車のダッシュボードの掃除で白い汚れやホコリの取り方はこれで完璧!


車の外装の汚れは目立つので定期的に洗車をしても、車内の掃除はあまりしない方が多いのではないでしょうか?

「そんなに汚れていないと思うけど・・」と思われる方が多いのですが、車内は意外と汚れているのです。

より気持ちのいいドライブを楽しむために、ちょっとひと手間の車の外装の汚れは目立つので定期的に洗車をしても、車内の掃除はあまりしない方が多いのではないでしょうか?

意外とダッシュボードの細かい隙間に食べ物のカスやほこりなどが溜まっています。

特別な道具を使わず、洗車のついでにできるダッシュボードまわりの掃除の仕方をお伝えします。

スポンサーリンク



車のダッシュボードの掃除の仕方は?

ダッシュボードは汚れていないようで、ホコリやゴミなどで結構汚れています。

まずは掃除機でホコリやゴミを取り除きましょう。

メーターなどでこぼこした部分や隙間にも細いノズルを使って、ホコリを取って下さい。

また、ダッシュボードはシボと呼ばれるシワが入っています。

このシボの中に汚れが入りやすいです。

拭いたら汚れは落とせるだろうと思いますが、シボの中に汚れが入り込んでいるので、拭くだけでは落とせません。

シボに入った汚れは、たわしを使って落とします。

石鹸水を付けたたわしを、シボに対して斜めに動かすようにして、軽くこすると汚れが落ちます。

たわしを使った後は、水気を絞ったタオルで拭きあげます。

エアコンの吹きだし口やスイッチの中のホコリは、歯ブラシで掻き出すようにして取ります。

メーターのカバーは傷つきやすいので、歯ブラシなどは使わないで下さい。

メガネ拭きを使うと、カバーを傷つけることなく、汚れもホコリも取ることができます。

スポンサーリンク



ダッシュボードの白い汚れは取れるの?

ダッシュボード自体、黒っぽい色をしているので、どんな汚れでも白っぽく見えてしまいます。

汚れは原因によって落とし方が変わってきますが、ダッシュボードの汚れの多くは白くなってしまうので、汚れの原因が何であるかを確認しながら落としていくことが大切です。

まずは、水ぶきをして下さい。

それでもダメな場合は、台所などで使う中性洗剤を使ってみて下さい。

どうしても落ちない汚れは、アルコールを使ってみて下さい。

薬品を使ってしまうと、ダッシュボードを傷つけてしまうことがあるので、アルコール以外の有機溶剤は使わないで下さい。

車のダッシュボードにホコリがすぐついてしまうけどどうしたらいい?

車の汚れの原因の一つに静電気があります。

静電気は、物と物がこすれ合ったときに電気のバランス変化が起こることによって発生します。

車で発生する静電気なので、車が原因で発生すると思われがちですが、人間の体にも電気が流れているので、あなた自身が車のホコリに原因となっている可能性もあるのです。

車内に溜まった静電気が、ダッシュボードにホコリを吸い寄せてしまいます。

静電気除去スプレーを吹きかけたクロスやダッシュボード用シートタイプクリーナーなどで、ダッシュボードを拭くとホコリが溜まりにくくなります。

静電気防止ホコリ取りクロスも市販されているので、車内に常備しておくと気になってときにサッと取り出して使うことができるので便利です。

まとめ

車の外装を違い、車内の汚れは車に乗ってみないと分かりません。

外装はキレイなのに、車に乗ってみると車内がなんとなくくすんでいるとガッカリしますよね。

車内も掃除するのとしないのとでは、運転していても同乗していてもずいぶん気分が違います。

クリーナーなどでほこりを拭くだけでも車内の明るさも変わってきます。

より気持ちのいいドライブを楽しむために、ちょっとひと手間かけた車内の掃除をしてみませんか?

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA