アイロンの当て布の代用になるものや専用カバーはどんなものがあるの?当て布がどうして必要なのかその理由は?

皆さんは、アイロンを使用するとき、あて布をしていますか?

あて布が必要なとき、あて布をしなくても良いときがありますが、ここでは、なぜあて布が必要なのか、その理由について簡単に説明します。

スポンサーリンク



アイロンの当て布の代用になるものは?

家でアイロンをかけるとき、専用のあて布があればよいですが、ない場合には薄い布で代用できます。

好ましいのは、綿100%素材で、白色の薄い生地のものです。

綿100%というのは、生地の素材によっては熱に弱く直接アイロンの熱が当たることで、焦げ付いたり、熱によって生地が溶けてしまう場合があるため、熱に強い素材を選ぶ必要があるからです。

そして、白色が好ましい理由は、色が濃いものですと、色移りする可能性があるため好ましくはありません。

また、厚手のタオルなどですと、アイロンのスチームが十分届かず、満足のいくアイロンがけが出来なくなってしまいます。

そのため、古くなったハンカチや手ぬぐいなどが、あて布の代用として適しています。

アイロンをするときにあて布として使う場合、小さいハンカチですと何度も動かす手間がかかりますので、出来れば大判のハンカチであればよいでしょう。

この点で、手ぬぐいであればある程度の大きさが確保されているので、使い勝手がよいものと言えそうです。

手ぬぐいはハンカチよりも薄い場合があり、ヨレなどを確認しながらアイロンをあてられることもメリットのひとつです。

スポンサーリンク



アイロンの当て布専用のカバーがあるの?

アイロンには、専用のカバーがあることをご存知でしょうか。

あて布をする場合、アイロンをあてたい生地の上にあて布をかけ、その上からアイロンをあてることになります。

あて布をかけるときには、ヨレがないことなどを十分確認して、注意しながら被せないと、余計なシワを作ってしまう可能性がありますが、アイロンのあて布に代わる専用のカバーであれば、あて布を被せることがないので、そのような心配はなくなります。

アイロンカバーという専用のカバーは、あて布の代わりになるもので、アイロンに直接カバーをかけることによって、アイロンの熱から生地を守り、また、糊の焦げ付きなどからアイロンを守ることができます。

あて布を使用する必要がないことから、シワを延ばしたり、折り目をつけたりといったときに、ヨレがないことや、折り目の様子を見ながらアイロンをあてることができる、というメリットがあります。

アイロンの形状によっては使えないものもありますので、もし購入する場合には、サイズなどの対応表をよく確認してから購入するようにしてください。

アイロンに当て布が必要な理由は?

アイロンにあて布が必要な理由はずばり、熱から衣類を守るためです。

衣類の洗濯表示には、アイロンマークの下に「~」という表示があるものがあります。

これは、アイロンをかける場合にはあて布をしてください、という意味ですが、基本的にデリケートな素材で、熱に弱いものにはこの表示があろうかと思います。

たとえば、ウールやシルク、カシミヤ、ポリエステル、ニットなどの素材の衣類です。

このようなデリケートな素材は、アイロンの適温というものがあるものの、アイロンの熱が直接あたると、生地が傷み、生地がつぶれたり、焦げ付いたり、溶けてしまうことがあります。

スーツですと、テカリの原因にもなりますので、せっかくの風合いが台無しになってしまいます。

このようなことを防止するためにあて布が必要なのです。

一方で、綿100%の素材であれば、熱に強いためにあて布は必要ありません。

ただし、プリント部分は熱に弱いので、部分的にあて布が必要になることがあります。

アイロンをするのであれば、ハンカチや手ぬぐいなどの薄い布でもよいですし、あて布を購入してもよいでしょう。

まとめ

アイロンのあて布が必要な理由について、参考になりましたでしょうか。

大切な衣類を熱から守るためにも、あて布を上手に使いましょう。

スポンサーリンク



コメントを残す




CAPTCHA