シール剥がしの後にベタベタするのを簡単に取るには?失敗しないような剥がし方は?


お菓子の缶やビンなどについているシールを外したら、ベタベタしていてイヤだなと思うこと、ありますよね。

次に開けるときにベタベタが手についてしまうと、他のところもベタついた感じがしたりしますね。

また、お子さんが家具に貼ったシールもベタベタしますね。

このベタベタをなんとかしようとすればするほど、余計にベタついてしまった経験はどなたにもあると思います。

この気になるベタベタをキレイに簡単に取り除く方法をお伝えします。

スポンサーリンク



シール剥がしの後にベタベタだけが残ってしまったら?

シールを剥がした後、紙の部分だけが残ったり、粘着部分が残ってしまったりすることがあります。

これをそのままにしておくと、ベタベタ感がずっと残ってしまいます。

まずは、残っているものを取り除いてしまう必要があります。

テープなどの粘着力は温めると弱くなります。

テープの部分にドライヤーを当てて、粘着力を弱めてから、端からシールを剥がしていきます。

シールに隙間ができてきたら、その部分にクレンジングオイルなどのオイルを垂らして、シールを剥がしていきます。

長時間くっついていたシールはかなり剥がれにくいので、ドライヤーで温めて、オイルを含ませて剥がす作業を繰り返していきます。

このようにしてシールを剥がしていくと、ベタベタ感は簡単に取れます。

次にベタベタ感をキレイに落とします。

これは身近なもので落とすことができます。

一番便利でキレイに落とせるのが、ハンドクリームです。

指にハンドクリームをつけて、シールを剥がす部分にたっぷりと塗っていきます。

しばらくすると、ハンドクリームがシールになじんできて、ベタベタがきれいに取れます。

除光液やベンジンをシールを剥がす部分に塗って、しばらく放置しておき、ボロ布で拭き取る方法もあります。

ただし、この方法はベタベタをキレイに取ることができますが、プラスチックでは表面の塗装も落として、変質させてしまうことがあるので、プラスチックは使用しないで下さい。

みかんに含まれているリモネンは、界面活性剤を含むので、溶剤と同じ働きがあります。

みかんの皮や汁を絞って、ベタベタしている部分になじませてから、ティッシュなどで「拭き取ります。

溶剤と同じ働きがありますが、プラスチック製品に使っても変質させることはなく、食べ物ですので、安心して使うことができます。

スポンサーリンク



シールはがしで簡単にするには?

市販されているシール剥がし剤もありますが、どの家にもあるもので、簡単にシールをはがすことができます。

まずは、酢を使った方法です。

酢をしみこませたティッシュやボロ布などをシールの上にぴったりと貼ります。

数分おいて、シールの端からはがしていきます。

他にも台所用食器洗い洗剤を使った方法もあります。

台所洗剤をシールの上に塗って、その上からラップを貼りつけて、10分程度おいてからゆっくりとはがします。

この方法だとシールと一緒に接着面も自然にはがれるので、ベタベタ感は残りにくいです。

100均にもシール剥がし専用の溶剤も売っています。

台所洗剤と同じ方法で使います。

シールの剥がしで失敗したらどうしたらいい?

シールをはがそうとして、紙の部分が上側だけはがれて、白く残ってしまったことはありませんか?

気になるし、イライラするし・・で無理やりはがそうとしてしまいがちです。

残ってしまったシールも慌てずに、上記の方法を使うとキレイに取れます。

慌てずに、時間をかけてじっくりとシールと格闘してみて下さい。

まとめ

シールをはがすときは、熱で接着剤を柔らかくした後で洗剤やハンドクリームなどでふやかして、ゆっくりとはがすのが基本的な方法です。

ふやかすときに、「これくらいでいいんじゃない」と短時間ではがそうとしまいがちですが、ここでじっくりとふやかすのがコツです。

参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA