほんの少し男性側が負担してくれれば、と思ってしまうものなので、いつもきっちり割り勘だと、喜びや楽しみが半減してしまいます。

男性にとっては、割り勘は経済的にありがたい、と思うのものですが、女性にとっては、いつも割り勘だと、ちょっとしたきっかけで、あまり大切にされていないのではないか、と思うことにつながってしまいます。

恋愛は駆け引きもありますので、割り勘ばかりだと友達と同じ関係性になってしまい、女性としては、脈が無い、あまり大切にされていないと思ってしまう可能性が多分にあることでしょう。

まとめ

経済的にお互いが自立しているのであれば、いつも割り勘ではなく、たまには奢ったり奢られたりして、その関係を楽しんでみてください。

甘えたり甘えられたりする関係は楽しいものですよ。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA