就活でスーツのボタンに女の人は決まりがある?1つでもいい?閉めないといけない?

就職活動、大変ですよね!

私も経験しましたが、女性の場合、面接のときのスーツやメークが気になるもの。

採用されるために面接で他の方よりも印象良く見てもらうにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、女性の就活でスーツの着こなしについてお話していきたいと思います!

スポンサーリンク



就活でスーツのボタンは女の人はいくつ?

皆さんは就活用にリクルートスーツは準備しましたか?

たかが就活用スーツ・・・と思ってはいけません!!

就職したい企業の方と会う機会は面接の場、少しでも印象を残すためには、スーツもきっちりキメたいところ!!

そこで疑問に思うのが、どんなスーツなら印象良くなるの?ということ。

まずはボタンについて。

えっ、スーツのボタンだけで印象が変わるの!?と思いがちですが、実はそうなんです!

一般的には、2つ、もしくは3つのボタンが良いと言われています。

ちなみに、2つと3つでも、印象が変わると言われていますよ^^

2つボタンのスーツは、シャープな印象を与えます。

そのため、どんな企業にも好印象を与えると言われており、この2つボタンのスーツを選択する方も多いみたいですよ^^

なので、ボタンの数で迷っている方は2つボタンが無難かもしれませんね♪

それとは変わり、3つボタンのスーツは、真面目な印象を与えます。

金融関係や医療機関、公務員などお堅い職場を希望されている方にピッタリな3つボタンのスーツ。

真面目な印象とともに、誠実さも表現しているとされていますよ。

このように、ボタンの数だけでも印象が変わるので、希望する職場に合わせてスーツも選択したいですね♪

スポンサーリンク



就活のスーツのボタンは1つでもいいの?

スーツのボタンの数は2つ、もしくは3つが良いと言いましたが、スーツにはさまざまな種類があり、1つボタンや4つボタンのものも販売されていますよね。

これらは面接には不向きなのでしょうか?

実は・・・これらのスーツはなるべく就活用には用いないほうが良いとされています。

まず1つボタンのスーツは、基本的に礼服に多いんですね。

タキシードや喪服などの正装で着用されるものにたくさん見られるので、就活用には不向きなんですね。

また、4つボタンのスーツは、「オシャレすぎる」ため、就活には敬遠されています。

デザイン性が高くファッショナブルすぎるので、就活用に用いるよりはオシャレ着として着られることが多いみたいです。

そもそもスーツ市場でもあまり幅広く販売されていないため、入手も難しく、就活用として着られることはほとんどないようですが、もし4つボタンのものを着て面接に行くと、「生意気だ」という印象を与えかねないかもしれませんね^^;

したがって、先述したように、就活用には2つか3つボタンのリクルートスーツを着用するのがいいと思いますよ♪

就活のスーツのボタンは閉めるの?

リクルートスーツのボタンについてお話しましたが、どんな着こなしで面接に挑めばいいのでしょうか?

ボタンはすべてとめる?

それとも一番上、もしくは一番下はとめない?

これに関しては、男女で着こなしに違いがあります。

男性に関しては、一番下のボタンはとめないのが一般的だと言われていますが、それに反して女性はすべてのボタンをとめるのがマナーであるとされています。

男性用のスーツの一番下のボタンは飾りで、とめない方がかっこよくスーツを着こなせるとされているため、とめておく必要はないんですね。

逆に、女性用の場合、すべてとめることできれいなシルエットができ、素敵なスーツの着こなしが完成するとされているため、就活の面接でもボタンをすべてとめた方が好印象を与えることができるんですね。

また、スーツだけでなく、スーツの下に着ているカッターシャツやブラウスのボタンも気になるところ。

ボタンは一番上までとめたほうがいいのか?という点について^^

就活では、一番上までボタンをとめて面接に行きましょう!

季節によっては暑かったり息苦しかったりするかもしれませんが、そこは我慢!

就活の面接での最低限のマナーだと思って、しっかりボタンをとめて挑んでください!

まとめ

女性の就活用のリクルートスーツについてご説明しました♪

スーツのボタンは2つか3つのものを選び、女性の場合はカッターシャツも含め、ボタンはすべてとめて面接に行きましょう♪

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA