住民票をコンビニでマイナンバーなしで通知カードだけでいい?他に必要なものは?

現在では24時間営業しているコンビニがほとんどで、時間を気にする事無く利用する事が出来とても便利です。

住民票をコンビニで取る事が出来る行政サービスもあり、取る時に必要な物や注意する事などを調べて見ました!

スポンサーリンク



住民票をコンビニでマイナンバーなしで取れる?

マイナンバーは、日本に住民票があるすべての方に割り振られた12桁の番号で、行政はこのマイナンバーで国民の情報を管理するために作られました。

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の3分野で複数の機関に存在する個人情報が、同一の情報である事を確認する為に活用されます。

3分野で共通の番号を導入する事で、個人の特定を確実に迅速に行う事が可能になります。

マイナンバー制度は行政を効率良く行う事が出来るようにし、国民の利便性を高めて平等でかたよりのない正しい社会を実現する基礎となるものです。

所得や他の行政サービスの受給状態をわかりやすくし、負担を不当にのがれる事や給付を不正に受ける事を防止します。

本当に困った方にきめ細やかな支援を行う事で、平等でかたよりのない社会を実現する事が出来ます。

行政機関や地方公共団体などで、書類の入力等の時間がはぶけたり、複数の業務の間で情報を共有することによって面倒な作業が軽減できるようになります。

行政の手続きが簡単に行う事が出来るようになり、添付書類も削減され国民の負担が少なくなります。

住民票は行政機関が持っている情報ですので、コンビニで住民票を取る時にマイナンバーが必要になります。

住民票をコンビニでマイナンバー通知カードでいい?

コンビニで住民票を取る場合は、本人確認するものにマイナンバーカードが限定されていますので、マイナンバー通知カードでは住民票を取る事は不可能です。

マイナンバー通知カードはマイナンバーの確認や、マイナンバーカードの申請をする際に必要になります。

マイナンバーカードは全国民に配布はされる物ではなく、申請を行った方だけに無料で配布されるプラスチック製のカードです。

マイナンバーカードの申請は、マイナンバー通知カードに記載されている番号と本人の写真が必要になります。

マイナンバーカードの申請は誰でも行う事が出来、パソコン、スマホから申請する事も可能です。

本人の顔写真のチェックが厳しい為、ヘアスタイル、撮影場所にも注意が必要で、自分で判断せずに、知人などに依頼しきちんとした写真を撮ってもらう事をおすすめします。

マイナンバーカードの表面には、本人の顔写真、氏名、住所、生年月日、性別が記載されていますので、本人確認の為の身分証明書として学生の方や免許がないかたも利用する事が出来ます。

裏面にはマイナンバーが記載されていますので、税、社会保障、災害対策の法令で定められた手続きを行う際の番号確認に利用する事が出来ます。

住民票をコンビニで取る時に必要なものは?

住民票をコンビニで取る場合は、本人確認が出来るマイナンバーカードか住基カードが必要になります。

マイナンバーカードは厳密な本人確認を行っていますので、本人以外の人が勝手に住民票をとる事が出来ないようになっています。

住基カードは住まいの市区町村で簡単に交付を受ける事が出来る、セキュリティに優れたカードです。

電子政府、電子自治体の基盤として、各種行政の手続きをパソコン、インターネットを通じた電子申請を行う事が出来ます。

国民の利便性の向上や行政事務の効率化に大きく役立ち、金融機関などにおける本人確認書類として、収益移転防止法に位置付けられています。

公的な身分証明書として使う事が出来、写真付きの住基カードは公的な証明書として使う事が出来る便利なカードです。

住民票にマイナンバーが記載される事はなく、記載が必要な場合のみ表示してもらう事が出来ます。

マイナンバーの記載が必要ない場合に記載されていると、住民票を使う事が出来なくなりますので注意が必要です。

市役所で住民票を取る場合に必要な本人確認書類には、公的機関が発行している運転免許証、パスポートなど顔写真が掲載されている物で行う事が出来ます。

まとめ

マイナンバーカードか住基カードがあれば、コンビニで簡単に住民票を取る事が出来ます。

中々市役所に行けない方にとってとても便利なサービスですので、ぜひ試されてみてはいかがでしたでしょうか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA